Dolphinのインストールと初期設定

Last-modified: 2019-04-14 (日) 18:55:27

目次

設定準拠バージョン:Dolphin 5.0

 
 

インストール Edit

ダウンロードしてきた『dolphin-x64-5.0.exe』を開き、インストーラの指示に従って進めましょう。

途中のこの画面ですが、2つともDolphinの動作に必須なのでどちらもチェックを外してはいけません。

Dolphin_Runtimes_50.png

 

 

起動とゲームリストの作成 Edit

インストールが終わったら、さっそく Dolphin を起動してみましょう。

初回のみ以下の画面が現れます。内容をよく読んで協力するかを決めてください。

Dolphin_Analytics_50.png

 

これがDolphinのメイン画面です。まずはリッピングしたゲームをゲームリストへ登録しましょう。

Dolphin_Main_50.png

 

指示に従って文字列をダブルクリックし、リッピングしたISOファイルがあるフォルダを指定してください。

Dolphin_Directory_50.png

 

ISOの情報が読み取られ、タイトル一覧が表示されました。
(Wiiタイトルのバナーが表示されていませんが、正常な状態です。一度プレイしてセーブすれば表示されるようになります)
Dolphin_List_50.png

 

このままプレイしたいタイトルをダブルクリックすればゲームが起動しますが、その前に最低限の初期設定を行いましょう。

 

 

初期設定 Edit

まず、上部にある『設定』ボタンをクリックします。

Dolphin_OpenConfig_50.png

 
 

設定画面が開いたら、『Wii』タブをクリックし、赤枠で囲まれた部分の設定を変更してください。
(デフォルトでは海外版のWii本体をエミュレートする設定になっており、日本のゲームの起動に失敗する原因になっているため)

Dolphin_FirstSettings_50.png

 

■PAL60(EuRGB60)モードを使用
  L チェックを外す。

■システムの言語
  L 『日本語』に設定。

 
 

 

これで最低限の設定は終了です。他の設定についてはWiki左メニューの各ページで説明しています。

他にも分からないことやトラブルがあればよくある質問を参照してください。

 

ここで終わっても構いませんが、ダウンロードのページでも述べたように、新機能や動作の改善を得たいのなら開発版の導入が必要になります。

次のページでは安定版と開発版は何が違うのかについて解説します。

 
 

安定版と開発版の違いについて