アビリティ/【アタックアップ】

Last-modified: 2020-12-17 (木) 00:50:43

【関連項目】
アイテム/【パワーアップ】
アビリティ/【アタックブースト】


BbS

試作品626号とのディメンションリンク中にリンクが一段階強化されていると発動するD-LINK効果。
攻撃力が影響する全ての攻撃によるダメージが1.5倍に増加する。
スティッチは強化1段目からサンダーブリッツを使えるため、目に見えて恩恵を受けやすい。
高い補正を活かしたシュートロックも絶大な威力を生む。

Re:coded

オフェンスブレス」を装備することで発動する。
残りHPが25%以下の間、攻撃力が1.16倍になる。


他に攻撃力を上げるアビリティとしてクロックアビリティ「アタックブースト」が存在する。

3D

同名のアビリティが登場するが、攻撃力のステータスを直接上昇させるアビリティになっている。
アビリティ1つに付き上昇量は1で、同時装備数は3つなので3しか上がらないが、今作でもダメージ計算の基本は「攻撃力-防御力」なので3上がるだけでもダメージ増加への影響度はバカにならない。
ドロップボーナスの「アタックブースト」Lv3と合わされば合計で+9となり、多少レベルが低くても敵の防御力を大きく上回れるようになる。

χ

アタックカードに装備するスキルとして登場。カードの攻撃力を増加させる効果を持つ。
I~VIまであり、Iは5%、IIは15%、IIIは25%、IVは40%、Vは60%、VIは80%上昇する。どれも最大レベル20での発動確率は50%。
これがあって困る局面はまずない、実用性の高いスキル。スキル欄が空いているならとりあえず付けておいた方がいいだろう。

アタックアップEX

固定スキルの一つ。60%の確率で120%攻撃力を上昇させる。

  • 実装当初の発動確率は50%だったが修正された。100%発動のコンボプラスEXに比べたら焼け石に水な気もするが……。

メダルに装備するスキル。S・M・L・XL・XLII・XLIII・XLIV・XLV・XLVIの9種類があり、確率でそれぞれ発動時の攻撃力を1.2倍、1.4倍、1.6倍、1.8倍、2.0倍、2.2倍、2.4倍、2.6倍、2.8倍に上昇させる。MからXLVまでは、最大LVで100%発動の効果がついた「アタックアップ○100%」も存在する。
単体通常攻撃、全体通常攻撃、アビリティによる攻撃のどれでも発動するのでとても汎用性が高く、アタッカーにはまずこれを付けておきたい。
アビプラ&アタックアップM」や「LUX&アタックアップL」のような別のスキルとの複合型など、バリエーションも多い。

アタックアップホール

全体通常攻撃を使った時のみ発動して攻撃力を上げるスキル。S・Mの二種類。
単体通常攻撃とアビリティによる攻撃では発動しないが、その代わりか確率がアタックアップより高い。かなり影が薄い。
アタックアップ100%系統の登場により完全に死にスキルと化した。