神の家

Last-modified: 2021-02-20 (土) 12:26:25

概要

ボスラッシュマップ。
王家の水路から隠し通路を抜け、ガラクタ穴に出てそこからアクセスする。単純な鍵が1つ必要。
5つの神殿、ボスと個別に対戦できる石像部屋に分かれておりベンチ、温泉も備わっている。
最後の神殿は驚異の42連戦、負けるともちろん最初から。
石像部屋の一撃死難易度「光輝」も含め、このゲームのエンドコンテンツ。

神々の間

神殿の下のフロアに存在する。基本的には今まで倒したことのあるボスの石像が林立しており、好きなボスと戦える。

  • 神殿で初登場するボスについては一度でも遭遇すれば解放される(倒す必要は無い。ので練習できるようになる)
  • 灰色の王子ゾート はゾートを見殺しにした場合解放されず、また神殿にも出現しない
  • 悪夢の王グリム は撃破or追放どちらでも出現する他、ハロウネストの神殿で遭遇しても解放される

一部のボスは台座の横のレバーに攻撃することで切り替わる。
夢見の釘で戦えるボスは台座の丸い部分に夢見の釘を当てると切り替わる。
(あの丸いのはエッセンスのマーク=夢見の釘を当てろという印。ここ以外にもある)

難易度が三段階あり、

  • 本編と変わらない「通常」
  • ダメージが2倍(2ダメージは4ダメージになる)、HP微増、一部環境も変化する「上位」
  • 上位クリア者にのみ開放される、攻撃でも棘でも落下でも問答無用で一撃死の「光輝」

となっている。
すべてのボスを通常難易度で撃破すると右下の部屋のロック解除、狩猟者の書に「虚無の像」が登録
通常→上位→光輝とクリアしていく度、像の姿と狩猟者の書の記述が変化する。

右上の部屋には絶対的なるラディアンスの石像がある。
こちらもハロウネストの神殿で一度遭遇すれば使用できるようになる。

神殿

神殿毎に異なるメンバーが用意されたボスラッシュの間。
挑戦には新規ボス以外の全てのメンバーと遭遇、ないし撃破しておく必要がある。

各種神殿のラストまたは途中には本編に登場しなかった新ボスが待ち構えている。
負けてしまっても石像部屋に登場するのでそこで練習できる。
その時点での新規ボスは赤字で表記。

なお挑戦時、自分で4種の縛りを入れることが出来る。

  • 釘:釘のダメージ2割減。減少結果が13以上の場合13まで減少(チャームによる補強は可)
  • 殻:ライフ上限が4に減少(チャームによる増強は可)
  • チャーム:チャーム効果すべて無効化
  • ソウル:ソウルの器の上限が1/3に、追加分の器も封印(魔法1回分しか溜まらない)

縛りは1つだけでも強烈だが見返りはあり、エンブレムの数だけ石像部屋の左の部屋のランプが点灯していく。
8つ解除すると部屋が開き、中にある青いエッセンスに夢見の釘を当てることで、各神殿の温泉部屋に青ライフの繭が湧く。8解除で3体、12解除で4体、16解除で5体。活用する場合青ライフ取得後にベンチに座らないこと。追加ライフなので当然消える。
 
第5神殿を含めた全ての神殿の縛り20項目をクリアすると、第5神殿から左に落下した先の行き止まりの壁に亀裂が奔り、最終到達地"嵐の地"へと進むことができる。ここでは狩猟者の書に「風化した仮面」を登録できる。
 ※風化した仮面を取ると嵐の地には入れなくなるので、観光は計画的に
 
なお、縛りは一気にクリアしなくても1つずつ個別の縛りでOK。縛りクリアするとリザルト画面のクリアマークに各縛りに対応したエンブレムが表示される他、神殿扉上に常時エンブレムが飾られるため達成度合いが一目で分かるようになる。
 
更に4種を同時に縛ってクリアすると神殿入口のエンブレムが金色に輝く。だからといって特に見返りはないのだが、プレイヤースキルの証明としてキチンと評価されるためがんばってみるもよし。……全縛り状態で42連戦を突破する猛者もいるようだが(ほんとに人間か?)。

練達者の神殿(第一)

イカリバエの王→グラザーママ→偽りの騎士→ダイコケグマ→ホーネット(1回目)→温泉→ゴーブ→フンコロ騎士→ソウルの戦士→悩めるモーレック→釘師オロ&メイトー

芸術者の神殿(第二)

ゼロ→スイショウゴエイムシ→ソウルの師→オブロブルズ→カマキリの王→温泉→マーム→ノスク→スイツキマーム→壊れた器→絵師シオ

賢者の神殿(第三)

ハイブの騎士→長老フー→収集者→神の調教師→グリム→温泉→ガリエン→灰色の王子ゾート(Lv3)→ウームー→ホーネット(2回目)→偉大なる釘の聖者スライ

ゾートは各種子分(羽、足、幽霊)を召喚するレベル。本体のダメージは1。

クリアするとゴッドシーカーモードが解除される。
すべての要素を解除した状態で神の家のみを遊べるモード。ただ元々のデータでやればいいので存在意義がないような気が…

騎士の神殿(第四)

