なに笑とんねん

Last-modified: 2021-08-26 (木) 22:28:39

阪神タイガース在籍時代の下柳剛の発言。「なにわろ」と略されることも多い。
「なに笑てんねん(なにわろてんねん)」は誤記。


概要

元はスポーツ情報番組『S☆1』(TBS系)の2011年2月14日放映分、沖縄宜野座での阪神キャンプの取材中、下柳が突然キレた際の発言が由来。

もちろん番組上のジョークではあるが、過去の試合中に田中秀太のエラーでグラブを投げつけるなど荒げた様子を見せたこともあり、一部の視聴者からは「下柳は本気で怒ったのでは」と推測されてしまった。

 

ちなみにダイエー・日本ハム時代の下柳は本当に速球派として知られ、リリーフ中心に起用されながら150km前後の直球主体でピッチングをしていく投手だった。

画像



派生

近年では実況パワフルプロ野球のサクセスプレイ中に撮られたと思われる画像が、なんJに貼られることがある。*1

自分の成績に関わらず試合に勝つと笑顔、試合に負けると泣き顔になる仕様を利用し、自身の成績は悲惨なのに(チームが勝利しているため)笑顔というこれらの画像が急速に広まった結果、「なにわろ定期」などとレスを返されることがお約束になっている他、場違いな場面で笑っていたり*2、何故か満面の笑みを浮かべている画像が貼られた場合にも使用される。


関連項目



Tag: 阪神 報道機関 ゲーム


*1 上の画像はパワプロ2014、下はパワプロ2020の画面である。
*2 例:2018年8月29日の広島対巨人で当時広島のジェイ・ジャクソンが巨人の阿部慎之助に死球を喰らわせた際、何故か笑っていた為双方からなにわろと言われる事に。