精算について

Last-modified: 2020-08-23 (日) 04:42:06

ここでは、雀魂の段位戦における精算について実証をまじえて説明するにゃ
一連の処理は機械的に行われるのでプレイヤーが気にする必要はほとんどないので、ごま塩程度に覚えておいてくれにゃ

麻雀における精算の基礎知識

ここでは、一般的に麻雀の場で行われている精算について説明してるにゃ
なので分かる人は飛ばして大丈夫にゃ

麻雀基礎知識:点棒と点数

卓開始時に配られる25000だか35000だかといった値は『点棒』の値にゃ
点々が打たれた細長い棒を手元に持って、各々の『持ち点』を表すのにゃ
雀魂はネット麻雀なので棒は用いず数値だけで表し、本来は千点棒を場に出して行うリーチは雀魂においてはアイスだの煮干しだのネギだのに置き換わってることすらあるにゃ…無法地帯にゃ…

対して、1ゲーム終了時に表示される1~2桁の値が『点数』にゃ
大会戦みたいに複数回のゲームを重ねて優劣を競う場合、点棒の値だけを足していったのでは膨大な値になってしまうにゃ
そこで各自の『点数』は、以下の計算式にそって『点棒』の最終的な値から算出するのにゃ

[点数] = ([ゲーム終了時の点棒] - [ゲーム開始時の点棒]) ÷ 1000 + [順位に応じたウマ]

ウマについては後述するにゃ
仮にウマが一切なかったとして、4人麻雀(開始時の点棒25000点)でいくつか例をあげると

  • 32700点で終了したプレイヤーの点数は +7.7
  • 25000点で終了したプレイヤーの点数は +0.0
  • 0点で終了したプレイヤーの点数は -25.0

みたいになるにゃ
手書きだと -(マイナス)が見づらいとかでよく ▲25.0 と書くこともあるけど、ここではマイナスに統一するにゃ

4人麻雀の場合は1卓で合計100000の点棒をやり取りすることになるので、全プレイヤーの点数を合わせると 0 になるのがミソにゃ
これを ゼロサムゲーム というにゃ 中身超キメェ!じゃないにゃ

麻雀基礎知識:ウマ

ウマというのは、端的にいえば
『上位の人がより大きく得し、下位の人はより大きく損する』
ゲームにするための要素にゃ そのほうがギャンブルとして楽しいからにゃ!

まず先にウマの値を言ってしまうと、雀魂においては難易度・東風半荘によらず以下の値に統一されてるにゃ

1位2位3位4位
4人麻雀+15+5-5-15
3人麻雀+15+0-15

さて、4人麻雀で最終的に以下の配点になったと仮定するにゃ

1位2位3位4位
点棒4100039000132006800

ウマ抜きの点数を算出するとこうなるにゃ

1位2位3位4位
点棒4100039000132006800
ウマ抜き点数+16.0+14.0-11.8-18.2

ここに上述のウマを順位に応じて加えると、以下のようになるにゃ

1位2位3位4位
点棒4100039000132006800
ウマ抜き点数+16.0+14.0-11.8-18.2
ウマ+15+5-5-15
最終的な点数+31.0+19.0-16.8-33.2

見てにゃ! ウマなしだと2点差しかなかった1位2位が、ウマを加えたことで12点に開いたにゃ!
これならみんな3位より2位、2位より1位を目指したくなるというものにゃ!

ウマが足された後も全員の点数の合計は 0 になるのがミソにゃ

雀魂における精算のあれこれ

ここから先は雀魂独自の精算の話になるにゃ

コインの精算について

リアルの麻雀においては点数に応じて現k……チップとかこんぺいとうとか血とかをやりとりすることが多いにゃ
雀魂においては、雀魂世界の基本通貨『コイン』をかわりにやりとりすることになるにゃ

場代とレート

銀の間のページに書かれてる「コイン授受関係」について記した表を引用してみるにゃ

東風半荘
入場料25003500
場代500700
交換レート
(1000点毎)
5070

これの読み方について説明するにゃ

  • 入場料: 後述するにゃ
  • 場代: 各プレイヤーがゲーム参加のために必ず支払うコインの額にゃ
  • 交換レート: 点棒1000点毎(=点数1点毎)にいくらのコインを得たり失ったりするかの係数にゃ

