ドヤ顔で告げろ 代打小島

Last-modified: 2022-04-22 (金) 17:58:20

福良淳一(現オリックス・バファローズGM)の現役時代の応援歌の替え歌。
オリックス一軍監督時代、代打に貧打の小島脩平(現オリックス内野守備・走塁コーチ)を送って凡退するシーンが多かったことから、なんJ民が替え歌を作ったところ語感が良すぎて一気に広まったと思われる*1


比較

【元歌詞】
鮮やかに放て 勝利の一打 飛ばせここで決めてやれ 行くぞ福良

【替え歌】
ドヤ顔で告げろ 代打小島 酷使贔屓左右病*2 辞めろ福良

ちなみにこの応援歌はオリックスブルーウェーブ時代の1991年から1997年まで使われていた2代目。


実際の代打成績

年度打席安打HR打点三振四死打率得点圏
20162030240.150.250
20171410030.071.000
20181000011.000.000

小島は現役時代、俊足と内外野の全ポジションを守れるユーティリティー性が武器としていたものの、貧打な上にチョンボ癖があり試合を左右するミスをしばしばやらかしていた。
このためスタメンや代打での起用時にチームが敗戦する度に「小島が出ると負ける」との不満がオリファン内で高くヘイトを集めていた。代打での安打が0となった2018年をもって福良は退任*3。翌2019年からは西村徳文が監督に就任し、代打打率は.333と成績を残しスタメンで起用されることも多々ある*4ほど前半は絶好調だった*5。しかし、2020年は全く振るわず7月に二軍落ち。8月に西村更迭された後、後任の中嶋聡が一軍監督になってからは一軍昇格すらできずに、同オフGMの福良から戦力外を告げられた。

このネタはいろいろ応用されており、小島関連では

  • 戦力外時:ドヤ顔で告げろ クビだ小島
  • コーチ就任時ドヤ顔で告げろ コーチだ小島

などと言われた。

オリックス以外では、中日の「代打三ツ間」事件の時に「ドヤ顔で告げろ 代打三ツ間」などと言われている。


バリエーション

これ以外にも、小島の代打に関する替え歌が多数製作された。


福良の阪急時代の応援歌

阪急ブレーブス~オリックスブレーブス時代に使われていた福良の初代応援歌*6*7

【元歌詞】
スタンドへ放り込め それ打て福良

【替え歌】
スタンドへ謝罪しろ はよこい福良


近鉄代打テーマ

近鉄時代から現在まで使用している代打専用の応援歌「働く牛」*8

【元歌詞】
(1)ウグイスコールに颯爽と 素振り二回足固め ここが腕の見せ所 輝く時が来た
(2)鏡の前で汗をかき 与えられたこの打席 女房子供食わすため 必ず仕事する

【替え歌】
(1)ウグイスコールに告げられた 愛人贔屓小島様 福良が代打と告げたなら 必ず小島来る
(2)意味も分からず告げられた 結果出さずにこの打席 福良シドニー食わすため 必ず仕事する


余談

2020年4月より放送されたアニメ『球詠』第1話に登場した福井航空高校*9のメンバーの元ネタがオリックス*10であり、しかも「小島」が3番を担っていたため「福良が監督をしているのでは」とネタにされた。


関連項目



Tag: オリックス 応援歌


*1 オリックス応援団は監督が球団OBの場合、試合前及び2次会でのスターティングラインナップ応援歌演奏の最後に監督の現役時代の応援歌を演奏している。
*2 「愛人贔屓左右病」という歌詞もある。
*3 退任後、育成統括GMを経て翌年途中からGMに就任した。
*4 時には5番を担っていた時期もあるほどだった。
*5 しかし最終的な打率は.220(246-54)と例年通りの成績に落ち着いた。
*6 1987年7月から1990年まで使用。原曲は、アニメ『花の子ルンルン』の主題歌である。
*7 福良の監督就任当初はこちらの応援歌もスターティングラインナップ応援歌演奏のアウトロとして使用されていた。
*8 個人応援歌の与えられていない選手が代打に送られた際に演奏されることが多く、2017年途中より小島に専用応援歌が与えられて以降は使用頻度が減っている。
*9 元ネタは甲子園出場経験もある石川県の「日本航空高校石川」と思われる。
*10 元になったと思われるのは1番から白崎浩之、鈴木昂平、小島、吉田正尚福田周平、西浦颯大、宗佑磨、若月健矢山本由伸