惑星ガイア

Last-modified: 2020-06-11 (木) 18:47:30

名前:惑星ガイア

Ark gaia Union 新国旗 完成.png

概要

AG連合の首都惑星
惑星「ガイア」は「アナトリア銀河間軍事連合国家」こと「AG連合」の首都惑星である。
愛称は「メインプラネット」「アークプラネット」もしくは通常「ガイア」と呼ばれることが多い。公的上の愛称兼別名は「アークプラネット」

ガイア人類発祥の地としても知られるが、AG連合においては他のヒューマノイド型が多数存在するため、あくまで「惑星ガイアに元から定住していた人類」の発祥の地として定義されている。

詳細

場所アナトリア銀河リラク腕グレスト星系第3惑星
大気主成分酸素及び窒素
酸素状況生存可能
生存適正十分
公転周期356.25日
平均気温25℃
衛星第一衛星「アムール」/第二衛星「カリウス」
現在AG連合 首都惑星

惑星地理

ガイアはグレスト星系の三番目の位置に存在する。
恒星グレスト公転周期はおよそ365.25日であり、四年に一度うるう年が存在する。

グレスト星系の中で唯一テラフォーミングをせずに居住可能な惑星であり、他のテラフォーミングされた惑星とは違い、表面積の60%以上を海が占める海洋型惑星としての一面も持つ。
衛星「アムール」との位置はおよそ40万Km、衛星「カリウス」との位置はおよそ38万Kmであり、また二つの衛星はそれぞれ近しい位置を公転しながらも互いの重力の影響を受けない絶妙な距離を公転している。
これの科学的な解明は未だ済んでいない。

惑星ガイア宇宙機構(POGS)時代から周辺宙域の開発が盛んに行われ、第一の月アムール、第二の月カリウス表面には高度な都市郡が建設されている。またアムールにはME社本社と第一造船工場が、カリウスにはAG連合中央庁舎とAG連合軍総合本部とAG連合宇宙海軍/宇宙陸軍/治安維持軍/沿岸警備隊の四軍のそれぞれ最高本部が存在する。カリウスに集合しているAG連合政府/軍事機関は最悪陥落しても第二首都星に機能を移行しての活動が可能である。

またラグランジュポイントL1にはコロニーが建設され多くのAG連合国民が過ごしている。
軌道上には防衛用の無人衛星と首都防衛艦隊である第一艦隊の本部が存在する。また商業コロニーなども存在する。