Top > ミニゲーム > 【シド救出イベント】


ミニゲーム/【シド救出イベント】

Last-modified: 2019-04-06 (土) 23:29:07




FF6 Edit

世界崩壊後に起こる最初のイベント。
セリスを操作し、寝込んだシドを食べさせることで回復させる。
 
このイベントでは実はシドにHPが設定されていて、
これが時間の経過と共に減っていき一定値以下になると死亡する。
このHPを魚を食べさせることで回復させるのだが、種類が普通以上の魚を食べさせないと
逆にHPが減る仕組みになっている。
 
魚の種類はアイテムの大事な物で確認できる。
ちなみにシドに最大ダメージとなるのは「まずい魚」ではなく、アイテム欄で「魚」とだけ表示される魚である。


イベント的にはシドが死んだ方が盛り上がるのと、
ここに至るまでのシドの印象が悪いのとで、わざと殺す人も多いのではなかろうか?

  • それもそのはず、実はこのイベント「シドが死ぬのが『正史』として用意した」のである。そのため初見では救出困難なように設定したという。*1

もっと正確に言うと…
シドの初期HP:120
これを256以上にすれば生存、29以下にした状態で小屋に入り直すと死亡する。
尚、シドのHPは1秒につき1ずつ減少していく。
 
それぞれの魚によるシドのHPの増減
うまい魚:+32
普通の魚:+16
まずい魚:-4
魚:-16
 
シドの体調は話しかけた時のセリフと連動している。

HPセリフ
256~
(完治)
もう完全に回復したよ。この通りじゃ!ありがとうよセリス。
230~255何だか生きる希望がわいてきたよ。
200~229ありがとう。毎日毎日。セリスよ。
160~199ゴホッ! 大分よくなってきたよ。
120~159ゴーホッ ゴホッ なかなか治らんのう。
90~119もしかすると… 長くないかもしれん……
60~89ワシに何があっても …お前だけは望みをすてちゃいかん。ゴホッ ゴホッ
30~59ゴーホッ ゲホッ! セリス……ありが ゲーホッ まだ ガッホッ わしがしゃべれるうちに……ゲホッ ゲホッ!
~29
(死亡確定)
もうだめじゃ…

魚の種類は4種類
上から順に速い魚(うまい魚)、普通の魚(普通の魚)、普通の魚(まずい魚)、遅い魚()がいる。
捕獲するときは泳いでいるスピードでわかるが、厄介なのは普通の魚のスピード。
「普通の魚」と「まずい魚」はどちらも泳ぐスピードが同じなために見分けがつきにくく、
運悪く不味い方を捕獲してしまうときもあるだろう。
それでもめげずにがんばって漁獲しましょう。


「普通の魚」と「まずい魚」は海岸マップに入った瞬間の初期配置で区別できる。他の魚も同様。


助けるには少しばかり根気が必要。殺すのは楽…


このイベントの難しい所は、前述の通り「普通のスピードで泳ぐ魚が2種類いる」事だろう。
単純に「倍速で泳ぐ魚だけを捕まえる」ことで理論上は簡単に全快するが、
「シドに話し掛けると魚が新たに配置しなおされる」事を知らないとやや困難。
開始直後にダッシューズを履いてスタートし、
一旦フィールドに出てセーブ、倍速魚がいれば捕まえて食べさせ、いなければシドに話し掛けてから海岸へ。
なかなか倍速魚が出なかったらリセットしてやり直す。シドに話し掛けるときはベッドの右側からが確実。

  • 海岸に行く→うまい魚いない→シドに話しかける、を繰り返すだけでもシドは衰弱していく。
    つまりは時間を掛け過ぎてもダメである。
    少々面倒だがうまい魚を捕まえるたびにセーブし、その次に食べさせる方がいい。
    逆にうまい魚がいなかったらリセットしてしまうのも手。
    • 魚を捕まえる→セーブ→食べさせる、という手順がポイント。
      こうすることで、食べさせる=シドに話しかける=海岸の出現パターンがランダムになる、つまり1度の手順でうまい魚の再出現を手軽に狙える。
  • 救出する上で重要な要素はたくさんあるのだが、ゲーム中全くのノーヒント。初回はまず失敗する。
    その後の展開を見るに、初見で成功できないようにあえて難しく作られているのだろう。
  • どうしても良い魚が手に入らないことも多い。そのためやり方を知っていても結構に左右される。
  • 普通のスピードで泳ぐ魚が2匹いた場合は両方捕って構わない。差し引きで+12。
    普通のスピードの魚1匹だけの時が厄介。
  • 人によってはなぜか居座る鳩が邪魔になるらしい。どう足掻いても退かせられない鳩の接触にも注意が必要。

低歩数攻略の時は当然放置。この時のシドは病死ではなく餓死になる…。


タイムアタックのときは、身投げイベントをカットできる生存ルートのほうが早い。
だが初回にうまい魚がいなくて魚(一番遅いの)がいた場合、わざと殺すことに・・・

  • 普通のタイムアタックならこの辺でセーブ、初回にうまい魚がないのを見たら即リセットが良いと思う。RTAならどっちも戦略だが

毎回これ生魚…与えてるよね…?

