勝ち運投手

Last-modified: 2024-02-21 (水) 15:23:34

(特に先発で)好投出来なくても味方打線の大量得点により勝ち投手の権利を得る(もしくは負けが消える)機会の多い投手の呼称。ムエンゴの対極。
ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズおよび『プロ野球スピリッツ』シリーズにおいては「勝ち運」という特殊能力で表現される。


斉藤和巳(ダイエー)

『勝ち運投手』の代名詞。
2004年の斉藤はQS率31.8%(22試合中7試合)で防御率6.26。規定投球回到達者のシーズン歴代ワースト防御率を更新しながらも、援護率6.73という強力打線をバックに2桁勝利(10勝7敗)を達成している。ポストシーズン?知らんがな。
本当にこんな成績を叩き出せたのか検証したスレも存在する*1
通算成績は防御率3.33と優秀*2である事を加味しても79勝23敗・勝率.775と極端に負けが少なく*3、キャリアを通じて勝ち運持ちであった。
ただしポストシーズンでは通算10試合投げて防御率4.10、0勝6敗と持ち前の勝ち運は発揮されず、秋の風物詩の一因となった。


清水直行(横浜)

2010年にリーグワースト防御率ながら10勝を挙げる。チームメイトの加賀繁がムエンゴで苦しんだ様子と対照的な成績であった。

選手地味様(清水直行)カロカロ君(加賀繁)
登板26(先発26)27(先発24)
投球回155145
防御率5.40
(セ規定投球回到達者ワースト
3.66
(セ規定投球回到達者10位
勝敗10勝11敗3勝12敗
QS回数118
勝利81
勝率.727(規定1位.125(規定ワースト
援護率5.47(規定2位2.47(規定ワースト


その他

リリーフ投手において、同点の場面で投げた直後に点が入り勝ちが転がり込むケースの多い投手も存在する。

  • 伊東昭光(ヤクルト)
    1988年に救援のみの55登板で18勝を挙げ、規定未達で最多勝を獲得*4
  • 篠原貴行(ダイエー)
    1999年に救援のみの60登板で14連勝(+1敗)を挙げ最高勝率に輝く。
  • 榊原諒(日本ハム)
    2010年にほぼ救援の39試合*5で10勝(+1敗)を挙げ新人王に輝く。
  • 木澤尚文(ヤクルト)
    2022年に中継ぎのみで9勝を挙げ、同年のチームトップタイの勝利数を記録*6
  • 渡辺翔太(楽天)
    2023年に中継ぎのみで8勝を挙げ、同年のチームの勝利数2位タイを記録*7

関連項目



Tag: なんJ ソフトバンク 横浜 ロッテ


*1 同スレでは「好投と大炎上を交互に見せた斉藤が五輪やブルガリア事件で先発投手が不足気味だったホークスでシーズンを完走してしまったから。」という結論が出された。
*2 歴代防御率ランキングにおいて、対象となる2000投球回の半数以下(949.2回)のため参考記録だが59位相当に食い込む(2021年終了時点)
*3 2000投球回以上に限れば藤本英雄の.697が最高。
*4 小野和幸(中日)とのタイ。
*5 1試合のみ先発。ただし、その試合では勝利投手になっていないため、白星は全て救援によるもの。
*6 サイスニードとのタイ。
*7 則本とのタイ。1位は岸の9勝