地名・地形/【ウルペスの街】

Last-modified: 2016-10-23 (日) 17:23:22

光の4戦士

商業都市。インチキ占い師がボロ儲けしていたり、住人の価値観が「財力=階級」のかなり不健全な街。
現実の商業都市とは思えない程。
ミニゲームは上手くやれば大儲けだが。
また町の近くの空にはが浮いており、かつてそこに辿り着くためにを建てていたらしいが、
今は住民が金儲けに腐心しているため放置されている。
 
広場に騙されてすってんてんになったユニータがいる。
それを見たプレイヤーの胸には様々なものが去来するだろう。


商業都市のため武器防具アイテムアクセサリと4人の商人でまとめている。
ストーリーで10000ギル必要になるのだが、上記のミニゲーム(武器屋の商人の所)で稼いだりする以外に
イベントでアクセサリ屋の新作アクセを売ってきたり、
防具屋でボムのかけらを一つ2500ギルで買ってくれたりする。


音楽を含め、町の雰囲気が非常にいい。


国王の代わりに4商人が力を持っている。
町の感じからしてロクでもない人物を想像しがちだが、
店のカウンターを貸してくれたりアクセサリをくれたり魔物退治で2500Gくれたりと気前の良い人ばかり。


秘密の技術武器・防具を鍛えられる店がある。
まあ元が良くなければいけないし、1・2度では大した強さにならないので終盤向きかも。


買い物をするには、正直不便な作りをしている。

  • もとは信仰の町ウルペスだったのでしょうがない。

最初の時点だと夜しか魔法を買えない。ファイガの購入をお忘れなく。


もともとは信仰の町だったが、悪魔ベルゼブブが病をバラ撒き高値で薬を売りつけたため、
金を稼ぐことを第一とする商売の街へ変貌した。


町の紋章は狐で、7つの町は7つの大罪に対応している事を考えると強欲の町だろうか。
ベルゼブブは暴食に対応する悪魔だったりするが。