公式のゲームキューブコントローラ接続タップをDolphinで使う

Last-modified: 2020-12-24 (木) 21:13:38

解説準拠バージョン:Dolphin 5.0

概要

スマッシュブラザーズ Wii U および Nintendo Switch 専用として発売されたゲームキューブコントローラ接続タップ

接続方式がUSBだったため、PC上でも使えないかとハック界は賑わい、Dolphinも対応の流れとなった。

公式の変換アダプタかつ、Dolphinではローレベルでの実装となっているため、ほぼ入力遅延がなく、実機相当の操作感が得られることがなによりのメリットである。

しかし、残念ながら現状ではデメリットも多く、これさえ使っておけば他の変換アダプタは要らないと言いきれるほど完璧なわけでもない。

詳しくは下記メリットとデメリット参照。

メリットとデメリット

・メリット

  • 動作の安定性が高く、入力遅延もほぼ存在しないため、実機と比較しても遜色ない操作性でプレイ可能
  • キャリブレーションやボタンの割り当て設定が不要
  • ホットプラグ対応(ゲームプレイ中に自由にコントローラの抜き差しが可能)

・デメリット

  • 現時点では、ボタンのカスタマイズ(割り当て)設定は行えない。ホットキーとして動作させることもできない
  • ドライバ側の設定も何一つ用意されていないので、他の変換アダプタには存在する、振動の強さの調整などもできない
  • vJoyなどの仮想ゲームパッドソフトや、他のゲームキューブコントローラ変換アダプタとバッティングする可能性がある
  • Dolphin以外のPCゲームやエミュレータでコントローラとして使うことができない
  • 全てのGC用コントローラが使えるわけではない(下記参照)
  • USBポートが2つ必要(ウェーブバードを使用しない場合は黒い方1つだけでも動作する?要検証)
  • ニュートラルポジションの初期化機能(X+Y+START 長押し)は動作しない

仕様

対応コントローラ

Dolphin側で対応を表明しているコントローラはこちらの3種類のみである。

任天堂純正 ゲームキューブコントローラ(DOL-003)

任天堂純正 ウェーブバードコントローラ(DOL-004/005)

タルコンガ

 

タルコンガ以外の特殊コントローラやGBA、HORIなどサードパーティ製コントローラの動作は未確認。
というか、取扱説明書にも動作不可と載っているので動作しないと考えたほうがよいだろう。

準備(GNU/Linux)

特にドライバは不要です。
udevルールを追加してアクセス許可を設定してください。

echo 'SUBSYSTEM=="usb", ENV{DEVTYPE}=="usb_device", ATTRS{idVendor}=="057e", ATTRS{idProduct}=="0337", MODE="0666"' | sudo tee /etc/udev/rules.d/51-gcadapter.rules > /dev/null

あとはタップを接続すれば完了

準備(Windows)

  1. タップをPCに接続する
  2. Zadig をダウンロード
  3. 起動後、[Option]-[List All Devices] にチェック
  4. リストに WUP-028 が出現するので選択、[Driver]と[USB ID]が以下の画像通りになっているか確認して、 Replace Driver をクリック
  5. ドライバの警告が出ることがあるが、「はい」を選択
  6. 正しくインストールされればこの画面が出て完了

トラブル

Q. タップを接続しても、Zadigのリストに WUP-028 が出ない

A. 正しく認識されていないので、以下の手順を一つづつ確認していくとよい。

  1. ログイン中のユーザー名が半角英数字のみで構成されているか確認
    ひらがな・カタカナ・漢字・全角英数字・記号がユーザー名に含まれているとバグが発生する模様
  2. Zadigを管理者権限で起動してみる
  3. 一旦タップを抜き、別のUSBポートに接続
  4. デバイスマネージャーの [ユニバーサル シリアル バス コントローラー] 以下に WUP-028 があれば削除してタップを再接続
     

Q. Zadigでのドライバインストールに失敗する

A. インストーラが暴走しているので止めてやりなおす。具体的には

  1. タスクマネージャに『installer_x86.exe』『installer_x64.exe』があれば終了させる
  2. C:\Users\<ユーザー名>\usb_driver フォルダを削除、その後Zadigを再起動してドライバを再インストール

Dolphin上での使用方法

  1. Dolphinを起動
  2. コントローラ設定を開き、デバイス設定で『Wii U GCコントローラ接続タップ』を選択。
  3. 右の設定を開いて『タップが接続されています』表示になっていれば完了。振動やタルコンガ設定もここで。

    なお、タップにコントローラが接続されていないポートはDolphin側の設定が優先されるため、キーボードや他のUSBゲームコントローラと併用してプレイすることも可能

    5.0以前のバージョンでの設定方法

    5.0以前のバージョンでの設定方法
    1.Dolphinを起動
    2.コントローラ設定を開く
    3.GCコントローラ接続タップ欄が『タップが接続されています』表示になっているのを確認し、『直接接続』にチェック
    4.使うコントローラ分だけ、ポート欄を『標準コントローラ』または『タルコンガ』に設定

トラブル

Q. Zadigでは正しく認識されたのに、Dolphin上では未接続と表示される

A. USBポートに相性があるらしいので、ポートを変更してみる。(黒い方だけで良い)
また、Dolphinが複数起動していないか確認する。(先に起動した方でのみ認識される)

 

Q. 振動機能が効かない

A. 他のコントローラの振動設定が残っているとそちらが優先されてしまう模様。
接続に使用しているポートの割り当て設定を確認、振動欄で中クリックし設定を消去すれば動作する。

 
 
 

・参考資料
How to use the Official GameCube Controller Adapter for Wii U in Dolphin
https://wiki.dolphin-emu.org/index.php?title=How_to_use_the_Official_GameCube_Controller_Adapter_for_Wii_U_in_Dolphin
Wii U GC Adapter
https://forums.dolphin-emu.org/Thread-wii-u-gc-adapter?pid=349008#pid349008




◆このページについての質問・指摘・検証 etc...