ハマグチェ

Last-modified: 2021-03-28 (日) 14:03:42

濱口遥大*1(DeNA)の別称・蔑称。

概要

元々はお笑い芸人・濱口優(よゐこ)の愛称の一つ。
ちなみにこの愛称の由来は2000年7月15日放送分の「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)で行われた夏休み直前・期末テストで、自分の名前を"masaru hamaguche"と書いたこと。

2016年ドラフト頃から同姓の濱口遥大に対して自然と呼ばれるようになったが、由来が由来なのでやらかした時とかに呼称される蔑称の意味合いが強かったが最近は薄まっている。

バリエーションとして2006年10月7日放送分の中間テストで優が名前を"masaru hamagucht"と書いた事で付けられた「ハマグフィト」*2もある。ただしこちらが遥大に使われるのはよほど酷いピッチングをした時ぐらいでありハマグチェ以上に蔑称の度合いが強い。

その他

濱口自身のピッチングスタイルはWHIP・与四球がともに(防御率の割に)異常に多い*3、「塁を埋めるが還さない*4」タイプであり、相手チーム視点では毎回ランナーが満塁や二・三塁などのチャンスが続くにもかかわらず0点や1点止まりに終わることから、「ヤれそうでヤれないブス」「巨乳ブス」などの異名も存在する*5*6


関連項目



Tag: 横浜 蔑称


*1 苗字の濱口の「濱」は実際には環境依存文字の「濵」である。
*2 番組において「ドイツ語読み」とされてるが、実際のドイツ語は「ハマグフト」が近い。
*3 ルーキーイヤーの2017年はWHIP1.50、与四球は規定未到達ながらリーグワーストの69個
*4 当然還すときもある
*5 もちろんこれと糞ピッチングの差は紙一重である。
*6 特に2019年4月10日の阪神戦(阪神甲子園球場)では7四球を出しながら牽制死2、被安打1で自身初の完封勝利をマークしている。