Top > ブキ > サブウェポン > スプラッシュシールド
HTML convert time to 0.012 sec.


スプラッシュシールド

Last-modified: 2017-12-22 (金) 19:47:43

ブキイメージ

概要 Edit

基本インク消費量は60%。
目の前に敵の攻撃を防ぐインクの壁を一定時間展開するサブウエポン。
この壁は敵のさまざまな攻撃を防いでくれるが、シールドの耐久力が落ち、壊れるのが早くなる。

セット情報 Edit

特徴 Edit

使用時にプレイヤーの一定距離前に展開され、ハイパープレッサーを除くあらゆる攻撃を防ぐインクの壁を作り出す。
自分や味方のインクはシールドを通り抜けるため、一方的に攻撃が可能になる。

角度をつけて使用しても常に同じ角度で打ち出されるため、自由な場所に展開することはできない、仕様上、高い位置から投げれば遠くに展開され、ゆえにジャンプして投げるといつもより少し遠くに接地できる。登り坂で投げれば目前に展開される。

平地の場合、接地から展開までおよそ1秒かかる。当然、この間はシールドの効果は発揮されない。
優秀な防御サブだからと言って、隙を晒したままの甘えた設置をすると撃ち抜かれるぞ。特にチャージャーはこの隙を突いてきやすいので注意。
なお、登り坂で投げて早く接地させても、平地で投げた場合に比べて展開までの時間に差はない。

シールドには効果時間があり、これが切れると消滅する。効果時間はダメージによって減り、大きなダメージを受けると即時に破壊される。

通路など狭い場所に設置すると隙がなく非常に強い。道を一方的に塞げるため相手の移動を制限する使い方もできる。
レギュラーマッチでは塗りに貢献しにくい一方、ガチマッチでは時間稼ぎが勝利に直結するため強力なサブウェポンとなる。

うまく使いこなすと強いが、壁接触時の跳ね返り方角度などさまざまな面でとてもクセが強いので、何度も使って慣れることが必要だ。

サブ性能アップの効果 Edit

シールドの耐久力が上昇する。(詳細な検証は未実施)
なおサブ性能アップを積んでも持続時間は変わらず370F(約6.16秒)のまま。

ガチヤグラルールでの使い方 Edit

壁反射などのテクニックを利用することで、シールドをヤグラの上に展開することができる。
2のステージはヤグラの進行ルート脇に壁や障害物があるステージが多く、ヤグラ上にシールドを展開しやすい。
また、上下角に関わらず全く同じ角度に飛ぶため、シールドの扱いに慣れると反射を使わなくてもヤグラ上にシールドを乗せることができるようになる。
一定時間その場に止まるカンモンで展開できれば、安定してカンモンを突破できる。
チャンスがあれば積極的にシールドと一緒にヤグラに乗ろう。

なお、シールドを展開する際にヤグラの柱に当たってしまうと大きくバウンドしてしまい、ヤグラの上どころか大きく離れた場所に設置されてしまう。
ヤグラ上にシールドを乗せる際は柱に注意しながら投げること。

また上手くヤグラの上にシールドを乗せても、相手が投げてきたボムが当たり誘爆死してしまうリスクもある。
敵の位置に注意しながらシールドの表と裏を上手く切り替えて被弾しないように努めよう。

ギアパワーサブ性能アップ」による効果 Edit

コメント Edit