Top > 青魔法・敵の技 > 【チョコボックル】


青魔法・敵の技/【チョコボックル】

Last-modified: 2017-10-09 (月) 23:13:44

特技/【チョコボックル】






FF7 Edit

てきのわざ」のひとつ。チョコボからしかラーニングできない。
「戦闘から逃げた回数×使用者のLv」分のダメージを単体に与える(防御力無視・無属性)。
Lv40のキャラが戦闘から250回逃げていれば9999のダメージを与える事が可能。
それでいて消費MPはたったの3。…恐ろしい技!
故にナイツオブラウンドに次ぐバランスクラッシャーとも呼ばれている。

  • 実は物理攻撃扱い。回避率の高い敵にはロクに当たらない。
    • かばうも発動する。ラーニングできるのは「かばった」キャラ。
      かばわれたキャラはラーニングできない。

覚えるためには「4の倍数のLVのチョコボに野菜を複数与え、
その後にレベル4自爆をかけ、カウンターで使用される
チョコボックルをラーニングする」という複雑な手順を踏む必要がある。
また低レベル攻略・短時間攻略等にも使用可能な優れた技のため、
当時のネットでは必死に条件を探されていた。


体感的な強さはKORを越えうる。
エフェクトの短さ、消費の少なさ、そしてなにより入手タイミングの早さがすばらしい。

すばらしすぎて戦闘がつまらなくなるので、封印推奨。


エフェクトは「チョコボ以上デブチョコボ未満」的なやや太めのチョコボが現れ大ジャンプした後
敵の頭上に落下、直撃!そしてあたりに星が飛び散るというファンシーさ。


敵のチョコボが使用する時もこちらの逃走回数で計算を行う模様。
逃走回数が多い場合Lv16のチョコボでも結構なダメージを与えてくるのでラーニング時は注意。


逃走回数が0回だと、計算式上では0ダメージになるはずだが、実際には1ダメージを与える。

  • 6000回以上逃げていてレベル99のキャラに使わせると、内部ダメージは60万を超えることになるが、計算式が単純なためかオーバーフローは起きない。

FF7(INT版) Edit

インタ版では与えるダメージの量が「戦闘から逃げた回数」になってしまい
恐ろしいほど弱体化してしまった。

  • ちゃんとしたダメージを与えられるくらい逃げ続けるなら、普通に攻略したほうが早いという
    序盤の技にしても使いどころが見当たらない困った技。解体真書にも「利用価値無し?」と書かれてしまった。
    • せめて「戦闘から逃げた回数×ラーニングしたてきのわざの数」にでもしていれば、利用価値はあったはず。
  • 仮に「エンカウント→逃走」を1分でできたとしても
    最高ダメージにするには9999分=166時間39分=約丸7日間かかるわけだ…
    1000ダメージにすることですら16時間…
    • 一応固定ダメージなので低レベル攻略などで大活躍する日がくる…かもしれない
    • 比較対象として、デスペナルティの最大強化が一戦あたり敵4体として戦闘回数16500回ほど必要なので、
      最大限強化するにはその半分強の戦闘回数が必要で、しかも逃走なのでデスペナルティと一緒には強化できない
      と言えばとてつもない時間がかかるということが理解できるかも?
    • Windows版でゲームブースターを使い5倍速、方向キーとPgUp/PgDn(PS版のL1/R1相等)押しっぱなしで放置したところ1時間で500回強逃走した。
      オリジナル版なら単純計算で1時間あたり100回逃走で約100時間(4日とちょっと)必要?

大ダメージを狙うのではなく、好きな固定ダメージを与えられるという点に着目するべきなのかもしれない。
味方を対象にできればフィーバーの発動手段として結構便利だった気がするので残念である。
敵をフィーバー状態にさせてみたい時や、重力無効の敵をへんかさせる際のHP調整に使う?