  • プレイヤーの見えない所で焼いているんだろう。超スピードで。
    まぁ生でも食えないころはないが。(刺身など)
    • 果たしてセリスに刺身と云えるレベルまで魚を捌けるのだろうか?
    • 抵抗力の低下している病人にとって、刺身等の生肉系は非常にリスキー。
    • 見えないだけで、ファイアやサンダーで焼いてるんだよきっと。
      (2つとも魔石でないと覚えられないのは置いておいて)
    • セリスはブリザドとケアルなら確実に使える。普通はポイゾナもまず覚えている。
      ……本気で刺身かもしれない。氷結と回復で鮮度保持、そして毒抜きまたは中毒対策。
    • 生魚だとした場合、それを食べて余命わずかから全回復するシドの生命力には驚嘆せざるを得ない。
    • 北海道(アイヌ)には、食材を凍らせることで寄生虫などを殺虫、滅菌するという伝統の調理法を用いた
      ルイベという料理がある。やろうと思えばよわいブリザドで調理出来なくはないかもしれない。
    • それ言ったら、二分前まではそこまで弱ってなかった人間が衰弱死するのもおかしいぞ…
    • 確かに病気持ちの人間にとっては危険だが、食べ物に含まれている栄養素やビタミンの多くは過熱によって壊れてしまうので、生食自体は栄養補給の手段としては理にかなってる。(寒冷地の先住民族が生で肉を食べるのはそのため。過熱した方が吸収が良くなるものもあるにはあるが)。
      環境破壊などの影響で植物が滅んだ場合、栄養補給の手段は生の肉や魚を直に食べることしかなくなるので、生肉を食べ慣れている人の方が地球環境が悪化した環境下での生存率は上がる。
      まあ、普段から習慣的に食べ慣れてる地域の人でない限り、危ないのは確かではあるが。

イベント中シドはベッドの左側の机付近からベッドに歩き、横になるという動作を取る。
話しかけて魚を与えられるのはベッドに入った時なので面倒。後の展開を考えると
セリスが魚を捕っている間にイカダを作っているのだろう。
イベント自体は数分で終わるが、「ありがとう。毎日毎日。セリスよ」とシドが言っているので作中の日が経過しているようだ。


助けても、アイテムが貰えたり、EDが変化したりはしない…

  • せめて魔石ケーツハリーのヒントぐらい…
  • 誰を連れて行っても反応は同じ。セリスがいなくても「セリスありがとう」みたいな事を言う。
    死こそ免れたが、もう五感も満足に働かないほど衰弱しているのかも。
  • 普通に歩き回ってるから、さすがに大丈夫なんじゃないかな・・・

このイベントのおかげでその後、セリスに対してかなり親しみを持てるようになるんじゃないかな。
世界崩壊前のオペラもそうだけど、
「スラッとしたツンケン女将軍」から「第2の主人公格」へ『自然なかたち』で移行させる
重要なイベントのひとつだと思う。

  • セリスが
    「おじいちゃんの具合が・・・魚を・・・はやく魚を・・・」
    と必死になって魚とりしているのをイメージしてた俺。死なせてしまった時は泣いた。
    FF6で1番泣けるシーンだと思うの俺だけかな。

死亡させた場合、シドは手紙を残す。内容は以下の通り

「外の世界へ出ろ。
 仲間はきっとお前の事を待っている。
「ストーブの横の階段から下へ降りなさい。
 そこに答えが待っているから。
     おじいちゃんより」


昔読んだVジャンプだかファミ通だかの攻略本でこのイベントに関する記述が全くなくて、
「海岸に行って魚を獲って戻るとシドは息を引き取っている。」とかしか書いてなかった。
記事の文でも考えてる間に1回も戻ることなく制限時間が過ぎてしまったんだろうか…。


2018年にて紹介された動画でこのイベント中(通称:シドタイマー)のセーブデータを駆使する事で
『特定のイベントマスをスキップし強制イベントをスルー出来る』事が発覚。
低歩数・低レベル・RTA界に衝撃が走った。ただし他の時間制限イベントや同じシドタイマーで上書きされてしまう他、
SFC版(及びVC版)でしかできない。また持ち込めるのはニューゲームだけで別データに持ち込む事もできない。
FF産みの親坂口氏も認知しており、紹介しているニュースサイトをリツイートしていた。

  • こちらの詳細は【タイマー持ち込み】の項目を参照。
    【視聴覚室】





*1 ファミ通2019年4月13日号「FF6:25周年特集」のインタビューから