コントローラ設定

Last-modified: 2018-03-10 (土) 18:53:39


設定準拠バージョン:Dolphin 5.0




解説

ゲームキューブ/Wiiのコントローラに関する設定がまとまっている。

 
 

ゲームキューブ デバイス設定

ポート 1~4

ここでGCコントローラポートに接続するデバイスを選択する。

設定項目説明
なし何の接続も行わない。
WiiタイトルにはGCコントローラの接続を優先して認識するものがある。 (007など)
そういったタイトルでWiiコントローラを使いたい場合『なし』を選択する必要がある。
標準コントローラGC標準コントローラのエミュレートを行う。右の設定ボタンから入力の割り当て画面に移動する
SPEED FORCEゲームキューブ用のステアリングコントローラ『SPEED FORCE』のエミュレートを行う。
マットコントローラゲームキューブ用のマットコントローラのエミュレートを行う。
主な対応タイトルは Dance Dance Revolution シリーズで、Wiiタイトルでも使えるようだ。
タルコンガタル型コントローラ、タルコンガのエミュレートを行う。
GBAゲームボーイアドバンスの接続をエミュレートする。詳細はTips:GBAを接続するを参照。
キーボードキーボードコントローラのエミュレートを行う。
Triforce基板Triforceタイトル用のコントロール配置にする設定。
ゲームによってボタンの機能が変わってくるのでフォーラムをしっかり確認しよう。

GCコントローラ接続タップ

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U専用の周辺機器であるゲームキューブコントローラ接続タップをDolphinで使用可能にする設定。

GCコントローラをUSB接続できる純正機器であるため、その互換性は抜群だが、利用には別途ドライバが必要。詳細はTips:純正GCタップの接続を参照。

直接接続

GCタップの使用に必須の設定。

有効にするとタップに接続したコントローラの入力が直接Dolphinで受け取られるようになる。

振動

接続したコントローラを振動させるかどうかの設定。

 
 

デバイス設定

Wiiリモコン 1~4

ここでWiiリモコンをどのように接続するかを選択する。

入力デバイス

設定項目説明
WiiリモコンをエミュレートDolphin側でWiiリモコン+拡張コントローラのエミュレートを行う
右の設定ボタンから入力の割り当て画面に移動する。
実機Wiiリモコンを接続実機のWiiリモコンを使いたい場合に選択。詳細はTips:実機のWiiリモコンを接続する を参照。
Bluetooth接続できるPC環境が必要
Hybrid WiimoteWiiリモコンは実機のものを使用するが、拡張コントローラだけエミュレートしたいという場合に選択

一般

全てWiiリモコン向けの設定。

センサーバーの位置

センサーバーの位置を指定する設定。

感度

Wiiリモコンのポインタ感度を設定する設定。

基本的にデフォルトで問題ないが、極端にポインタが震えるようなら下げよう

リモコンスピーカー音量

Wiiリモコンのスピーカーの音量を設定する項目。

Wiiリモコンの振動を有効化

文字通りの設定。お好みで。

Wiiリモコンのスピーカーを有効化

文字通りの設定。4.0までは実機リモコン使用時のみ機能する設定だった。

5.0ではリモコンをエミュレートする場合でもリモコンからの音声が(他のゲーム音に混じってだが)流れるようになり、この設定が意味を持つようになっている。

ただしDolphinはまだ上手くリモコンからの音声をエミュレートできず、LLE使用で少しはマシになるもののノイズ混じりの音しか流れない場合が多い。

普段は無効にしておき、リモコンからの音声を使うタイトルを遊ぶときのみ有効にすると良いだろう。







◆このページについての質問・指摘・検証 etc...