Top > トーマスとゴードン


トーマスとゴードン

Last-modified: 2019-12-09 (月) 19:11:11

「可愛いトーマス君!大変な仕事とはどんなものか分かったかね?」
トーマスとゴードン

日本版タイトルトーマスゴードン
英語版タイトルThomas and Gordon/Thomas Gets Tricked
脚本ウィルバート・オードリー
放送日・1984年10月9日(英国)
・1987年4月6日(オーストラリア)
・1989年1月29日(リンゴ・スター版米国)
・1990年4月3日(日本)
・1993年5月18日(ジョージ・カーリン版米国)
・1998年2月19日(ドイツ)
・2008年1月1日(ハンガリー)
シーズン第1シーズン
この話の主役トーマスゴードン
機関車紹介トーマスゴードン
話数第1話
登場キャラクターAトーマスゴードン
リメイク版のみ:エドワードヘンリー
登場キャラクターB無し
登場キャラクターCヘンリークララベルジェームス貨車
登場キャラクターD無し
登場人物A無し
(リメイク版のみ:連結係員ウェルズワーズ駅のスピーカー
登場人物Bナップフォード駅の駅員ナップフォード駅操車場の作業員乗客ティッドマス機関庫の転車台の作業員
登場人物Cトップハム・ハット卿スティーブン・ハットトーマスの機関士トーマスの機関助手ジェームスの機関士トップハム・ハット卿の付き人見張り番ウェルズワーズ駅長ウェルズワーズ駅の作業員
登場人物D無し
登場スポット石切場の路面道路
ナップフォード駅
ナップフォード待避線
ナップフォード駅操車場
池沿いの線路
ティッドマス機関庫
ティッドマス第2信号所
ティッドマス貨物駅
三複線のカーブと信号所
ナップフォードのバスの車庫
クロスビー湖
ウェルズワーズ駅
ヘンリーのトンネル
給水塔
ウェルズワーズ転車台
高架橋
あらすじトーマスは自分が1番の働き者だと自慢して、疲れて寝ようとするゴードンを汽笛で起こしてしまい、ゴードンは怒って、仕返しに客車の最後尾にトーマスを連結したまま猛スピードで突っ走り、トーマスはヘトヘトに疲れてしまった。
対応原作・第2巻『機関車トーマス』第1話「トーマスとゴードン/なまいきなトーマス」
メモ第1シーズン、記念すべき第1話
トーマスゴードン初登場。ジェームスヘンリークララベルもカメオ出演。
トーマスの声を戸田恵子さん、ゴードンの声を内海賢二さんが担当する*1
イギリスと言う国名が直接出てきたのはこの話のみ。
・英国版や米国版では国名について、言及していない。
・リマスター版では高架橋のシーンでセットが途切れているのが確認出来る。
トーマスの顔を写す為か、トーマス客車に繋がっていないシーンがある。
・走行中アップで映るゴードンは、実は単機で撮影されている。
・未公開シーンではゴードンウェルズワーズ駅で止まっているシーンや、トーマスがクタクタになりながら走るシーン、トーマスウェルズワーズ転車台の上で怒ったり、泣き出しそうな顔になるシーンがあるが、尺の場合上カットされている。
・公式サイトでは写真は『あなにおちたトーマス』になっている。
・この話で学べるのは「口は災いの元」「身から出た錆」「仏の顔も三度まで」と「因果応報」と言う事。
原作との相違点・原作ではジェームスヘンリークララベルのカメオ出演は無い。
ゴードンが停車した駅は原作ではバラフー駅だが、TV版とリメイク版ではウェルズワーズ駅
・原作では寝坊したトーマス客車が文句を言う場面がある。
・原作絵本と人形劇英国版のナレーターの最後の台詞は「彼はのろのろと帰った。そして、それ以降気を遣い、ゴードンに悪戯をしなくなった。」。人形劇米国版と日本版は「台詞」欄を参照。
リメイク版との相違点・このエピソードは『きかんしゃトーマス トーマスのはじめて物語』でリメイクされ、「トーマスのテーマ」と「ゴードンのテーマ」もリメイクされた。