※解放条件:第1~第3神殿クリア
憤怒のゴエイムシ→失われし同胞→メナシ→造反者の長→純白の騎士→温泉→失望の王者→マーコス→監視塔の騎士→ソウルの圧制者→純粋なる器

ハロウネストの神殿(第五)

※解放条件:第4神殿クリア及び「虚無の心」取得済

  • 場所
    第4神殿クリア後、第4神殿の屋根上に出現する球体を攻撃。
    すると3階の外壁を上ることで更に上のエリアに進めるようになる。
    そのエリアにある温泉の天井が空いており、更に上ると神の家の屋上に到達。
    その中央部に『上昇』のための最後の神殿がある。
    • ちなみに屋上階から右側に落ちると、ベンチと登る為の足場を降ろす為の球体がある。

一部の敵は難易度「上位」のステージで出現する。攻撃力やHPは変化なし。
クリアするとこのゲームの最難関実績「虚無との抱擁」が解除される。
通しでプレイすると1時間弱程度掛かるので、時間に余裕がある時にどうぞ。

No出現備考
1イカリバエの王上位環境:2体同時
2グラザーママ上位環境:トゲ穴あり
3偽りの騎士
4ダイコケグマ
5ホーネット(1戦目)
6ゴーブ上位環境:柱3本の足場
7フンコロ騎士
8ソウルの戦士上位環境:雑魚召喚あり
9悩めるモーレック上位環境:中央段差無し ゲスト登場
10釘師オロ&メイトー
-温泉
11ゼロ上位環境:大小足場3つ
12スイショウゴエイムシ
13ソウルの師
14オブロブルズ
15戦いの血族新ボス、カマキリの王の後半が三体で連携してくる
-温泉
16マーム上位環境:壁と天井にイバラ
17スイツキマーム
18壊れた器
19ガリエン
20絵師シオ
-温泉
21ハイブの騎士フェーズ3(全攻撃解禁)から開始
22長老フー
23収集者上位環境:召喚雑魚が強化
24神の調教師
25巡業団の長グリム
-温泉
26監視塔の騎士
27ウームー上位環境:酸の池が穴に
28翼の生えたノスク初登場、飛行するノスク 初見注意
29偉大なる釘の聖者スライ
30ホーネット(2戦目)
-温泉
31憤怒のゴエイムシ
32失われし同胞
33メナシ上位環境:イバラ部屋
34造反者の王
35純白の騎士
-温泉
36ソウルの圧制者
37マーコス上位環境:放射状に5つの足場
38灰色の王子ゾートLv3(全子分解放)
39失望の王者
40悪夢の王グリムステージ両端が穴
-温泉
41純粋なる器戦闘後HP全快
42絶対的なるラディアンス初登場、強化版最終ボス

束縛(縛り)プレイに挑戦する人へ

目指せ嵐の地

風化した仮面を求めて


釘技や各種魔法といった、自機の性能を最大限発揮しないとクリアは困難を極める。

どの縛りにも言えることだが、被弾ごり押しプレイで縛りを攻略するのはかなり難しい。
縛り毎にそれぞれ、攻撃力、体力、総合力、回復力が低下するため、被弾が嵩むと回復が間に合わなくなる。
先に神々の間で練習し、ある程度被弾しない立ち回りができるようになっておこう。
縛りは複数同時選択することもできるが余程腕前に自信があるのでない限り個別に挑戦することを推奨する。

    • 釘攻撃力が20%減少。但し最大でも13(3段階目相当)。
      釘攻撃力が大幅に低下する。
      繊細or壊れぬ力でのチャーム補強は可能だが今まで釘振りブンブン丸だった人にはきつい縛り。
       
      魔法の威力は低下しないのがキモで、釘攻撃はソウル回収と割り切り魔法主体の構成で挑むべし。
      他の縛り挑戦にも備えて魔法の使い方を憶えるつもりで挑戦するとよい。
      回復面でもソウルは通常通り使用できるので、いっぱい被弾しても回復はできると縛りの中では最も簡単。
       
      問題は賢者&ハロウネストの神殿。
      収集者、灰色の王子ゾートが出現するが、こいつらの召喚する雑魚が一発で倒せなくなっている。
      チャームで補強すると一発になるので
      ここの釘縛り挑戦時は繊細or壊れぬ力での釘火力の補強が必須となることを覚えておこう。
       

    • 初期ライフが4になる。
      封印されたライフは一切機能しないが、繊細or壊れぬ心や各種青ライフ増加チャームでの増強は可能。
       
      とはいえ被弾さえしなければ無いも同然の縛り。釘火力の低下もないので、プレイヤースキルが上がるほど楽になるともいえる。
      縛りクリアで解放される青ライフが使えると大分難易度が下がるので、難しいと感じたら他を優先して青ライフ解放してから再挑戦しよう。
       

