Top > 9.7%


9.7%

Last-modified: 2019-10-29 (火) 13:47:22

群馬県におけるオリックス・バファローズの支持率。


解説 Edit

広島県のRCCテレビで「広島東洋カープがいかに地元で愛されているか」を特集・放送した際に提示された「アットホームボックス調べ・プロ野球チームの都道府県別支持率」のデータが元ネタ。
このデータでは、都道府県ごとに各チームの支持率を調査し、チームごとに上位3都道府県が紹介された。広島東洋カープが広島県で96.8%の支持率を記録し、その他の球団も全て地元で16%を超えている中で、なぜかオリックスの支持率トップは群馬県の9.7%になってしまう。地元の大阪や兵庫は低すぎて上位3位に入らなかったために発表されず、6.5%未満であることしか分からないという悲惨な結果であった*1

ちなみに、群馬県では特別高い支持を集めているのかというと、そうでもない。もし12球団が均等に支持されているとしても100÷12≒8.3なので、8.3%の支持率だったはずであり、9.7%は特別ファンが多いということもないということになる。実際に埼玉西武ライオンズの2位が群馬県の9.7%とオリックスと同じ支持率であり、さらには西武以外の在京球団をはじめとする他球団の支持率が3位以内に入らなかったことから表示されていないがこれよりも高いと思われる。

 

なお、群馬県に他の都道府県と比べてオリックスファンが多い理由としては、安達了一後藤駿太といった群馬出身の選手が多いことが考えられる。


画像 Edit

630×472
693×614


関連項目 Edit



Tag: オリックス






*1 なお、この調査結果の数値がすべて現れる最小のサンプルサイズは31であるため、「各都道府県ごとに31人の回答を集める」という方式での調査だった可能性がある。この場合、オリックスの支持回答者は群馬県で3人、東京都・奈良県・高知県・佐賀県で2人となり、複数の支持者を得られたのは以上の5都県のみである。