Top > 無修正


無修正

Last-modified: 2019-09-28 (土) 20:15:26

北海道日本ハムファイターズ・中田翔の、2017年シーズン最終成績のこと。転じて、大きな期待をされている選手が目も当てられないような結果に終わることを指す。


中田翔とは Edit

2007年に大阪桐蔭高から高校通算最多(当時)の87本塁打を引っ提げ高校生ドラフト1巡目で入団した中田は、2012年から就任の栗山英樹監督によって同年は全試合で4番に固定。
以降も好不調の波が激しくスランプが長引くなどの課題こそあったが2012年から5年連続20本塁打をマーク、ベストナイン4回(2013~2016年)・打点王2回(2014・2016年)を獲得するなど主軸打者としての地位を築いていた。

発祥の経緯と2017年 Edit

中田は元々スロースターターとはいえ開幕直後の3・4月を打率.170・1本塁打の低空飛行。5月に調子を上げたものの7月は打率.140・1本塁打、8月も打率.189・5本塁打という大不振に。それまで4番から頑なに外さなかった栗山監督も中田を打順変更やベンチスタートなどで奮起を促すが一向に復調せず、なんJで中田の成績が貼られる度にグロ」「閲覧注意」と警告されるほどの扱いを受けることとなった。

 

その一方で経歴と長年の実績を踏まえ「あの中田がこんな低い成績を残すはずがない」として、中田の打撃成績を勝手に上方修正したり他の選手の成績に置き換えたりするなんJ民も出現。このような成績には「修正済み」「盛田翔」「中田翔(夢)」などのレスが返されるようになる。

結局同年の中田は打率.216・16本塁打・67打点という成績に終わり、他の打撃指標*1も含めてレギュラー定着以降ワーストの記録となってしまった。この経緯から、2017年の中田の成績は無修正グロテスク画像の如く扱われるようになったのである。
上記の打撃三部門にOPSを加えた「.216 16 67 .676」という数字はなんJ民の記憶に強く刻まれており、新外国人の成績をネガティブに予想したり門倉スレ式に成績のボーダーとして設定されたりと使用頻度が高くなっていった。

 

さらに中田は国内FA権の取得年でもあり、シーズン中から関西地方への球団の移籍が囁かれた。不振とはいえ長年チームを支えてきた中田の残留を願うファンも多く、シーズン終盤にはチーム応援団が「お前が必要 中田翔」との横断幕を掲げる様子もみられた。ただし、なんJをはじめとするネット上では成績や素行への批判が根強く、「お前が必要」を煽りに使用する場面も目立ったようである。

結局不振やチーム状況もあってか、中田は大減俸を飲み1年契約で残留する道を選んだ*2

その後 Edit

前年大不振に喘いだ中田翔だったが、2018シーズンは開幕を4番で迎える。
シーズン序盤は例によって低打率でスタートした上、一時は得点圏打率が.100を切る状況に陥り「今年もグロテスクな成績が残されるのではないか」と危惧するファンも多かったが、最終的に前年から成績を伸ばして無修正からの脱却を果たす。
シーズン終了後にはFA権を行使せず3年総額10億円の大型契約で残留することを表明、中田をさんざん煽ってきたなんJ民も「お前が必要 中田翔」と掌を返す結果となった。

2019年はシーズン前半に好調を維持していたものの、8月以降は.179、1本塁打と絶不調に陥ってしまい、首位争いをしていた日本ハムが一転して最下位争いをするきっかけの一つとなってしまった。*3それでも前半の好調のおかげで、最終的には打率.242・24本塁打・80打点・OPS.778と、「いつもの中田翔」と言える成績で終わった。


年度別成績 Edit

年度打率HR打点OPS
2009.278 (36-10)01.623
2010.233 (210-49)922.687
2011.237 (527-125)1891.691
2012.239 (547-131)2477.727
2013.305 (407-124)2873.932
2014.269 (531-143)27100.800
2015.263 (539-142)30102.817
2016.250 (569-142)25110.738
2017.216 (472-102)1667.676
2018.265 (540-143)25106.778
2019.242 (450-109)2480.778
2017年詳細


関連項目 Edit



Tag: 日ハム






*1 規定打席到達者ワーストの打率に加えて得点圏打率・長打率・OPS・RC27(特定選手1人で打線を構成し、打撃成績に走塁・進塁能力の数値を組み合わせて1試合平均で取れる得点の指標)でリーグ下位だった。
*2 2億8000万円→2億円。
*3 しかしそれは怪我により出られなかったのも原因だったりする。