つまり、銀の間東風戦の場合

  • 全プレイヤーは最初に500コインずつ失う
  • +31.0で勝った人は1550枚のコインを得る(計1050の収入)
  • -16.8で負けた人は840枚のコインを失う(計1340の損失)

みたいになる…ハズなのにゃ でも実際はそうなるとは限らないのにゃ

入場料

「」いわく、これは入場料というより 見せ金 と呼んだほうが適切らしいにゃ
この数値は『あなたが負けたときに減額されるコインの最大値』を表してるにゃ
各ゲーム開始時にこの額が持ち金から引かれるわけじゃないけど、この額が持ち金にないとゲームに参加できないということにゃ
でないと大負けしたときに所持金がマイナスになって、借金するハメになるからにゃ…

例えば、東風戦で誰かがダブル役満をロンして以下の配点でゲーム終了したとするにゃ

1位2位3位4位
点棒896002900026800-45400

点数計算をして、コイン授受の額を レートどおりに 算出するとこうなるにゃ

1位2位3位4位
点棒896002900026800-45400
点数+79.6+9-3.2-85.4
コイン(計算)+3980+450-160-4270

ところがにゃ!
実際にゲーム中で授受されるコインはこうなったのにゃ

1位2位3位4位
点棒896002900026800-45400
点数+79.6+9-3.2-85.4
コイン(実際)+1941+219-160-2000

おわかりいただけただろうか?
大負けしたひとの減額が -2000 で頭打ちされているのにゃ
銀の間東風戦の入場料は 2500、場代が 500 なので、差し引き 2000 が1ゲームで場代以外で失う最大の負けとなるのにゃ

そして当然、負けが軽減された分だけ、勝った人の収入も目減りしてしまうにゃ
手で計算してみたところ、プラスの人の獲得額は以下の計算式になるみたいにゃ(小数点は四捨五入?)

-1 × [マイナス額の合計] × [自分の点数] ÷ [プラス点数の合計]

納得いかない?
まぁ……そういうものだと覚えて溜飲を下げるほかないにゃね

段位点数の増減について

段位戦ではコインのほかに段位の点数も増減するにゃ
正式名称が不明だからここでは「段位点数」って呼ぶにゃ

銀の間のページから4人麻雀のときの段位点数に関する表を持ってきてみるにゃ

順位ウマ順位ごとの段位点数増減宝箱ポイント
東風戦半荘戦東風戦半荘戦
1位+15+20+40+260+360
2位+5+10+20+130+180
3位-5+0+0+95+130
4位-15雀士1: -10
雀士2: -20
雀士3: -30
雀傑1: -40
雀傑2: -50
雀傑3: -60
雀士1: -20
雀士2: -40
雀士3: -60
雀傑1: -80
雀傑2: -100
雀傑3: -120
+60+80

実際は 点数 にこの表の値を足して、小数点以下を切り上げた値が最終的な増減値になるにゃ

たとえば先のダブル役満の例で、4位の人が雀士3だと仮定すると、段位点数は以下のように変化するにゃ

1位2位3位4位(雀士3)
点棒896002900026800-45400
点数+79.6+9-3.2-85.4
段位点数補正+20+10+0-30
段位点数増減+100+19-3-115

さて、段位点数表を見てもらえば分かるとおもうけどにゃ
段位点数の増減補正は、1~3位までは 卓の難易度 で決まり、4位は その人の段位 で決まるのにゃ
つまり、雀傑が銀の間、雀豪が金の間みたいな下位の卓で打った場合、1~3位のときの加算が伸び悩む割に4位のときの損失は据え置き、ということになるのにゃ
総合的には損ということになるにゃが、下位卓でカモを見つけつつ絶対に4位にならない自信がある人は下位卓で打つのも選択肢だとは思うにゃ 個人の自由にゃ