アップデート

Last-modified: 2020-08-05 (水) 01:50:54


通常のアップデート方法

  1. 最新バージョンのzipファイルを解凍します。
  2. 最新バージョンのフォルダ内にある「Light.exe」「LightEditor.exe」「settings.xml」と、フォルダ「_export」「Config」「Dlls」をコピーし、アップデート対象のプロジェクトフォルダ内に貼り付けます。
  3. Ver3.9.0以前のバージョンからのアップデートとなる場合には、アップデート対象のプロジェクトフォルダ内にフォルダ「Screenshots」を新規作成します。
  4. 最新バージョンでは使えなくなっていたり仕様が変更になっていたりするコマンドや記述を確認し、修正します。

簡易のアップデート方法

  1. 最新バージョンのzipファイルを解凍します。
  2. 最新バージョンのフォルダ内にある「Light.exe」「LightEditor.exe」と、フォルダ「Config」「Dlls」をコピーし、アップデート対象のプロジェクトフォルダ内に貼り付けます。
  3. Ver3.9.0以前のバージョンからのアップデートとなる場合には、アップデート対象のプロジェクトフォルダ内にフォルダ「Screenshots」を新規作成します。
  4. 最新バージョンでは使えなくなっていたり仕様が変更になっていたりするコマンドや記述を確認し、修正します。

カスタマイズをしている場合のアップデート方法

  1. 最新バージョンのzipファイルを解凍します。
  2. 最新バージョンのフォルダ内にある「Light.exe」「LightEditor.exe」と、フォルダ「_export」「Dlls」をコピーし、アップデート対象のプロジェクトフォルダ内に貼り付けます。
  3. Ver3.9.0以前のバージョンからのアップデートとなる場合には、アップデート対象のプロジェクトフォルダ内にフォルダ「Screenshots」を新規作成します。
  4. 「settings.xml」「settings_dev.xml」と、フォルダ「Config」内の「Commands.xml」「Strings_editor.xml」「Syntax_core.xshd」「Syntax_lua.xml」において、新たに追加されている項目等があるかを確認し、あれば追加します。
    カスタマイズをそれほど行っていない場合には、フォルダ「Config」をコピーし、アップデート対象のプロジェクトフォルダ内に貼り付けて上書きし、改めてカスタマイズを行うほうが効率的です。
    (Ver6.2.0以前においては、「settings_dev.xml」が存在せず、フォルダ「Config」内のファイルは日本語用と英語用が存在していますが、Ver7.0.0において言語統合等の変更がなされました)
  5. 最新バージョンでは使えなくなっていたり仕様が変更になっていたりするコマンドや記述を確認し、修正します。

Ver8.4.0以前からのアップデート方法

  1. 最新バージョンのzipファイルを解凍します。
  2. 最新バージョンのフォルダ内にある「ICSharpCode.AvalonEdit.dll」「Ionic.Zip.dll」「Light.exe」「LightEditor.exe」「Newtonsoft.Json.dll」とフォルダ「Dlls」を削除します。
  3. 「libEGL.dll」「libGLESv2.dll」「LightApp.exe」「LightEditor.exe」「Qt5Core.dll」「Qt5Gui.dll」「Qt5Widgets.dll」「SDL2.dll」とフォルダ「Config」「platforms」をコピーし、
    アップデート対象のプロジェクトフォルダ内に貼り付けます。