キャラクター/【デイジーダック】

Last-modified: 2019-08-11 (日) 11:11:34

ドナルドのガールフレンドとして認知されているディズニーキャラ。ドナルドと同じく、キャラクター像はアヒルがモチーフとなっている。
原作においての初登場は「ドナルドのメキシカン・ドライブ」で、当時はドンナ・ダックという名前だった。現在の名前になったのは「ドナルドのダンス狂」から。
気が強く勝気な性格故にドナルドと衝突する事があり、過去の作品では絶交に至った事もある。が、何だかんだで彼との仲は良く、落ち込んだり不満を漏らすドナルドを励ましたりフォローするなど、非常に大切に想っている。
しっかり者なイメージがある一方で目立ちたがり屋でもあり、アニメ作品「ハウス・オブ・マウス」ではステージを乗っ取るという大胆な行動も見られた。
ミニーマウスとは印象が対照的になっており、商品ブランドなどでもミニーが子供らしい可愛い系なのに対し、デイジーは大人っぽいセクシー系のイメージとしてデザインされる事が多い。
 

CVは土井美加。


KHシリーズでは、ディズニーキャッスルの貴族という設定。ドナルドとは原作と同じく恋人同士。
ミニー王妃とは親しい。
シリーズにおける出番は他のキャラに比べて少なく、中には台詞が無い作品まである。

  • 中ではドナルドを尻にしいているような作品もあるが、本作シリーズでもそのような雰囲気が見て取れる。

 

KH Edit

中庭でグーフィーに話しかけていたドナルドが騒がしかったため、ミニー共々王様失踪の事実を知る。
外の世界へ旅だったドナルド達を見送り、帰りを待つことになる。

KHII Edit

ディズニーキャッスルの問題解決後、デートの約束がなくなってしまったことからドナルドを追い回す。

  • Iでデートの約束をしたシーンはないが、世界の危機で旅に出るのだからそれなりの時間がかかるだろうとは双方とも思わなかったんだろうか。(もしかしたらデイジーに押されてドナルドが適当に約束したのかもしれないが)
  • だが実際はドナルド達を心配しているらしい。

漫画版のエンディングでは念願のデートをしているシーンがある。…のだが、「冒険の話がしたい」と言ったドナルドに「そんなにソラが忘れられないの!?」と詰め寄っていた。

  • そのあまりの剣幕に、目撃したチップとデールには「ソラにSPを付けた方がいいんじゃないか」などと言われていたりする。

BbS Edit

ディズニータウンにおける軽い隠しムービーでようやく登場。
ミニーの隣でピートや主人公を上目づかいで見ているのみで台詞は全くない。

  • ただエンディング前にアクアがこれまでの人物を振り返る際に、その記憶の中に彼女の姿があったことから、記憶には残されている模様。

χ Edit

アシストカードとして登場。

Edit

メダルとして登場。

KHIII Edit

エンディングに登場。
城に帰還したドナルドに多少の憤りを見せながらも暖かく出迎えた。