Top > アビリティ > 【熱せず冷ませず】


アビリティ/【熱せず冷ませず】

Last-modified: 2019-04-04 (木) 07:34:47

FF9 Edit

サポートアビリティとして登場。所要魔石力は4。PT全員が使用・修得可能。
ヒート状態とフリーズ状態の発生を防ぐ。
司祭の帽子ヒスイの腕輪飽食のローブ源氏の鎧マダインの指輪妖精のピアスダイヤモンドで使用・修得できる。


ヒートやフリーズが厄介なのはグルグ火山ラストバトルくらいのもの。
これら以外の場所では外しておいても特に支障はない。

  • そうかな?記憶の場所ではマスタードボム使ってくる敵が多いから有用かと。
    • グルグ火山と違い、記憶の場所では敵がほとんど単体でしか出現しないので、
      普通に進めている程度に気力があれば、ヒート状態やフリーズ状態になっても問題になりにくい。
    • まぁ敵が単体なのでヒート・フリーズになっても全滅はしないだろうけど
      これを付けておけば、コマンド決定した後にヒート→戦闘不能になったのを蘇生させるといった手間は省ける。
      パーティーの誰かが戦闘不能でバトルが終わったりするのが嫌な人はずっとつけとくといいかも。
  • ティアマット戦ではこれをつけてないと初手で詰むことがある。
    一応ラスダンに入ったら魔石力の余った分を優先的に回しておくことで最後まで変える必要がなくなる。
    • ヒート効果の「ジェットふん射」は一度しか使わないので、
      バトル開始から暫くコマンドを入力せず待機しておけば良いだけ。
      タイムアタック(エクスカリバーII入手を含む)ではそうも言っていられないだろうが、通常プレイでは問題ない。
    • 特にエクスカリバーII入手の際には、記憶の場所に辿り着いて「熱せず冷ませず」を付ける数秒の手間を惜しむと、リセット連発によりリアルの時間を浪費する羽目にもなる(特にマリリス・ティアマット戦)。
    • Disc3以降、このアビリティを外したことがないのは自分だけかもしれない。
    • ヒートとフリーズは万能薬では治せない。時間経過で治せるが、即時治したいという場合はエスナが使えるエーコと炎系魔法と氷系魔法を使えるビビがいないと治せない(公式説明書には明記されてないが炎or氷系の魔法で治療できる)。
      デザートエンプレスからすでにマスタードボムを使ってくるスクイドラーケンやボスのヴァリア・ピラが登場するのでDisc3以降で特に重要性を増すアビリティであろう。特にこのマップは使える仲間が限られているので。

状態異常は気力が高いほど効果時間が短くなるので、気力MAXまで育てればすぐ効果が切れる。
ヘイスト状態になれば一瞬で切れる。
ヒートに限っては行動直前に喰らわない限り、カウンター行動以外で落ちることはなくなる。
ただ育て上げるまでに骨が折れるが。


DFFにはこれと逆の意味の名前のアクセサリが登場する。