Wii本体からのリッピング

Last-modified: 2020-07-27 (月) 13:58:28

目次

 
 

Wii本体からバックアップする

Wii本体からのバックアップは cIOS DVD Dumper および CleanRip が主流となっている。
今回はcIOS不要で手順も分かりやすい CleanRip を使用する。

 

■ 必要なもの

・Wii本体

・ゲームディスク

・SDカード

・リッピングしたデータを保存するストレージ(後述)

 

■ ストレージについて

以下のいずれかを用意する。
容量・読み込み速度の面で言えば外付けHDDが最良だが、容量さえ足りていればSDカードでも特に問題はない。
Wiiの状態や使うデバイスによってはUSB経由の読み込みが異様に遅く、SDカードがUSBメモリの3倍以上速いこともある。
複数方法があるならば、それぞれの方法で10秒程度計測してみても良い。

・SDカード (FAT32限定、8GB以上が望ましい)

・USB接続の外付けHDD (FAT32NTFSでフォーマットしておくこと)

・USBメモリ (HDDと同じくFAT32NTFSでフォーマットする)

NTFSでは不具合報告があったのでFAT32推奨。
更新履歴を見る限りv1.0.4で修正されているようなのでどちらでも良い。

 
 

手順

1. Wiiのリッピング環境を構築する

リッピングにはWiiに HomeBrew Channel を導入する必要がある。まだ導入していない場合はこちら等を参考に導入しておくこと。
HBCの導入が完了したら こちら からCleanRipをダウンロードして解凍し、中にある apps フォルダをSDカードのルートにコピーする。
一緒に配布されている gc.datwii.dat は整合性チェックのためのファイルなので、使うかどうかはお好みで。
使う場合はやはりSDカードのルートにコピーする。

apps.png

 
 

2. リッピングを行う

CleanRip の入ったSDカードをWiiへ挿入したらWiiを起動し、HomeBrew ChannelからCleanRipを起動。

HBC_CleanRip.jpg


免責事項が表示されるので、同意できればAを押して進む。

CleanRip_Warning.jpg


バージョンによっては、この段階で『Enable checksum calculations?』(チェックサム計算をするか?)と尋ねられる。
ここはどちらでも良い。『Yes』を選択した場合は計算のために3分ほど余分に時間がかかる。


『USB』『Front SD』のどちらかを選択し、Aを押して進む。

CleanRip_Choice.png


USBの場合は、本体裏のUSBポートにUSB接続のHDD、もしくはUSBメモリを差し込む。
ファイルシステムを『FAT』(FAT32)か『NTFS』から選び、Aを押して進む。

CleanRip_Filetype.png
Front SDの場合は、そのままAを押して進む。


Redump.orgからDATファイルをダウンロードするかどうか。
正常にリッピングできたかの確認に使うものだが、基本的には不要なので『No』を選択する。

既にファイルが存在している場合は
『redump.org DAT files found. Check for updated DAT files?』(DATの更新を確認するか?)
と尋ねられるが、この場合も『No』で良い。

CleanRip_DLdat.png


バックアップしたいゲームディスクを挿入し、Aを押して進む。

CleanRip_Disc.png


バージョンによってはこの段階で『Is this a unlicensed datel disc?』と表示される。
普通のゲームをリッピングするだけなら一切関係無いので『No』を選択。



バージョンによってはこの段階で『Remember settings? Will only ask again next session』と尋ねられる。
どちらでも良いが、複数のディスクを連続してリッピングしたい場合は『Yes』を選んでおくと手間が減る。



リッピングが開始される。かかる時間はGCで8~10分、Wiiで15~25分程度。

CleanRip_Ripping.png


完了。続けてリッピングしたい時はAを押して進み、上記の手順を繰り返す。
先程の『Remember settings?~』で 『Yes』 を選んでいた場合はディスクを入れ替えてAを押すだけで済む。

CleanRip_Finish.png


リッピングしたファイルはバックアップ先ストレージのルートに保存されている。
iso以外にtxtと、GCの場合は更にbcaファイルが生成されているが、iso以外は不要なので削除してしまっても構わない。









◆このページについての質問・指摘・検証 etc...

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • スカイウォードソードがどこも2層ディスクのデュアルレイヤーと紹介されているが、果たして本当?何度もcleanrip失敗したので、デュアルレイヤーをnoにしたら無事にripできた。ドルフィンでもちゃんと起動するし、どうも怪しい。裏面みたらシルバーだし、発売時期によって違うのか?2層ディスクは黄金っぽい色している。2層ディスクの代表スマブラXの裏とスカイウォードソードの裏面を見比べて欲しい。 -- 2019-01-22 (火) 13:18:50
  • Wilbrand Launcher 9.0がerror404となってダウンロードできません。 -- 2019-08-15 (木) 11:10:02
  • 背面USB32GB3.0(NTFS)でのリッピングは問題なく出来ましたのでここに報告。 -- 2019-10-26 (土) 16:31:30
  • 背面USB2.0 8GB FAT32 リッピングできませんでした。 SDHC 8GB FAT32 問題なくできます。 CreanRip Ver2.0.0 -- 2020-02-11 (火) 18:35:37
  • ↑と思ったら例外が発生してできませんでした。USB2.0 8GB NTFS もだめでした。 -- 2020-02-11 (火) 20:06:36
  • SDHC 16GB FAT32 できました。LetterBomb起動時はprivate以外のファイルも入れるとできます -- 2020-02-14 (金) 21:57:10
  • ↑wii 4.3J 吸い出しも1回で正常にできました。GCカセットで10分くらい -- 2020-02-14 (金) 21:59:35
  • 途中でFAT32かNTFSか尋ねてくるので確認しましょう -- 2020-03-31 (火) 23:37:56
  • 吸い出しの速度が188.23KBで固定されるんですが原因は何かわかりますか? -- 2020-07-18 (土) 16:07:20
  • 吸出し速度は目安の3000kB/sと600kB/sあたりをうろうろしているのですが、これはなぜでしょうか? -- Fatf56? 2020-07-27 (月) 13:58:28
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White