Top > 武蔵


武蔵

Last-modified: 2019-06-15 (土) 00:11:03

1942年 大日本帝国 戦艦 武蔵 Edit

6E580491-3B5E-4382-82B4-4DDEAAF42FA8.jpeg
アップデートVer.2.00.25にて実装された日本ツリー高ティア課金戦艦。
大和の姉妹艦だが、大和が対空兵装マシマシの最終時の姿で実装されているのに対して、こちらは15.5センチ副砲を四基搭載した竣工時の姿での実装である。
本艦の実装を以って、WWBに大和型三姉妹が揃い踏みした。

他画像

基本性能 Edit

※括弧がある欄は【改修後の数値(初期値)】

年代1942国家大日本帝国
艦種戦艦対潜×
耐久値33850戦闘成績(BR)500
基準排水量(t)65014最大排水量(t)72809
最大速力(kt/h)28.6(26.3)最大舵角48.3(42.0)
可視距離(km)13.4(12.35)絶対視認距離(km)-
アンロック費課金購入費用150000S

装甲防御 Edit

※単位はインチ(in)表示

防御区画前部中部後部装甲重量(t/0.1in)
甲板部7.87.87.835
舷側部16.116.116.135

搭載武装 Edit

主砲名称火力射程
距離
(km)
装填
速度(s)
重量(t)貫通力
45口径 九四式 四六糎 三連装砲(三式弾)181042.0335378688
45口径 九八式 五一糎 連装砲210043.636303094
副砲名称火力射程
距離
(km)
装填
速度(s)
重量(t)貫通力
60口径 三年式 一五糎五 三連装砲61027.41022565
50口径 三年式 二〇糎C型 連装砲(最上型)79029.41621378
40口径 八九式 一二糎七 連装高角砲28014.84.36010

艦載機 Edit

機種名称攻/防航続時間
(sec.)
巡航速度
(km/h)
機体重量
(t)
格納庫容量装備火力装備重量
(kg)
水偵F1M 零式観測機50/3801125370110030kg 爆弾30030
E13A 零式水上偵察機10/33011203752105250kg AP爆弾2135250
250kg HE爆弾1650250

※最大搭載数8機、パイロット数5名。

部品改修 Edit

改修段階火力索敵速度装甲
新式炸裂榴弾新型望遠レンズビルジキールダメージコントロールシステム
砲塔旋回装置電波探信儀新型艦首排水ポンプ
照準システム電波探信儀変速機側面装甲帯
主砲装填装置×舵輪傾斜装甲
新型防空火薬×ボイラー水密隔壁

スキルは『ダメージコントロールシステム』。開発でアンロック可能。

立ち回り Edit

大和型というだけあり複数対単独であってもある程度はやりあえる。
コソコソせず真っ向から撃ち合いに行って良いだろう。
大和に比べ部品が水雷防御寄りであるため被雷への体制はなかなか高いがやはり魚雷は脅威であり大型の艦なため回避も大変なので注意しよう。
豊富な観測機を活かして敵駆逐艦や敵雷撃機を早期に捕捉できると良いだろう。
また対空火力が高いため味方機の援護もできるが、間違えて主砲を撃ってしまいリロードに入って本命の対戦艦戦が…ということにならないよう気をつけよう。
(対空射撃での味方機への誤射にはくれぐれもお気をつけて…)

主砲 Edit

やはり主力は大和と同じく46cm3連装砲になるだろう。
非常に威力が高く性能の高い砲である。ただしリロードは長めなので注意。
なお大和の46cm砲との違いとして対空弾を使用できる専用の砲塔を装備している。

副砲 Edit

大和に比べると搭載できる砲の種類も数も少ない。
しかし改装前の特徴として15cm砲を4基積むことができる。
主砲で対空射撃が可能なことと相まって対空弾幕はかなり厚いものとなる。
もちろん補助火力としても十分な性能を持つ。

航空兵装 Edit

BA646B32-B623-4F43-9D2B-66A3A8D76145.jpeg
零偵と零観を同時に搭載して発艦する瞬間。
2機編成で発艦させると同時に射出する独特のモーションを見ることができる。
搭載機数は8機と(航空戦艦の伊勢を除けば)戦艦では最も多く搭載することができる。
また格納庫容量も大きく機種に関係なく最大搭載機数を維持することができる。
搭載できるのは日本ツリーおなじみの零式水上観測機と武蔵追加と同時に実装された零式水上偵察機である。
ちなみに零式水上観測機は純粋に偵察能力が、零式水上偵察機は爆撃能力に優れている。
また特徴として2部隊同時発艦が可能である(その場合は1隊1機)

対空 Edit

竣工時の姿のため、高角砲は片舷6門と少ない。
しかし、副砲である15.5センチ三連装砲や主砲までもが対空砲として使用できるため、対空火力は大和と比較しても遜色ないものである。
その威力は凄まじく、12機編成のヘルダイバーですら瞬く間に半分以下にまで数を減らすほど

装甲 Edit

大和型というだけあり非常に硬く、厚いものとなっている。
並の戦艦とマトモに撃ち合って撃ち負けることはまずないだろう。
ただ部品の改修によるbuffが大和に比べ対水雷防御寄りとなっているため大和に比べると単純な砲撃戦での耐久値は劣るかもしれない。

機動性 Edit

大型の艦であり、良いとはお世辞にも言えない。
しかし大和と比べるならば遜色無い機動性を持つ。
速度に関しても気になるほどではないだろう。(なおニューメキシコ…)
近距離での駆逐艦への対応、敵雷撃機による雷撃の回避においてはなかなか厳しいため早めに発見出来ると良いだろう。

総評 Edit



元々の大和型の対空火力、対水雷防御を強化し少しだけ純粋な砲戦能力を落としたような艦であり、元の大和型の砲戦能力を考えても非常に高水準にまとまった艦である。
また航空機運用能力も高い。
しかし装甲に慢心していると簡単にやられてしまうため、敵艦との距離感や敵艦と味方艦の数、駆逐艦や敵攻撃機の動向には注意して立ち回ろう。

歴史背景 Edit

[添付]



コメント Edit