Great Little Engines

Last-modified: 2021-11-08 (月) 19:50:55

日本版タイトルGreat Little Engines
作者クリストファー・オードリー
挿絵クライヴ・スポング
発行1985年10月28日(英国)
登場キャラクターAゴードンスカーロイレニアスサー・ハンデルピーター・サムダンカンデューク
登場キャラクターBタリスリンラスティーアグネスルースルーシージェマイマビアトリス
登場キャラクターCガートルードorミリセント
登場キャラクターDヘンリー(言及のみ)、ジェームス(言及のみ)
登場人物Aほっそり重役ロジャー・サム
登場人物Bボーイスカウト
登場人物Cなし
登場人物D売店のおばさん(言及のみ)、ヒューさん(言及のみ)、ほっそり牧師(言及のみ)、太っちょ牧師(言及のみ)
収録話Patience is a Virtue
サー・ハンデルタリスリン鉄道に行くことになったが、デュークの修理が終わるまでタリスリン鉄道に行くことが出来なくなってしまう。そんな夏のある日…。
Peter Sam and the Prickly Problem
ようやくデュークの修理が終わり、サー・ハンデルは無事タリスリン鉄道に行くことが出来た。その頃、線路に枝が落ちているのを見たピーター・サムは「ジェームスの列車に遅れたくない」と焦りながら、その線路を無理に走ろうとして…。
Pop-Special
ダンカンスカーロイ鉄道にキャンプをしに来たボーイスカウトの少年たちに出会う。ソーダを切らした彼らのために、ダンカンはソーダを探しに行く。
Sir Handel Comes Home
タリスリン鉄道から帰ってきたサー・ハンデルは、タリスリン鉄道での出来事を仲間達に話す。
説明・第29巻目。クリストファー・オードリー初の高山鉄道の話。
・木との衝突事故の後、何故か片目の方に包帯を巻くサー・ハンデル
前巻James and the Diesel Engines
次巻More About Thomas the Tank Engine