コーニファー

Last-modified: 2021-05-11 (火) 19:12:25

コーニファー


各地で出会えるNPC。ジオと引き換えに地図を売ってくれる。
どのエリアでもコーニファーに近づくと鼻歌が聞こえ、周辺には紙切れが落ちている。それらを頼りにコーニファーを見つけるとよい。

地図が存在する全てのエリアに出現するが、地図を買わないままストーリーを進行(特定の部屋に入る)すると姿を消し、元々いた所に出会えなかった旨が書かれたメモが購入の有無に関わらず残される。
忘れられた交叉路で地図を買うか、偽りの騎士のいる部屋に入ってメモを出すとイゼルダの店が開店する。

全てのエリアの地図を購入すると、コーニファーはダートマウスにある家に移動する。
家にいるコーニファーは常に眠っているため、すべての地図購入後はコーニファーと話すことはできなくなる。

各地図の価格

  • 王の道とダートマウスはどこでもいいので地図を一つ買うと表示可能になる。
  • 地図を取り逃した場合、イゼルダの店に未購入の地図が売られるようになる。
    現地で買えばイゼルダから買う時の75%の価格で買えるため、可能な限り現地で買っておきたい。
    安息の地はどう入っても直接買うことはできず、必ずイゼルダ経由になる。
場所価格イゼルダ
忘れられた交叉路3040
緑の道6080
胞子の森75100
風鳴りの崖75
涙の都90
水晶山112
王家の水路75
古代の穴112
安息の地75
暗闇の巣38
霧の渓谷150
王国のはずれ112
女王の庭150

台詞

【共通】

  • 初回(地域問わず)
    ウム? なんだねきみは? この美しい廃墟を探索するためにおりてきたのか? わたしのことは気にしないでくれたまえ。
    わたしも探索が好きでね。道に迷ってそこから出口を見つけたときのあの喜びは、なにものにもかえがたい。わたしもきみも、まったくもって幸せ者だよ。
    わたしは地図の制作を商売にしていて、今はこの周辺の地図を作っているところだ。これまでに出来上がったものを買っていくかい?
  • 拒否(ジオは足りている)
    興味はないということかね? それもよく理解できる。見知らぬ洞穴の中を、地図を持たずに自力で道を探していくというのは、これまた非常に刺激的なことだからね。
  • 拒否(ジオが足りていない)
    ジオが足りないのか? それなら仕方がない。タダでプレゼントしてあげたいところだが、そんなことしたら家内が怒るだろうからな。「ジオがなければ食べ物もないのよ」なんて言ってな。
  • 一度拒否してからもう一度話しかける
    ウム? やっぱり地図を買う気になったのかい?
  • 初回購入直後
    地図は便利なものだが、自分のいる位置までは示してくれない。方向感覚に自信がないなら、わたしの家内のイゼルダからコンパスを買うことをおすすめするよ。
    彼女はちょうどダートマウスにわたしたちの店を開いたばかりで、きみのような探索者に役立つようなものをたくさん売っている。ときにはわたしが以前に描いた地図を売ることもあるな。
    わたしも一帯の地図を描き終えたら家内に会いにいくつもりだよ。彼女はわたしを見るといつだってよろこんでくれるからね。
  • 初回購入直後2回目
    そういえばまだ自己紹介をしていなかったかな? いや、これはすまなかった。ひとりで長い時間をすごし、自分の考えの中にいると、会話のマナーというものを忘れてしまうようだ。
    わたしの名前はコーニファー。若いころより世界を探索し続けてきた。なんでもわたしは卵からかえった瞬間から、母や兄弟姉妹たちを置きざりにして徘徊をはじめたそうだよ!
    そんな性格だったものだから、機会が訪れ次第、家内といっしょにダートマウスに引っ越してきたのだ。自分の家の目の前に探索可能な巨大な王国があるなんて、まったくたまらない話さ。
    おっと、引き留めてしまったな。運がよければまた会えるだろう。それじゃ気をつけてな!
  • 立ち去った後に残されるメモ
    残念ながら今回は会えなかったようだな。
    道がわからなくなるようなら、ダートマウスにあるわたしたちの店でこの一帯の地図を買うといい。
    特別価格で販売しているぞ!
    ー コーニファー
  • 夢見の釘
    …世界の姿を記録する。なんという喜び… この興奮をイゼルダと分かち合うことができれば…

【忘れられた交叉路】

  • 購入後3回目以降、忘れられた交叉路のみ
    わたしの地図は役に立っているかね? なるべくすべてを埋めようとしているのだが、どの地図もなかなか完成にはいたらなくてね。
    自分で地図を描き足したかったら、ダートマウスにいるわたしの家内から地図製作用の道具を買うといい。わたしたちの店ではいろいろと役立つ道具を売っているからね。

【緑の道】

  • 購入前
    ここはあの交叉路とはまったく対照的な場所だな。湿気があって、生命に満ちている。曲がりくねった道もまた、なんとも魅力的だ。
    どうにか周辺の地図は作成したが、ここら一帯の生き物たちに対処するのはまったく骨が折れたよ。
  • 購入後
    ここに来る途中、ほかの探索者を見かけたよ。呼びかけたんだが、彼女はわたしのほうをろくに見もせず、走り去ってしまった。わたしやきみとはちがい、地図に興味がなかったのだろう。

【胞子の森】

  • 購入前
    ああ、我が小さな友よ。ちょうどよいところにきた。ちょうどこの毒々しい洞穴の地図を描き終えたところだよ。
    ここらは縄張り意識の強い連中が多いようだな。ああいった連中はなるべく避けたほうがいい。
    さらに下におりたところでは、身体が細くて奇妙な生き物がいて驚いたよ。それなりの知能をもっているようだったがね。
    わたしが若ければ彼らの洞穴を探索するところだが、もしあんな連中が襲ってきたら、今のわたしの体力では逃げ切る自信がない。
  • 購入後
    しかしこの洞穴のにおいはたまらんな。わたしの鼻はとても敏感でね。見たところきみに鼻はついていないようだが…
    つまりきみは、においを嗅ぐことができないということかね?

