Top > 【空の神ホアカリ】


【空の神ホアカリ】

Last-modified: 2019-09-04 (水) 12:51:17

概要 Edit

DQMJ3にて初登場したモンスター。
産星神と呼ばれる三体の魔物のうちの一体で、天空を司る。
赤い装飾をつけた光り輝くスライムの姿をしており、簡単に言うと【メタルゴッデス】の色違いである。
 
他の産星神と同様、元ネタは日本神話の神。
天火明命(あめのほあかりのみこと)と書く。元ネタではどちらかと言うと火属性っぽい。
ホアカリ達の力を得た【ダグジャガルマ】のセリフ、

地を裂き! 海を割り!空をも焼きつくす!

の部分にその名残が感じられないではないがこの方に限らずほかの産星神は元ネタであろう神に沿った設定がほぼ無い。

DQMJ3 Edit

【ポイントゼロ】の奥にある時空の裂け目に住んでいる。
アロマの依頼でスターシードを作るため、スターピースを持つ彼ら産星神と戦うことになる。
一人称が「わらわ」で、色違いがメタルゴッデスであることもあり、恐らく産星神の紅一点。
一度スターピースを奪われているが、ワダツミほど根に持ってはいないように見える。
自分達は何度殺されようが蘇る存在なので、別に大きな問題はないのだとか。
しかし「タダでやるほど安くはない」と言って、結局戦うことになる。
 
ボスとしては風の神らしく主にトルネードやバギマータを軸として攻めてくる。
また、【いてつくはもん】【攻滅の刻】【光の旋風】等小技も多く備える。
3~4回行動で、通常攻撃に休みの追加効果がある他、残りHPが少なくなると【せいぞんほんのう】で素早さが上がる。
しかし、これは自らの死を重くはみない彼女のセリフとかみ合っていないのでは……?
倒すと空のスターピースをくれる。
???系のSSランク。見た目は完全にスライム系のそれだが、まあ神様と言う事で。
【メタルゴッデス】【堕天使エルギオス】の特殊配合によって生まれる。
女神と堕天使と言う相反した属性の組み合わせとは、また物凄い事をするものである。
また、ライブラリを確認すると上述した彼女の独特な死生観について言及されている。
本編同様【超ギガボディ】
 
固定特性は空の神らしく【風ブレイク】
他は【風系のコツ】【暴走列車】【自動HP回復】【AI3~4回行動】
プラス値は+25以上で【まれにバーハ】・+50以上で【まれにまもりの霧】・超生配合で【自動MP回復】が解禁される。
 
能力は守備が1200と若干高めでHP・MPもそれなりと言ったところ。
固定特性を活かした風属性アタッカーが適任…と言いたいところだが…
 
困った事に能力と特性がやけに噛み合っていない。
風ブレイク+コツがあるのだが攻撃も賢さも中途半端で単純なアタッカーにするには不安がある。
そして素早さも800と半端にもかかわらず暴走列車持ち。【星降りのサンバ】を使うにはこちらも不安。
「防御系の能力を持ち」「攻撃系の特性が取り外し不可で」「元々足りない素早さを上げる」と言う絶妙なまでの噛み合わなさである。
防御系の能力を持つとは言ってもみがわりに適した耐性の高い魔物達を配合素材として要求する癖に呪文耐性は高くない。
 
そもそも対戦するなら【超生配合】での特性つけかえが前提となる今作でおかしな特性を持っていたところでなんだという話だが、
つけかえを行ったとしても守備力が1200、それ以外の能力は700程度という半端な能力値では似合う特性を探すのに苦労する。
単純に固定特性を活かすなら能力依存ではないトルネードに頼らざるを得ないのは如何ともしがたい。
風のブレスもゆうきの旋風があるのだが、あいにく補助としての面が強い技なので威力は非常に低くブレイクの意味はほとんどない。
又は焼け石に水だが攻撃か賢さをフォローできる【風の達人】【風の探求者】を付けてしまおう。
何かの劣化になるのを承知で守備力を高め【アイアンゲイザー】に走るのも手か。
 
【真・災厄の王】との配合で【魔勇者アンルシア】が生まれる。
 
固有スキルは【超ギガパワー】

DQMJ3P Edit

出番、スキル、特性などは変わらず。
合体特技は空の神らしく【神の裁き】、合体特性は【ブレイクキラー】

関連項目 Edit

【陸の神ヤチホコ】
【海の神ワダツミ】