緑の帽子を被った女性

Last-modified: 2019-06-06 (木) 01:10:42

原作第21巻の緑の帽子を被った女性TV版第2シーズンの緑の帽子を被った女性

名前緑の帽子を被った女性
英名The Lady with the Floppy Green Hat
性別
原作・TV版:(コート)+(帽子&襟&ベルト&イヤリング)+深緑色(帽子の帯)+黄色(ネックレス)
マガジン:天色(ドレス)+(帽子)+(襟&袖&帽子の帯)+(襟&袖&帽子の帯)+金色(ネックレス&ブレスレット&イヤリング)
原作版初登場巻第21巻『大きな機関車たち』第3話「ゴードンのいのちびろい」
TV版初登場シーズン第2シーズンしせんをはしったゴードン
説明・友達に別れを告げていた女性*1
ゴードンの機関助手が彼女の帽子を車掌と勘違いして、荷物もお客も乗せずにゴードンを出発させた。
性格ネッド程ではないが、天然且つ鈍感である*2
多キャラクターとの関係ゴードンは、彼女の帽子の所為で、乗客を乗せ損なってしまった。
エドワードゴードンの代わりに運ばれた事がある。
トーマストビーデイジーアニークララベルヘンリエッタバーティーとは一緒に居るシーンは無いが、以前から彼らの支線に運ばれているらしい。
パーシーとは一緒に居る場面は無いが、面識はある模様。
人間関係ファークァー駅長とはトーマスバーティーを通じて親しくなったらしく、ナップフォード駅まで、別れを告げに行った事がある。また、その奥さんとは会話は無いが、面識はある模様*3
ゴードンの機関助手に、の帽子をと見間違えられた事がある。
参照画像第2シーズンのティドマス駅でクリスマスパーティーに参加している緑の帽子を被った女性マガジンストーリーの緑の帽子を被った女性




*1 因みに、彼女が別れを告げていた友人はファークァー駅長である。
*2 実際、ゴードンの機関助手は彼女の帽子を車掌と間違えたのが原因でゴードン見切り発車させたのに、彼女自身は自分の帽子が原因で見切り発車したと言う認識は無かったらしい。
*3 駅長の不倫相手ではないらしい。