マーリン

Last-modified: 2021-12-06 (月) 03:30:12

「この3本の煙突で凄い事が出来るだろう?」

名前マーリン
英名Merlin
性別
車体番号783
製造年1925年8月
車軸配置4-6-0
所属鉄道ロンドン・アンド・サウス・ウェスタン鉄道実験施設製鉄所
運用製鉄所での勤務。
メインランドからソドー島に鉄を届けに行く事もある。
分類蒸気機関車
テンダー機関車
実験車両
TV版初登場シーズン長編第13作『きかんしゃトーマス とびだせ!友情の大冒険
TV版最終登場シーズン第22シーズンみえないきかんしゃマーリン
TV版初台詞「おーい!」
※正式には「隠れて…いるのかい?」
一人称
二人称
説明・煙突が3本ある珍しい形の銀色テンダー機関車
・別名『ステルス機関車』。
・口癖は「見えないスイッチ!オ~ン!」
・自分には姿を消せる能力が備わっていると思っている。
ハリケーンすら吹っ飛ばしてしまう程の驚異的な怪力を持ち、車輪がスラグに溶け込んだハリケーンを体当たりで救った。
・名前の由来は中世の騎士道物語である『アーサー王伝説』の登場人物、魔術師マーリンから。
・劇中で自身のモデル機について説明された機関車はボコ以来、2台目となる*1*2
ソドー島を訪問する前は線路を走らない牽引車*3を見た事が無かったらしく、ソドー島を訪問してトレバー対面した時は初めて見る線路を走らない牽引車に興味津々だった。
スペンサーフライング・スコッツマンと同様、LNER仕様のランプを装着している。また、彼の炭水車は、アールズデール鉄道(ちんまり鉄道)の機関車達の炭水車をベースに流用した物である。
フランキーハリケーンと同様、バッファービームに車体番号が書かれているが、彼は機関室と炭水車の側面にも書かれている。
銀色蒸気機関車スペンサースタンリーに続いて、3台目となる*4
性格・純粋で心優しく、人懐っこい性格。
・同じ実験車両セオレキシーとは異なり、自分が役に立たないとは思っておらず、陽気で自信に溢れている。
・但し、自信過剰が仇になる事もあり、監視を忘れてトーマスを追いかけた所為で、レキシーセオが気をそらしていたハリケーンフランキーに見つかってしまった。
ソドー島を「ソナー島」と呼び間違えるなど、やや天然な面がある。
TV版での経歴第22シーズンで短編に初登場。ソドー島を訪問し、トーマスを通じてパーシートレバーソルティーレベッカと親しくなった。また、トレバーを初めて見た際に「脱線した機関車」と間違えた。そして、見えない機関車を披露して、メインランドに帰って行った。
第23シーズン第24シーズンでは出番無し。
長編作品での経歴長編第13作から登場。最初は声のみで姿を見せなかった。
製鉄所に閉じ込められたジェームスを救う作戦では監視役をしていたが、監視を忘れて飛び出してしまい、全員ハリケーンフランキーに追いかけ回された。
モデルクラスN15「キング・アーサー」クラス蒸気機関車 783号機『サー・ギリマー』*5ロンドン・アンド・サウス・ウェスタン鉄道*6
その他・モデル機であるクラスN15「キング・アーサー」クラスは『アーサー王伝説』を由来とした名前が付けられており、魔術師マーリンを由来とする同名の740号機『マーリン』号が存在したが、本作のマーリンはステルス機関車に改造された『サー・ギリマー』号がモデルとなっている。
・彼のモデル機には煙突が2本ある物も存在する。
玩具プラレール*7/トラックマスターステルス仕様)
カプセルプラレール
木製レールシリーズ
アドベンチャーズ
トミカ(笑顔/驚いた顔*8
英米版CVヒュー・ボネヴィル長編第13作第22シーズン
ナイジェル・ピルキントン第22シーズン*9
日本版CV三宅健太長編第13作第22シーズン*10
参照画像参照はマーリン/画像

*1 英語版のみであり、日本語版は「キング・アーサー」クラス蒸気機関車である事に触れていない。
*2 ボコのモデル機についての説明エドワードが行っていたが、彼のモデル機についての説明は彼自身が行っている。
*3 彼が見た事のあるセオは鉄道牽引車である。
*4 原作絵本のシルバー・ジュビリーを含めると、4台目。
*5 『Gillemere』の日本語表記はちくま文庫版『アーサー王の死』に基づく。
*6 実機は1961年に廃車解体されている。
*7 セット販売のみ。無動力だが動力シャシーを填める事で動力車にする事が可能。
*8 セット販売のみ。
*9 パーシーの妄想内のみ。
*10 パーシーの妄想内では高い声で吹き替えている。