アクション/【たちむかう】

Last-modified: 2021-01-26 (火) 00:18:03

KHII

ゼムナス(1戦目)戦で発動できるリアクションコマンド
無へのいざない」でソラのHPを自動減少させつつビルの上から見下ろしているゼムナスに対して、ビルの近くに行くと発動。
ただゼムナスがビルの上に行ったということが少しわかりにくいため、いきなりゼムナスがいなくなり、どうすればいいのかわからずしかも段々減っていくHPにあわてるプレーヤーもいただろう。
 
ビルを垂直に駆けのぼり、武器を構えて落下してくるゼムナスに対して、ソラもキーブレードを構えて相対する。
この後の演出中は新たなリアクションコマンドが表示されるが、時間経過と共にコマンドの表示が「しりぞける」→「うちやぶる」→「とどめ」に変化していく。
後の方のリアクションコマンドを実行するほど有利な展開になるが、時間切れまで何も入力しなかったら斬撃&蹴り、さらに追加攻撃で大ダメージを受けてしまう。
ボタン連打で十分なものが大半を占める中、入力タイミングが要求される数少ないリアクションコマンド。
最初の「しりぞける」しか見たことがない人も少なくないのではなかろうか。


「たちむかう」と「しりぞける」の一連の演出は、KHFMのシークレットムービー「deep dive」でのロクサスvsリクのシーンと酷似している。
ソラがロクサスに似ているのはともかく、なぜこの時のゼムナスはリクに似ているのか。

  • 多分この人この人つながりなのだろう。もしくは単なるオマージュ。

しりぞける

落下するゼムナスとすれ違う。
何も起こらず、ソラも落下するだけ。

うちやぶる

ゼムナスの攻撃を防ぎ、反撃してダメージを与える。

とどめ

ゼムナスをビルに叩きつけ、連続攻撃で追い討ちして大ダメージを与える。
更にゼムナスは無防備な状態で落ちてくるので追撃が可能。
ただし名前に反してトドメ属性は無く、他の攻撃を当てないと戦闘は終わらない。

  • 着地させた場合でも、ゼムナスは長時間胸を押さえ無防備になるのでそのまま追撃できる。
    ただし二戦目のゼムナスとは違い、ひるませると再び行動し始めるので注意。

KHIIFM

「とどめ」の表示時間が短くなった。(通常版0.5秒→FM版0.25秒)
また、何も押せなかった場合のゼムナスの攻撃の威力補正が大幅にアップしている。
斬撃&蹴りが×0.5が5回→×2.0が5回、最後の一撃が×1.0→×30.0という爆発的な強化を受けている。
この攻撃でソラにトドメを刺されることはないが、実質的にHPを1にする攻撃と考えて対応したい。
総じて、無印よりも純粋に難易度・リスクがアップしている。最低限しりぞけるを入力するようにしたい。

その代わり、「とどめ」の効果が本編では威力倍率×15.0再現データ戦ではゼムナスのHPを1にすると、リターンも破格の物になった。
本編では無へのいざないを戦闘開始時に必ず使ってくるため、これで一撃加えてから戦闘を始めれば圧倒的に楽に終わらせることができる。

  • 再現データ戦では残りのHPゲージが4つほどになると使用してくる。「とどめ」を確実に入力できるなら、HPをある程度削った時点で勝利確定である。

「うちやぶる」も倍率×5.0(再現データ戦では×4.5)と、オリジナル版の「とどめ」より高い。