第17回ニコ生ギャモン杯リーグ 詳細結果

Last-modified: 2014-10-26 (日) 21:44:35

ニコ生ギャモン杯>第17回ニコ生ギャモン杯リーグ
ニコ生ギャモンカーニバル結果>第17回ニコ生ギャモン杯リーグ


ニコ生バックギャモンカーニバル内の1イベントとして行われた。
メインイベントである恒例のバックギャモン大会!

日時

2014年9月28日(日) 20:30~24:00

出場者

No名前ニコ生ギャモン杯
出場優勝
1ハピタン初出場
2シイ2回目
3ゴルフ5回目1回
4ふらっぴ5回目1回
5ハラボン5回目
6dolce5回目
7うきき13回目3回
8george5回目1回
9ネス4回目
10TEMPRA初出場
11renitta4777初出場
12tonderuxx初出場
13すなふきん6回目1回
14えつ2回目
15danjo13回目
16スパイク2回目
17くろ10回目
18ないと初出場
19ぽぽぽぽぽ初出場
20一茶っさ2回目
21ぽてと2回目
22ごすとじい初出場
23きも6回目
24のん10回目
25レディオ5回目
26しすけ3回目
27TK.shi3回目
283回目
29さっと2回目
30たかだよ3回目
 

予選リーグ

1回勝負で各自ランダムに8人と対戦する。(ダブル4倍まで)
初期値は20ポイントで、勝つ度にポイントを得て、負ける度にポイントを失う。
上位6名が決勝リーグへ進出する。

順位名前ポイント
1位george40Q
2位ふらっぴ36Q
3位レディオ34Q
4位きも34Q
5位TEMPRA33Q
6位ゴルフ33Q
7位renitta477732
8位うきき31
9位しすけ29
10位ぽぽぽぽぽ29
11位たかだよ28
12位シイ25
13位すなふきん22
14位一茶っさ22
15位さっと21
16位ごすとじい21
17位ハラボン20
18位くろ20
19位danjo17
20位のん14
21位ぽてと13
22位ハピタン12
23位TK.shi11
24位9
25位dolce8
26位えつ8
27位ネス6
28位スパイク6
29位ないと-5
30位tonderuxx-9

※ポイントが同じ人は、直接対決の結果で勝っている方が上位。
直接対決がない場合は勝率が高い方、それが同じならプラス点が多い方が上位。

 

決勝リーグ

予選リーグのポイントの半分を初期値としてスタート。
予選と同形式で、総当たり戦(各自5試合)を行い、最終的に一番ポイントを持っていた人が優勝。
最終戦のみダブルは2倍まで。

順位名前初期値最終ポイント
優勝george2029
2位ふらっぴ1822
3位レディオ1719
4位ゴルフ17.516.5
5位TEMPRA16.516.5
6位きも171

ポイント獲得者

順位名前ニコ生ランキングポイント
1位.pnggeorge20pt
2位.pngふらっぴ12pt
3位.pngレディオ7pt
4位ゴルフ4pt
5位TEMPRA2pt

この形式の大会を特に得意とするgeorgeさんが、
2回目のニコ生ギャモン杯リーグのタイトル獲得!
同時に、「ニコ生ランキング」でもトップに立った。

 
 
george.png
第17回優勝 george
 
 
 
 
 
 

開催要項

開催要項

ニコ生バックギャモンカーニバル>第17回ニコ生ギャモン杯リーグ


日時28日20:30-23:30
主催ラバー
表彰1位 15ポイント
2位 8ポイント
3位 5ポイント
4位 3ポイント
 

内容

初心者~熟練者まで、皆で楽しむバックギャモン大会、開きます!

参加資格

1.バックギャモンのルールがわかること。(ダブル含めて)
2.ニコニコ生放送を見れる環境にあること。
3.playOKでバックギャモンをプレイできる環境にあること。

賞品

優勝者に、バックギャモンフェスティバルの日本選手権中級クラスの無料出場権。
優勝者が同大会に参加しない場合は2位にスライド。以下、4位までスライド可能。

対戦場所

playOK

参加方法

事前登録不要。当日20:30までに僕(ラバー)の放送に来て、「参加@お名前」とコメントすればOK!
ニコ生を見たことがない方は、ニコ生の視聴方法?を参考にしてください。
慣れない方でも参加できるよう、十分に配慮して運営させて頂きます!

形式

今回は、「ラウンドロビン」(総当たり戦)の方式で行います。

基本システム

「1回勝負」「ダブルあり(4倍上限)」総当たり戦を行います。

 

各自、最初は持ち点「20ポイント」の状態からスタートします。
試合に勝つ度に、相手からポイントを奪うことができ、逆に負ければポイントを奪われます。

ダブル状態でギャモン勝ちした ⇒ 4ptゲット
ダブルされたのでパスした ⇒ 1pt失う
 

最終的にたくさんポイントを持っていた人から上位となります。

予選リーグ→決勝リーグの流れ

いきなり出場者全員の総当たりとしてしまうと、消化試合が多発してしまい、試合数も多すぎます。
そこで、参加人数が何人であれ、まずは各自8試合まで行った時点で打ちとめとします。(予選リーグ)

 

そして、8試合終了時点でのポイント上位6名が、決勝リーグとして総当たり戦を行います。
ポイントは予選リーグのものを半分にして引き継ぎます。
また、決勝リーグの最終試合に限り、ダブルは2倍が上限です。

 

細かいルール(把握不要)

○1試合あたりの制限時間は7分です。(1手2分以上考えた場合も時間切れ負けになるので注意)
○時間切れ負け、通信切断負けは基本的に全てギャモン負け扱いです。
 ただし、その時点で1枚以上コマをゴールしていた場合のみ、シングル負け扱いとします。
 (いずれもダブルはその時点の倍率を採用)
○同じポイントで複数人が並んだ場合、そのリーグの直接対決の結果を採用します。
 直接対決がなかった場合、勝率が高い方が上位です。
○大会の途中で行方不明になった方がいた場合、管理人が「○時○分までに戻ってこなければ失格」と規定します。
○失格者、あるいは途中棄権者は残りの全試合、-2点として扱います。ただし、既に行った試合の結果は変更しません。
○状況に応じて、ポイントマッチでは普通ありえないような初手ダブル・超アーリーダブルや
 超弱気/超強気キューブアクションなど完全に自由です。各自自分の目標達成のためにやれることをやりましょうw
○ただしチャットや生放送コメントなどを使用し、「キューブ4倍にしよう」などと示し合せることは禁止です。