その他/【PROPLICA】

Last-modified: 2021-01-01 (金) 19:00:30

正式には「PROPLICA(プロップリカ) キーブレード キングダムチェーン」。
バンダイスピリッツ社のフィギュアブランド「魂ネイションズ」の、大人用なりきりアイテムを扱うブランド「PROPLICA」より発売された、実物大のキーブレードキングダムチェーンの玩具。
2018年4月28日発売。税抜18,500円。
 
初となる実物大のキーブレードの製品化。
キングダムチェーンは作中では比較的小振りの武器という印象があるが、本製品は全長約95cmとなかなか大きく、手に持った感触もずしりと重い。
柄の部分の着脱式の蓋を開け、単3電池3本を入れてスイッチをオンにすることで、内蔵されたLED・スピーカー・プロジェクターから光と音のギミックが作動する。
ディスプレイ用の台座が付属しており、横置きで飾っておくことも可能。


モード

柄の部分にトリガーボタンがあり、押し方によって3つのモードに変わる。

攻撃モード

トリガーを短く押すことで2種類の斬撃音がランダムで鳴る。
何回も押しているとたまにレベルアップ音が鳴る。

魔法モード

トリガーを長押しすることで剣心の根本部分が発光を始め(色はランダム)、トリガーを離すとその時の色に対応した魔法のサウンドが鳴る。

公式サイトでは水色と紹介されているが、実際の色は白っぽい。
また、ウォータ系魔法がソラの使える魔法として登場していなかった時期だからなのか、公式サイトでは青は「アクア」と紹介されている。

  • ネタ元であるFFシリーズでも水系魔法は基本的にはウォータだが、アクアとなっていた作品が一つだけある。

カギモード

鍵の歯を下向きにし、剣を斜め45度に傾けてトリガーを長押しするとカギモードになり、剣心の根本が点滅する。
そこでトリガーを押すと根本が白く発光し、再度トリガーを押すとサウンドとともに剣の先端に内蔵されたプロジェクターが鍵穴マークを投影する。
もう一度トリガーを押すと鍵穴を封印するサウンドが鳴り、プロジェクターの投影も消灯する。

批評

感想は人によりけりだが、いくつか批判が集中している点がある。
一つは塗装。パーツの分割線を目立たなくさせる処理がされておらず、柄やキーチェーンなどにはプラスチック感が残っていることから、全体的におもちゃっぽさが拭えず、約2万円もするグッズの仕上げとしては甘いという声がある。

  • ただし、リアルっぽい塗装が求められない題材であることから、分割線はともかく塗装はこれで十分という意見もあり、賛否両論といったところ。

次に、前述にもある「音」の部分である。
というのも本製品のコピーライトはディズニー単独であり、スクエニは関与していないため、ゲーム本編のSEが使用されておらず(使用できなかった、が正しいかもしれないが)、オリジナルのものが用いられている。
その結果、斬撃・レベルアップ音・魔法・鍵穴の封印のいずれも微妙なコレジャナイ感が漂うものとなってしまっており、「なりきりアイテム」という商品の前提から考えても必然的に評価が下がるポイントとなっている。

  • 実は製品版のサウンドはこれでもまだ改良版。発売前に公開されたSEはあまりにも本編とかけ離れており、その後現在のSEに差し替えられたという経緯がある。

しかしながら、手に持った際、飾った際の「実物感」や、実際にキーブレードを持ってなりきり遊びをするのには他のグッズでは味わえない唯一無二のものがあるのは確か。
興味を持った人は製品紹介ページや自分の財布と相談しながら、心が命じたままに行動してみるのもいいだろう。