【風鳴りの崖】

  • 購入前
    このピリッとした空気は悪くないな。わたしたちはハロウネストの境界に近いところにおり、その先は荒野が広がっている。
    こっちの方角においては、探索はここまでだろう。窮屈な洞穴の外に出られたのはよかったがね。
    一帯の地図を少し描き上げたよ。まだまだ完全ではないがね。ここら全体を把握するのがこんなに面倒だとは思わなかったよ。
  • 購入後
    この崖の上で奇妙なムシに会ったよ。彼の家はここからそれほど遠くない。
    とても存在感があって、まちがいなく釘の使い手でもあるだろう。わたしよりもきみのほうが、彼と話が合うかもしれんな。

【涙の都】

  • 購入前
    ここはこれまで通ってきたあの無秩序で曲がりくねった洞穴とは大ちがいだな。雨がなにやら悲し気な雰囲気をかもし出しているが、これらの建築物は見事としかいいようがない。
    ここまで様子のちがう場所の地図を描くのは簡単ではないが、やりがいも感じるよ。
    これまでに作成した地図を買っていくかね?
  • 購入後
    このような場所まで、お互いはるばるやってきたものだな。建物内を歩き回る際は、イゼルダへの土産となるものがないか気をくばるとしよう。

【暗闇の巣】

  • 購入前
    ま、まったく薄気味悪い場所だ。道は暗くて迷路のようだし、突然きょ、狂暴な生き物は飛び出してくるし。
    しっかり準備が整っていないのであれば、さっさと立ち去ったほうがいい。だがもし先に進む自信があるというのなら、わたしの地図を買っていかんかね?
  • 購入後
    け、獣たちは怒り狂っているし、まったくなんと恐ろしい場所だろう。ここから脱出するのも簡単じゃないから、わたしは、も、もうしばらくここにいることにするよ。

【古代の穴】

  • 購入前
    これらはずいぶん古い洞穴のようだね。頭上の王国の重みを感じないかい? なんともいえない重みをね。
    こんな深くまで来た者はそう多くないだろう。ここ最近の歴史においていえば、わたしときみだけかもしれないな。
  • 購入後
    ここから店までは長い道のりだ。ここでもう少し足を休めてから戻るとするよ。
    イゼルダが心配するので、そんなにのんびりはしないがね!

【水晶山】

  • 購入前
    山登りにきたのかい? この上の頂に関する話を聞いたことがあるよ。わたしが登るには高すぎるがね。それにわたしは高いところが苦手なんだ。
  • 購入後
    水晶が身体にささって怪我をしてしまったよ。あれは恐ろしく鋭い上に、あらゆるところに生えている。上に登るなら、くれぐれも気をつけることだね。

【王家の水路】

  • 購入前
    ホッホッホ。なかなか刺激的な水路じゃないか。まるでパイプとトンネルの迷路だな。
    わたしの才能を発揮するにはもってこいの場だ。原始的で不規則な洞穴とはちがい、ここはすべてが規格によってきっちりと作られている。
    だが悲しいかな、この少し先からまたあの胞子の森がはじまっているようだ。わたしの直感がそう告げている。この湿った土地の探索はもうすぐ終わり、ここの地図の作成もこれまでということかな。
  • 購入後
    かつてはここのパイプや空間を使って都のゴミを運んでいたのだろう。ひどい悪臭にみちていてもおかしくないが、降り続ける雨のおかげですべて洗い流されたようだ。

【王国のはずれ】

  • 購入前
    ここはなかなか快適な小部屋だな。外をしばらく探索していたのだが、ちょっと休憩がしたくなってね。
    都のこちら側はなかなか静かな景色が広がっているようだ。もっとも、あたりの生き物たちは狂暴きわまりないが。
  • 購入後
    この様子を見るかぎり、都の住民たちはこれより先に建物を作ることをためらったようだね。いったいなにが彼らを押しとどめたのだろう?

【霧の渓谷】

  • 購入前
    ホッホ! ハロウネストが変わった場所なのは知っていたが、この洞穴の奇妙さは別次元のものだな。
    この下にある黒い門のようなものを見たかい? なんとも不気味な感じがしたから、近づかないようにしたよ。
    幸いわたしはほかの入口を見つけることができたがね。酸の中をかき進んだせいで、少々身体が焦げついてしまったが。
  • 購入後
    このすぐ下に大きな建物がある。湖の真ん中にあって、なかなか大したものだよあれは。
    中に入ろうとしたのだが、あそこはあの透明なゼリー状の生き物の巣になってしまっている。
    まったくほんとうに… 気色悪い連中だよ。それにさわるとひどい衝撃が走るしな。

【女王の庭】

  • 購入前
    ハロウネストの女王について聞いたことはあるかね? この庭は女王の静養所だったようだな。
    いまでは植物が生い茂り、獰猛な連中がはびこるようになってしまったが。
    危険な場所ではあるが、探索を楽しんでもいるよ。その成果を見たいかい?
  • 購入後
    この庭の中心にはスタグの駅がある。誰かが扉に鍵をかけてさえいなければ、あそこで一休みするんだがね。