Top > 飛龍
HTML convert time to 0.028 sec.


飛龍

Last-modified: 2018-04-23 (月) 15:49:56

1939年 大日本帝国 空母 飛龍 Edit

IMG_2367.PNG
日本ツリーの高ランク中型空母。
実装された中では初のシルバー購入可能な空母である。
ミッドウェー海戦では第一航空艦隊が壊滅した後も単艦で奮闘し、最終的には撃沈されたものの空母ヨークタウン(初代)を撃破して一矢報いた活躍で有名。


他画像

基本性能 Edit

※数値は全て初期値

年代1939国家大日本帝国
艦種空母対潜×
耐久値21050排水量(t)20312
可視距離(km)12.5最大速力(kt/h)35.0
アンロック費1720000S購入費用150000S
3000G
主砲名称火力射程
距離
(km)
装填
速度(s)
重量(t)貫通力
40口径 八九式 一二糎七 連装高角砲50014.84.36010
航空名称攻撃力/防御力装備火力航続
時間
(sec)
巡航
速度(km/h)
重量(kg)
零式
艦上戦闘機 二一型
310/21030kg 爆弾9001062533.430
九九式
艦上爆撃機
90/305250kg 爆弾3200710455250
250kg 陸用(HE)爆弾3200250
九七式
艦上攻撃機
90/135800kg 九一式改 魚雷1568960428784
800kg 爆弾5000800
__________

部品改修 Edit

改修段階火力索敵速度装甲
副砲射撃管制装置電波探信儀方向舵消火器
新式榴弾精密探信儀副舵輪排水ポンプ
×特殊塗装変速機側面装甲帯
××舵輪船体強化
××ボイラーダメージコントロールシステム

スキルは『ダメージコントロールシステム』。開発でアンロックされる。

立ち回り方 Edit

他の空母同様、戦線後方から敵艦隊を攻撃しよう。
本艦は攻防速と適度にバランスの取れた性能を誇っているが、空母としては特に機動力に優れるため、一定箇所に留まらずに動き回っていた方が敵の攻撃から逃れやすい場合もある。
その際、急降下爆撃機の標的になりやすい直線航行は極力しないように心がけよう。

航空兵装 Edit

最大72機の航空機を搭載可能。
瑞鶴同様に一度に3部隊の発艦準備が可能だが、機数は前部9機、中部9機、後部6機とやや少なくなっている。

主砲 Edit

おなじみ八九式連装高角砲である。貫通力・威力が共に最低レベルであり、放火用程度にしか役に立たない。
御守り以上の期待は持たないようにしよう。

対空 Edit

装甲 Edit

機動性 Edit

総評 Edit



歴史背景 Edit

蒼龍型の二番艦として計画されたが、起工前に日本が軍縮条約を破棄したことに伴い、飛行甲板の幅を1m広げるなど大幅に設計を変更。排水量も大きく増え準同型艦となった。赤城とともに、艦橋が左舷中央部にある世界的にも珍しい配置を採っている。昭和16(1941)年には南部仏印進駐の支援や真珠湾攻撃で活躍。翌年のミッドウェー海戦では主要空母4隻のうちで最後まで善戦したが、沈没した。


コメント Edit

コメントはありません。 コメント/飛龍?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White