エミリーとおはな

Last-modified: 2019-02-05 (火) 21:40:08

日本版タイトルエミリーとおはな
英語版タイトルA Blooming Mess
脚本ミランダ・ラーソン?
放送日・2010年2月9日(英国)
・2010年2月16日(オーストラリア)
・2010年4月13日(ハンガリー)
・2010年4月27日(ドイツ)
・2010年7月21日(日本)
・2010年10月24日(米国)
・2011年11月6日(ノルウェー)
話数324
この話の主役エミリー
登場キャラクターAトーマスエドワードジェームストビーメイビスエミリー
登場キャラクターB無し
登場キャラクターCヘンリーゴードン
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿ナップフォード駅長メイスウェイト駅長
登場人物Bナップフォード駅の作業員ブロンド髪の作業員連結係員クリーム色の服と黒いスカートの女性?子供達
登場人物Cトップハム・ハット卿の付き人薄緑色の服の女性アノファ採石場の作業員エミリーの機関士エミリーの機関助手山高帽を被った黒人男性ペンキ屋
登場人物D無し
登場スポットティッドマス機関庫
アノファ採石場
ナップフォード駅
メイスウェイト駅
あらすじエミリーは、ナップフォード駅に飾る花をメイスウェイト駅に取りに行く途中、沈んだ様子のメイビスを見かける。彼女を元気づけようと、受け取った花を採石場に置くが、仲間の仕事の邪魔になってしまう。役に立つ仕事をすればメイビスが喜ぶと気付いたエミリーは、仲間を助け、無事花をナップフォード駅に届ける。
メモエミリーのいい加減さが見てとれるエピソード。
エミリー第8シーズンゴードンとおなじ』に続き、エドワードに暴言を浴びせる*1
伊東久美子さんのメイビスの声はこの話で最後となる。
トーマスエドワード第4シーズンガミガミじいさん』の時のファルコンスチュアート第6シーズンくるまどめのもんだい』の時のビルベンに続いて貨車同士を衝突させる。
エミリーからの謝罪の言葉が無いにも関わらず、エミリーを説教しないで許しているトーマスエドワードメイビス
・また、エミリートップハム・ハット卿から説教を受ける場面も無かった。
・この回で学べるのは『口は災いの元』と『沈黙は、雄弁は』と言う事。
台詞エミリー「おはよう、トビー!」
トビー「やあ!エミリー
エミリー「おはよう、ジェームス!」
ジェームス「やあ!おはよう、エミリー!」
エミリー「気を付けてよ、エドワード!これはメイビスを元気付ける大切なお花なんだから!!!!!!」
エドワード「何だって?!」
英国CVナレーター:マイケル・アンジェリス
トーマス/トビー:ベン・スモール
エドワード/ジェームス/トップハム・ハット卿:キース・ウィッカム
エミリー/メイビス:テレサ・ギャラガー
ナップフォード駅長/メイスウェイト駅長:マット・ウィルキンソン
米国CVナレーター:マイケル・ブランドン
トーマス:マーティン・シャーマン
エドワード/トビー/ナップフォード駅長:ウィリアム・ホープ
ジェームス/トップハム・ハット卿/メイスウェイト駅長:ケリー・シェイル
エミリー/メイビス:ジュール・デ・ヨング
日本CVナレーター:ジョン・カビラ
トーマス:比嘉久美子
エドワード:佐々木望
ジェームス:江原正士
トビー:坪井智浩
エミリー:山崎依里奈
メイビス:伊東久美子
トップハム・ハット卿:納谷六朗
ナップフォード駅長/メイスウェイト駅長:金光宣明
シリーズ前回トビーのあたらしいきてき
シリーズ次回トーマスのだいついせき

*1 ただ、その回と比べると大分オブラートに包まれた言い回しになっている。