キャラクター/【衛兵】

Last-modified: 2020-04-04 (土) 17:14:08

ディズニー作品「アラジン」のキャラクター。
アグラバーを守る衛兵たち。アグラバーにおいては街を巡回し犯罪者を逮捕する警察の役割も担っている。泥棒稼業だったアラジンにとっては敵対組織。

王国に対しては忠実だが、右大臣であるジャファーの部下であるため、ジャファーの悪巧みの片棒を担がされてしまう結果に。
加えて何故か人相が悪い集団なので、ヴィランとしての毛色が強い。
アラジンとはコソドロ時代からの付き合いであり、いつもいなされては逮捕できずに怒り心頭。

衛兵隊長はラズールという名前。とりわけアラジンを目の敵にしているが、軽快なミュージカルで返り討ちにあってしまう。

  • χに出ている二人の衛兵のうち体格が良い方。
  • 続編でもジャスミンの婚約者となったアラジンをドブネズミと呼んで嫌っている。
    • 続編映画「ジャファーの野望」でアラジンが無実の罪を着せられた時は、ラズールが自ら進んで処刑の執行を行おうとした。
    • ジャファーの野望の続編であるテレビシリーズによると、ジャスミンとサルタンに忠実。アラジンとは反目しながら協力することもあった。
    • 完結編の「盗賊王の伝説」ではサルタンの密告でカシームの盗賊団を捕らえ、カシームを庇ったアラジンを罰するように訴えるが、最後にはアラジンとジャスミンの結婚を受け入れる。

キングダムハーツシリーズでは衛兵たちの出番はなかった。

  • KHIでジャファーが手先として操っていたのは衛兵ではなくハートレス。
    そもそもジャファーはストーリーの初めから姫をさらったり王国支配を宣言したりと王国に対しおもいっきり離反全開な態度をとっていたので、この立場が衛兵では無理があったが。

その後のシリーズにも衛兵が出てくることはなかったが、χにて満を持して登場。
他のKHシリーズには出ていないのにχには登場するディズニーオリジナルキャラクターは今のところ彼らとガストンのみである。

χ Edit

原作ではどちらかというとアラジンに敵対する立場だったが、χのプレイヤーに対しては完全に味方サイド。
アグラバーの問題解決に協力的なプレイヤーに対して非常に友好的であり、情報交換にも応じてくれる。
また、すぐにプレイヤーを頼る。χではもはやありふれた光景だが、仲間がハートレスに襲われているので救出してくれと頼んだり、鍵をなくして詰め所に入れないから鍵を探してくれと頼んだり、しまいには街にハートレスが大量に湧いた際には住民とともに街から避難してプレイヤーに応援を要請する。
それでいいのか衛兵よ。

一方で、アラジンを窃盗の罪(濡れ衣)で逮捕しようとしている。原作に比べるとそこまで短気な様子は見せず、対応もマイルドになっているが。

  • 原作映画では、映画冒頭でパン一切れ盗んだアラジンに対しラズールが「お前の腕を切り落としてやる!!」と激怒したりしていた。

Edit

χに引き続き登場。相変わらずプレイヤーに対して友好的な味方サイド。
アラジンが王女誘拐の罪状で逮捕された時は「ついに捕まえた」と喜んでいる者もいたが、「アラジンに限って濡れ衣だろう」と言ってくれるなど、それなりにアラジンを好意的に見てくれている者もいる模様。
また、彼が捕まったと聞いて慌ててやってきたプレイヤーに「処刑前に会いに行ってやってくれ」と牢獄への抜け道を教えてくれるなど、色々と便宜も図ってくれる。…いいのか?