  • チャーム
    • チャーム装備不可。
      強力なチャームの効果を一切失う。最もきつい縛り。
       
      連続斬り、重心安定、迅速なるフォーカス、誇りの印、釘師の栄光・・・等、
      操作そのものに大きな影響を与えるチャームを常用していた人ほど、その違いを矯正するのに苦労するだろう。
      攻撃面でも回避面でも、チャームで解決していた部分を補う実力をつけるしかない。
       
      幸いにして他と違い「チャームを外すだけ」で石像部屋での再現練習が可能なので、苦手なボスはみっちり練習しよう。
       

  • ソウル
    • ソウルの最大値が1/3。追加の器使用不可。
      魔法1回分しかソウルが溜まらない。
       
      魔法というのはフォーカスもそう。つまり回復が1度に1ライフしかできないということ。
      撃破後に6回復して全快なら実質ノーダメ……なんでムーブができなくなるということである。
      どうせ溜まらないのだからガンガン魔法に回して攻撃していきたい。
       
      どうしても被弾するのなら、体力増強、回復特化のチャーム構成にしてウヌの形態や強固な殻のフォーカス補助で細かく回復を狙うとよい。
      ただ、回復ばかりしないとならない状況に持ち込まれる時点でプレイヤースキルが明らかに足りていないので石像部屋でもっと練習しよう。

エンドコンテンツの最果てへ

これ以降は100時間越えを覚悟すべし

  • 全縛り
    釘、殻、チャーム、ソウルの全束縛を同時に実行する通称全縛り。クリアするとエンブレムが金色に輝く。
    が、それ以外に変化はない。青ライフ解放のカウントにも含まれない。ゲーム内におけるメリットも、追加の実績などもない。
    自己満足と言われればそこまでかもしれないが、どちらかといえば製作者からの最後の挑戦状と受け止めるべき。
     
    • 釘攻撃力最大13、初期ライフ4、チャーム装備不可、ソウル最大値1/3
      全縛りは各縛り1つずつの時とも異なる独特の操作感となる。
      釘攻撃力が低いのでメインは魔法となるが、その魔法も1発分しか溜まらず、連発できない。
      そうなると回復にソウルを使用するのはなるべく減らしたいが、そもそもライフが少ない。
      したがってチャームの恩恵の無い素の性能で、ノーダメ前提で、釘でソウルを溜め、できるだけ魔法を叩きこむのがセオリーとなる。
      釘3Hit毎に魔法1発、が染みついて来れば立派な全縛りプレイヤーだろう。
       
      こまかい動きについてはYoutubeなどで制覇者の動画を見るのが一番勉強になる。
      ブログやSNS、noteなどにもクリア者の話が転がっているので行き詰まったら探してみるのも吉
       
    • 特に難易度の高いボス
      • 2ダメージのボス(憤怒のゴエイムシ、造反者の王、悪夢の王グリム、純粋なる器 など)
        殻縛りでは2発で終了。とにかく被弾しない立ち回りが要求される。
        第4神殿に集中しているため、被弾しやすい人にとっては積む。
         
        のだが、実は挑戦しようという段階で石像部屋の光輝コンプリートくらいはしているはずなので
        それくらいやり込んだプレイヤーで、20~30分程度の集中力が維持できるなら、20回弱も挑戦すればクリアできたりする。
         
      • 雑魚召喚が強力なボス(収集者、灰色の王子ゾート)
        全縛りではチャームも無効化されるので雑魚が1撃で倒せなくなっている。
        召喚されるアスピッド・ゾートリングが2発かかるのは想像以上にキツく、難易度が異常に上がる。
        両者ともに第3神殿のため、全縛りにおいては第4より第3の方が難しいという人の方が多いくらい。
         

    • 第5神殿の全縛り
      論外。挑むなら相応の時間を費やす覚悟を持って。
      1週がとにかく長い。絶対的なるラディアンスまで到達したら軽く1時間を超える。
      挑戦一回に1時間半は見ておきたい。
      ひたすらボス戦なので、途中休憩を入れるのも考慮しよう。
       
      重要なのはとにかく被弾を避け、青ライフを維持する事。
      最初の10戦以降は5戦毎に温泉となり、青ライフが補給できる。
      青ライフがある限り回復を気にする必要がなくなるため、ガンガン魔法にソウルを回せる。
      また、例えDPSが高くても被弾リスクの高い行動は避けよう。
      長時間の集中力が要求されるため、考えることの多い立ち回りは少なくしたい。
      突進技などで影の衣のクールタイムに気を遣うよりは、ジャンプで避けれるようになった方が安定するだろう。
       
      全縛りに限った話ではないが、ボスラッシュという性質上、究極的には”一番最後の絶対的なるラディアンスを倒せるか”が全てである。
      道中は最後のラディアンスまでの助走に過ぎない。ラディアンスを倒せるだけのライフを道中で維持できるか、が攻略のキモとなるだろう。