トーマスゴードンをからかう場所がナップフォード待避線からナップフォード駅操車場に変更。
・連結を外そうとする連結係員のシーンと、走り出してナップフォード駅の駅員が叫ぶシーンが追加。
・TV版では急行客車(緑)は3台だが、リメイク版では6台。
エドワードとすれ違うシーンが追加されている。
台詞ナレータートーマスは小さなタンク機関車。イギリスの、ソドー島大きな駅で働いている。6つの車輪にずんぐりした煙突、ボイラーも屋根も皆ずんぐりむっくりだ。トーマスはいつも忙しそうに、客車をあっちからこっちへと引っ張り、旅に出る大きな機関車の為に働く。列車がに帰った時に、空の客車を離して退かすのも、の仕事だ。トーマスは自分が1番の働き者だと思っている。悪戯っ子で、よく仲間をからかう。でっかいゴードンだって、お構い無しだ。」
トーマス「起きろよ、怠け者!僕みたいにちゃんと働けよ!」(初台詞)
ナレーター「ある日の事だ、急行を引っ張って来たゴードンは、くたくたに疲れて、待避線に戻って来た。丁度寝ようとした時、トーマスがやって来た。」
トーマス「起きろよ、怠け者!気分転換に走って、僕を捕まえてみろよ!アハハハハハ!」
ゴードン「クアーッ、トーマスめぇぇぇぇー!覚えてろ!いつか仕返ししてやるからなぁ!」(初台詞)
ナレーター「ある朝、なかなかトーマスの目が覚めない。罐(かま)の火が消えてしまったのだ。お客が待ってるのに、客車の準備が出来ない。やっと、トーマスが動き出した。」
トーマス「ふぁ~あ、参ったなぁ…。」
ナレータートーマスに駆け込むと、ゴードンが待っていた。」
ゴードン「何やってるんだ、トーマス!早くしろ!」
トーマス「煩いな!」
ゴードン「フッフン!このゴードン様を舐めるなよ…。…よし、今だっ!」
ナレーター客車が着くと、ゴードンは自分と客車を連結した。」
ゴードン「早くお乗りくださーい!」
ナレーター「普段、トーマスは大きな列車を後ろから押して、スタートを助ける。勿論、連結は外してある。ところが今日は、ゴードンが余りに速くスタートしたので、駅員は連結を外し損なってしまった。」
ゴードン「さあ、どうだ!トーマス!!」
ナレーター「列車はどんどんスピードを上げて行く。速過ぎて、トーマスは着いて行けない。」
トーマス「止めてっ!止めてぇー!」
ゴードン「まだまだぁ、付いて来て貰うぞぉー!ハハハハハハハ!」
トーマス「はあ…もう駄目だ…!車輪が壊れるよぉー!」
ナレーター「可哀想なトーマス。今まで走った事も無い速さで、走らされている。」
ゴードン「どうだ!参ったかぁ、トーマス!」
トーマス「助けてぇぇぇーーー!!」
ナレーター「やっと、列車は駅に止まった。トーマスはようやく連結を外された。もう、ぐったり疲れ切っていた。」 
トーマス「あ~あ、ゴードンに仕返しされちゃったよ…。皆に笑われるだろうなぁ…。」
ゴードン「可愛いトーマス君!大変な仕事とはどんなものか分かったかね?」
ナレータートーマスは答える事も出来ない。」
トーマス「ふわあっ、喉がからからだ!水だ、水!…ふぅ…。」
ナレーター「『今更、ゴードンとやり合ってもしょうが無いや…。』トーマスは、そう自分に言い聞かせながら、ゆっくりと帰って行った…。」
英国版CVナレーターリンゴ・スター
米国版CVナレーターリンゴ・スター/ジョージ・カーリン
日本版CVナレーター森本レオ
トーマス戸田恵子
ゴードン内海賢二
シリーズ次回エドワードのおてがら
原作前回なかよしになった三だい
原作次回トーマスの列車
参照画像トーマスとゴードン/未公開シーン
トーマスとゴードン/リメイク画像
動画トーマスとゴードン





*1 また、これまでに放送された歴代TV版『きかんしゃトーマス』(人形劇・CG含む)のエピソードの中では最も参加声優が少ない回である。