よくある質問 ゲーム制作全般

Last-modified: 2022-07-22 (金) 09:29:32

質問項目の追加要望は、「Wiki編集」 >「編集要望」にてお願いします。





フリー素材や二次創作を扱うにあたって「著作権」について詳しく知っておきたいです。

  • 「Tips「著作権」とは」にて解説しています。参考にしてみてください。


ゲーム画面サイズは、いくつで作ればよいでしょうか?

  • お好みで良いと思います。
    何も分らなかったら、PC用に1280x720で作っておきましょう。

    PCゲームやスマホゲーム、ユーザーのディスプレイなど環境は様々です。
    どちらにも対応させようとすると大変ですので、初心者のうちはどちらかに決めたほうが良さそうです。
    一昔前のPCモニタの比率は4:3、現在主流のワイドモニタの比率は16:9となっています。
    16:9基準で考えておくのが良いでしょう。


「Read me」の書き方を詳しく知りたいです。

  • 「Tips「readme」について」にて解説しています。参考にしてみてください。


エンドロールの表記の仕方が分りません。

  • スタッフなどの順番に決まりはないみたいです。自由に流しましょう。

    大まかな役職
    原作
    脚本
    キャラクターデザイン・原案
    グラフィック
    スクリプト
    音楽
    企画
    プロデューサー
    ディレクター
    製作
    監督

    などでしょうか。
    スペシャルサンクス」については、ゲーム制作をするにあたり感謝を表したい人や物など 必要と感じたら表記しておくのが良いのかもしれません。






18禁やグロテスク表現などに対して行われる「レイティング」について詳しく知っておきたいです。

  • 「Tips「レイティング」とは」にて解説しています。参考にしてみてください。


完成したゲームをいろいろな人に遊んでもらいたいのですが、どうすれば良いでしょうか?

  • 作品完成後、配布先として活用出来るサービスをいくつかご紹介いたします。


フリー公開

  • ふりーむ!https://www.freem.ne.jp/

    「ふりーむ!」は、無料で遊べるゲームの配信・プレイが可能なゲームプラットフォームです。
    2000年2月から長期にわたりゲームを配信し、クリエイティブな活動をサポートしています。
    「ふりーむ!」の使命は、世界中の人々の手元にゲームを届けることです。
    蛇口を回すように身近で簡単に、楽しい時間が溢れ出る。
    そのような存在として、楽しさに満ち溢れた世界の実現を目指しています。


  • フリーゲーム夢現https://freegame-mugen.jp/

    フリーゲーム夢現は、過去10年間の3万件を超すレビュアーのコメント投票を元にした統計から、おすすめフリーゲームをランキング形式で簡単に探せる無料ゲーム投稿サイトです。
    「無料で面白いフリーゲームをプレイしたい人」「自作ゲームを遊んでもらいたい制作者」の双方にメリットのあるフリゲ紹介サイトをこれからも目指して、フリーゲーム界をより一層に盛り上げていきたいと思います。


  • PLiCyhttps://plicy.net/

    PLiCy(プリシー)は、PCのブラウザやスマートフォンで自作ゲームを公開・共有することができるサイトです。
    本サービスは、「個人製作ゲームをより幅広いユーザーに公開し、遊ぶことが出来る」場所の提供を目指しております。


有料公開

  • DLSitehttp://www.dlsite.com/

    同人誌・同人ゲーム・同人ボイス・ASMRまで毎日更新、すぐにダウンロード。
    700万ユーザー、5.4万サークル、44万作品を突破!国内最大級の二次元総合ダウンロードショップDLsite!


  • Steamhttp://store.steampowered.com/

    PCゲーム・PCソフトウェアおよびストリーミングビデオのダウンロード販売とハードウェアの通信販売、デジタル著作権管理、マルチプレイヤーゲームのサポート、ユーザの交流補助を目的としたプラットフォーム。


交流活動・イベント

  • ノアフェス:hhttps://noahfes.jp/

    「ノベルゲーム/アドベンチャーゲームフェスティバル」略して……『ノアフェス』!
    ノアフェスは、「ゲーム制作をもっとカジュアルな文化にしたい!具体的にいうと、バンド活動ぐらいには……」という思いのもと立ち上がった、ゲーム制作・発表のイベントです。
    ノベルゲーム形式、ないしはアドベンチャーゲーム形式(ここでは便宜上、絵や文や音の組み合わせでストーリーを表現するスタイルのゲーム、と定義します)の要素が含まれた作品「だけ」を審査対象とし、なおかつ制作には「チーム単位」で取り組む、という新しい大会です。


サークル出展

  • コミックマーケット:hhttp://www.comiket.co.jp/

    コミックマーケットは、1975年に始まり既に40年近い歴史をもつ日本最大の同人誌即売会です。


  • コミティアhttps://www.comitia.co.jp/

    コミティアとはプロ・アマを問わないマンガ描きたちが自主出版した本を発表・販売する展示即売会です。
    そこは、枠にはまらない自由で新鮮な個性を持つ作家が腕を試す自己表現の舞台であり、既製品に飽き足らない読者にとってまだ見ぬ、そして求めていたマンガを発見できる宝探しの山でもあります。
    コミティアは、そうした一人一人の描き手と読み手がダイレクトに出会える「場」として開催されます。
    そんな描き手と読み手の、あるいは描き手同士の作品を介して魂と魂が握手するような出会いが、新たな創作への刺激とエネルギーになることを信じています。