マードック

Last-modified: 2021-06-01 (火) 10:33:59

「トビー、君が来てくれて嬉しいよ!」

名前マードック
英名Murdoch
性別
車軸配置2-10-0
製造年1954年-1960年
所属鉄道ノース・ウェスタン鉄道
本線
運用本線で長大編成の貨物列車を牽引するのが主な仕事。
・稀に急行客車を牽引する事もある。
・未公開シーンではソドーセメント工場で仕事をしていた。
・マガジンストーリーにのみ、支線客車を牽引したエピソードも存在する。
分類蒸気機関車
テンダー機関車
TV版初登場シーズン第7シーズンあらしのあとのしずけさ
※英国では『アーサーとさかな』で正式初登場前にカメオ出演している。
TV版最終登場シーズン第12シーズンThomas Puts the Brakes On
TV版初台詞「全くお喋りな連中だなぁ…。」
一人称
二人称
説明・動輪が10個ある大型テンダー機関車で、ナレーター曰く「強そうな機関車」
・何故かトビーの事を認識していた。
・TV版では除煙板が付いた最初のキャラクター*1
・車輪の色はTV版では常にオレンジだが、マガジンストーリーの一部エピソードでは黄色だった事がある。
CGシリーズには登場しなかったが、CGで製作された顔は公開された。
性格・冷静沈着で物静かな性格で、静けさを好んでおり、騒々しいのが苦手。
・いつも冷静だが、海に落ちたしたトーマスの代理で漁村で働く機関車を決める際にトップハム・ハット卿とは違う方角を向いてたり、パーシー貨車から飛んだ赤い絨毯が自分の貨車に飛び乗った事に気付かないまま走り去る等、少し天然な一面もある。
・面倒見が良く、仲間への気配りを忘れない一面がある*2
・近道のルートに詳しく、仲間から近道を尋ねられた時は、親切に説明をしていた*3
・お洒落が好きなジェームスとは正反対で、お洒落や目立つ事が苦手。
大きな機関車だが、小さな機関車を馬鹿にしたり偉そうに威張り散らす描写は皆無。
・いつも冷静な分、怒ると非常に怖い*4
TV版での経歴第7シーズンから登場。
第8シーズンは出番があっても台詞が無い。
第9シーズン第10シーズンに一度も登場しなかったが、第11シーズンで再登場した*5
第12シーズン登場した際は、トレバーと出会い、泥沼に沈んだエミリーを助けた。また、ロッキーと一緒にトーマス仕事を手伝った。
第13シーズン以降は全く登場しない。
・マガジンストーリーではあの時エドワードと同様、クランクピンが折れた事がある。
モデル標準クラス9F蒸気機関車イギリス国鉄
その他・スタッフが描いたコンセプトアートではボディカラーは紅色で、ラインは黄色だった。
・マードックのモデル機である標準クラス9Fはイギリス国鉄が製造した最後の新型蒸気機関車である。
玩具プラレール/トラックマスター
カプセルプラレール
木製レールシリーズ
新トーマスとなかまたち/げんきなトーマスとなかまたち/なかよしトーマス
アーテル
Take Along/テイクンプレイ
日本版CV塩屋浩三第7シーズン
福沢良一第12シーズン
参照画像参照はマードック/画像

*1 原作ではビッグ・シティの機関車が初である。
*2 フレンドリーに話しかけて来たハーヴィーソルティーに嫌な態度を取ってしまった時は、ちゃんと謝罪をした。
*3 但し、エミリー泥沼の件で忠告した時に聞き入れて貰えなかった。
*4 実際、ハーヴィーソルティーが執拗に話しかけてきた時に「静かにしてくれ」と言って注意していた。
*5 但し、第8シーズンと同様、台詞無しでの登場である。