忘れられた交叉路

Last-modified: 2021-04-09 (金) 18:15:36

忘れられた交叉路

  • プレイヤーが最初に足を踏み入れることになるエリア。ストーリー進行に従ってエリア背景が変わる特殊なエリアでもある。
  • ダートマウス・緑の道・胞子の森・霧の渓谷・涙の都・水晶山・安息の地と繋がっている。
    • 緑の道へは道を塞ぐオオバルダーを倒す必要がある。復讐の魂が必須。
    • 胞子の森のへは蛾の羽根の衣が必要。
    • 霧の渓谷へはイズマの涙が必要。右側に入り込める。
    • 涙の都はあちらからエレベーターを起動する必要がある。
    • 水晶山は上側の入り口を破壊のダイブで破壊するか、下側の入り口をランタンで照らしながら入るの2択。ただし後者は先に進むのに追加料金が必要。
      また内部の探索にはどのみちカマキリの爪が必須で、ジオを貯めて序盤から来ても旨味は無い。
    • 安息の地へはトラムの乗車券を手に入れてトラムに乗ると行ける。

アイテム

  • 仮面の破片×2
  • 器の破片
  • ハロウネストの紋章(要:カマキリの爪。入り口の井戸をジャンプで登っていくと横道がある。)
  • チャーム「ソウルキャッチャー」
  • チャーム「輝く子宮」(要:水晶の心臓)

その他探索ポイント

  • 芋虫×5
  • 温泉
  • 宝箱(偽りの騎士撃破後 200ジオ)
  • ささやきの根(エッセンス29)
  • ささやきの根(エッセンス42):先祖の塚、天井の一角に光が差している場所があるのが目印

NPC

出現する敵

通常敵ボス
アスピッドエイヘイムシグラザーママ(攻略)
コアスピッドツノムシ偽りの騎士(攻略)
アスピッドママチョウヤクムシ悩めるモーレック(攻略)
ハイズリムシタイショウムシ失望の王者(攻略)
ゴームマゴット
グラザーシュウリムシ
ホウロウムシチクチク
イカリバエ

サブエリア:先祖の塚

  • 偽りの騎士討伐後に訪れることができる。エリア左にあるレバーを叩くとコーニファーがいた通路と繋がる。
  • 中にいるカタツムリの霊媒師と話すと、魔法「復讐の魂」を習得。代わりに、祖先の塚の中にいるオオバルダーを倒さなければ祖先の塚から出られなくなってしまう。
  • 次の目的地である緑の道に向かうには、道中にいるオオバルダーを倒さなければならない。オオバルダーを倒すには魔法が必要なので、必ず祖先の塚に立ち寄る必要がある。
  • 塚内部にはソウルの像と生命の繭が1つずつ存在するため、オオバルダーに苦戦する場合、もしくはソウル切れを起こしたら探してみるといい。

    • 出現する敵
      • バルダー
      • オオバルダー
      • チクチク
      • イカリバエ
      • ホウロウムシ

サブエリア:黒卵の神殿

  • ラスボスの眠る地。
    初期状態では入口までだが、特定の条件を満たすと中枢に入れるようになる。
  • ストーリー進行度次第ではNPCクィレルやホーネットが神殿の中に現れる。
  • 中枢にはベンチと、調べるとゲーム達成率を確認できるようになる石碑がある。更に右に進むとラスボス戦。
    • 確認できる項目は「達成率」「狩猟者の書」の2項目。
      達成率はアイテムのページの右下に%で、狩猟者の書は遭遇/完成それぞれが表示される。
      詳しい内容は達成度狩猟者の書をそれぞれ参照。

補足:汚染された交叉路

  • 統治者の翼を入手、もしくは夢見の守護者を一人倒すとエリア名が「汚染された交叉路」に変化する。
    エリアの背景が変わり、「偽りの騎士がいた所から祖先の塚への道」と「スタグの駅から下方向に向かう道」の2つが汚染塊で埋まって通行できなくなる。
  • 追加敵は以下の通り。
    • オオイカリバエ
    • チャッカグラザー
    • ヨダレムシ
    • チャッカムシ
    • 光輝の種

台詞

【緑の道へ続く道標】

巡礼者の道
ハロウネストを旅する者たちは、豊かな森と菌類の林を抜け、王国の中心たる都へ向かう。そしてすべての願いはかなえられ、すべての真実は明らかにされる。

【ゴームの死体】

岩と一体化し、化石化したゴームだ。

【ささやきの木】

  • 忘れられた交叉路
    …曲がりくねった道…
    …旅する者たち…
    …封印された器…
  • 先祖の塚
    …調整されたソウル…
    …らせんの集中…
    …遠ざけられた力…

【黒卵の神殿・石碑】

器よ。運命に縛られながらも、
そなたはこの世界の状態を理解している。
ハロウネストは再び完全となるだろう。

キャラクターメニューでゲーム達成率を確認できるようになりました

【シュウリムシの日記】

親愛なる日記さん
生きるってすばらしいと思わないかい? ぼくは看板を直し、ポストを修理する。どんどん壊してくれてかまわない!
修理にかけてはぼくの右に出る者はいないからね。
時々自分はハロウネストで一番の幸せ者なんじゃないかと思うよ。
こんにちは日記さん
次の大集会が近づいている! ぼくらは隠密に動く者たちだけれど、集まれば荒っぽいこともする。
そしてメンダー・ベリーはぼくにあの笑顔を見せ続ける! そろそろ勇気を出して行動に移るときかもしれない。
ぼくは自分の家と生活を愛しているけれど、ほかの者とそれを共有するならば、ベリーはまさしくそれにふさわしい!
ぼくの愛しい日記さん
誰かがまたぼくのお気に入りの看板を壊したようだ!交差路の一番上のあの場所さ。これでもういったい何度目のことか!
でも怒るわけにもいかない。むしろ感謝するべきだろう! あの美しくて複雑な看板を、また修理することができるんだから。
予備の部品も十分に用意しているから、すぐに元通りになるだろう。