○○パイア

Last-modified: 2021-04-01 (木) 23:13:15

どちらかのチームに有利となる誤審を下した審判(アンパイア)のことを指す。○○には有利な判定を受けたチーム名(国際試合の場合は国名)や蔑称などが入る。

概要

なんJが興る前からアンチ巨人の間で使われていた言葉である。当初は、「ジャイアンツ」と審判を意味する英語「アンパイア」を組み合わせた「ジャンパイア」で、読売ジャイアンツにとって有利な誤審を故意に行う審判のことを指していた*1

なんJではこれが応用され、「珍パイア」「絆パイア」などのように他球団に対しても転用されるようになる。さらに最近では誤審を故意に行う贔屓判定というニュアンスも薄れ、単純な見落とし・見間違いと思われるような故意でない誤審に対しても、誤審をした審判を笑うネタ用語として使われるようになっている。
また、誤審でなくとも、どちらとも取れる微妙な投球やプレーについて相手チームに有利な判定がされた場合にファンが不満をぶつける形で使用される例も散見される。

逆に元ネタの「ジャンパイア」も応用の対象となり、巨人に有利な事象が発生した時、その事象を起こした物に「ジャン○○」と付け、「ドームの空調操作」にかけた「操作したやろ」などとネタにされている(イレギュラーを起こした人工芝に「ジャン工芝」、当たってバウンドが変わったベースに「ジャンベース」など)。

その他の例

・鷹パイア
・ケロパイア
・燕(エン)パイア、ヤクパイア
ハメパイア
・ドラパイア
・ハムパイア

関連項目



Tag: 審判


*1 当時ヤクルト監督だった廣岡達朗は1980年にサンデー毎日のインタビューで丸山博、岡田功、大里晴信の3名をジャンパイアの代表格として槍玉に挙げたことがある。