冷蔵庫

Last-modified: 2020-11-17 (火) 14:39:34

元横浜DeNAベイスターズのスペンサー・パットンが2019年8月3日の対巨人戦で起こした事件、およびその被害者のこと。

ブルガリア事件の再来」「パットン将軍御乱心事件」「冷蔵庫殴打事件*1」とも。

経緯

8回表、DeNA2点リードの状況でパットンは登板するも、1アウトも取れず2失点としなお無死二塁として降板。ベンチに戻ると怒りのあまり備え付けの冷蔵庫を両手で殴りつけた
この様子はテレビ中継でも映し出され実況スレで利き手はやめろ」と大合唱され、また解説の槙原寛己は名前こそ伏せたものの杉内の事例に触れた。
試合後パットンは右手に包帯を巻いた姿で球場を後にし、検査を受けた結果、第5中手手根関節脱臼骨折と診断。今季絶望となってしまい、500万円の罰金と野球振興活動への参加が命じられた。
尚、試合は8回裏に勝ち越したDeNAが勝利。パットン降板後に後続を断ちヒーローインタビューに立ったエドウィン・エスコバーはその時に対照的な名言を残している。

後日談

後日パットンは一連の騒動について報道陣を通じて謝罪文を発表。その後は驚異的な回復を見せ、レギュラーシーズン中こそ間に合わなかったもののCS1stにて復活登板を果たした。なお
ちなみに冷蔵庫は無事だった模様。

DeNA・パットンは負傷&処分でトホホだけど… 殴られた冷蔵庫は無事
https://www.zakzak.co.jp/spo/news/190805/bas1908050002-n1.html
一方、パットンに殴られた冷蔵庫は、パナソニック製の「SSR-DX170N」型で、販売価格は27万8640円(税込)と高額。
500ミリリットルのペットボトルを105本収納できるが、右、左、右とパンチ3発を浴びても壊れることはなかった。
この猛暑で冷蔵庫まで故障となったら目も当てられなかっただけに、チーム内からは「頑丈な冷蔵庫でよかった」と安堵の声が挙がっていた。

パットンのDeNA在籍最後の年になった翌2020年。8月27日の広島戦で、自身の逆転タイムリーでの1点のリードを守りながらも6回に一死一三塁のピンチを招いた井納翔一の後を継いだパットンは二死から満塁にこそするも無事この回を切り抜ける。このまま試合に勝利し*2ヒーローとなったパットン(と井納)にこの日送られたヒーロー賞はまさかの冷蔵庫(パナソニック製)であったため、「パットンと冷蔵庫、歴史的和解」とネタにされてしまった*3*4

関連項目



Tag: 横浜 報道機関


*1 かのジョージ・パットンも、1943年9月のシシリー島上陸作戦にて神経症で野戦病院にいた兵士を「やる気がない」と二度もぶん殴り、問題視した元帥のドワイト・アイゼンハワー(米国34代大統領)の命で約10ヶ月カイロに留め置かれた
*2 余談だが、同じ試合の中では国吉佑樹ズボンのチャック全開のまま投球するというネタも投下されている。
*3 なお、この試合の冠スポンサーでヒーロー賞を提供した家電量販店・ノジマの公式Twitterは「裏側に特別何か深い意図があるわけではございません」というコメントを発するも、これに対しジレッタ夫人が「信じません」と返す流れが見られた。
*4 この試合から2ヶ月後の10月27日、再びノジマによる冠ナイターが開催された際には、通算100ホールドを達成したパットンが再びヒーローに。今度はヒーロー賞としてドラム式洗濯機が送られている。