Top > スウェーデン
HTML convert time to 0.014 sec.


スウェーデン

Last-modified: 2017-12-03 (日) 12:43:55

通常戦車 (v0.9.19.1) Edit

※「ショップ」または「技術ツリー」にて、クレジット(ゲーム内ポイント)で購入出来る戦車。

特殊戦車 Edit

 
  • 配布戦車
    Tier車種名称配布方法
    2軽戦車L-602016年年末年始のイベント報酬
     
  • その他
    Tier車種名称説明
    8中戦車Strv 81スーパーテスター用

全体的特徴 Edit

  • 2016年12月のv0.9.17で実装された新国家。技術ツリーは初期戦車のTier1軽戦車から始まり、軽戦車・中戦車・重戦車で構成されるルートとTier2以後全て駆逐戦車のルートからなる。
  • Strv 103Bをはじめとする高Tier駆逐戦車は、避弾経始に優れた低車高車体と油気圧サスペンションを搭載した、今までに類を見ない特殊な車両群となっている。
  • v0.9.19.1現在、自走砲は実装されていない。

長所 Edit

  • 俯角が非常に大きい。
    • アメリカ日本以上に俯角が大きく取れる車両が多くを占め、-11°〜-15°がスタンダード。
    • 通常車両ではTier2駆逐戦車のPvlvv fm/42の-7°が最低値で、この他の全ての通常車両が-10°以上取ることが出来る。
  • [重戦車]
    • 砲塔正面が非常に硬い。非常に広い俯角と相まって稜線のハルダウンにおいては無類の強さを誇る。
    • オートローダーの主砲を搭載し、瞬間火力が高い。
  • [油気圧サスペンション搭載車両]
    • 射撃モード時の精度・照準時間・照準拡散が非常に優れている。
    • 通常弾の貫通力が高い。
    • 通常弾・課金弾ともに弾速の速いAPCRであり、前述の長所と合わさって偏差射撃がやりやすい。
    • 移動モード時は後退速度が非常に速く、どの車両も45km/h〜50km/hでのバック走が可能。
      • 正面を向いたままの体勢で素早く撤退出来るため、無駄なダメージを貰いにくい。
    • 隠蔽が非常に高い。
  • 車重が軽く、出力重量比が高い。
  • 傾斜装甲の採用が多く、非常に鋭い傾斜を持つ車両もある(※装甲が薄すぎて傾斜が役に立たない車両もある点は注意)。
    • 相手の口径にもよるが、APやAPCRが強制跳弾しやすい。
    • Tier8以降の駆逐戦車、重戦車には全面的に傾斜装甲が採用されている。
  • 車体が小柄。
    • 重戦車以外は車高も低めで、隠蔽率が比較的高い。
  • 後退速度が速い。
    • 基本的に18〜20km/hで後進する車両が多い。油気圧サスペンション搭載車両はそれ以上の速度が出せる。
  • 乗員数が少ない。
    • 特に高Tierは3人乗りとなっている。
      • 雇用・再訓練が低コストである事、女性搭乗員を揃えやすい事、倍速訓練の効果が大きい事、共通スキルの発動をしやすい事、役職兼任が多く救急キット(小)の効果が大きい事などがある。
      • v.9.19.1.2現在、5人乗りは課金戦車のP.Victoriaのみであり、それ以外は全て3人または4人乗りである。

短所 Edit

  • [重戦車以外]装甲厚が全体的にかなり薄い。
    • HEに弱い。
    • 大口径AP、APCRが3倍ルールで貫通してしまうことも多い。
    • 軽中戦車はハルダウンしても、面積の削減にしかならず、貫通を阻止できることはかなり少ない*1
    • これに加え車重が全体的に軽いため、体当たりに弱い。
  • [重戦車]
    • 課金弾の貫通力が低い。
    • Tier9,10は仰角が非常に狭い。
    • Tier8,9は砲塔旋回が遅い。
  • [油気圧サスペンション搭載車両]
    • モード切替を挟む為、咄嗟撃ちができない。
    • 射撃モード中に敵に発見された場合、逃走までにモード切替によるタイムロスが発生する。
    • 射撃モード時は全車両中でも最低レベルの機動力になる。
      • 射撃モード中に障害物を挟んだターン制の戦闘を行う場合、射撃後の後退が遅れてしまう。
    • 射撃モード中でも履帯やエンジンが大破した場合、主砲を殆ど動かせなくなる。
    • 移動モード時は主砲を殆ど動かせず、射撃が非常に困難。
  • 耐久力が非常に低い。
    • 同格同車種で比較すると断トツで最下位になる例も多い。
  • Strv 103Bを除いてDPMが低い傾向にある。
    • 耐久力の低さと相まって、ダメージレースに弱い。
  • 履帯性能が低い。
    • 出力重量比の割には、加速や旋回が遅め。
  • ほぼすべての車両で新たにエンジンを開発する必要がある。
    • 車両専用が大半で、互換があっても先の車両の初期エンジンなので利点が無い。
    • Strv m/40Lの中間とSav m/43の最終だけが例外。
  • Strv 81と駆逐戦車以外は超信地旋回が出来ない。
  • 最初に貰える無線手がTier2以降はTier8のUDES 03まで出番が無く、中戦車、重戦車ルートでは使い道が無い。
    • 高Tierを中心に3人乗りの車両が多く、役別スキルが育ちにくい。車長が無線手を兼任する車両も多く、スキルで視認距離・通信範囲を伸ばしにくい(視認や通信を優先すると、本職の砲撃や装填がおろそかになる)。

その他 Edit

  • 史実において実戦経験は殆ど無いが、冷戦終結まで中立国であった事に加え、北欧屈指の工業力を有していた事から独自の戦車・計画案を多数作り出していた。
    • 基本的に仮想敵国はソ連であり、ソ連戦車の侵攻から自国を防衛する目的で開発された戦車が多い。
      • Strv 103Bなどが独特な設計・運用思想を有しているのは、河川・森林・山岳・降雪地の多いスウェーデンにおける迎撃戦を想定している為。
      • 幅広の履帯といった技術は、ソ連の影響を受けている。
    • 戦車の開発系統は様々な国の影響を受けている。
  • StrvはStrids vagnの略であり、「戦車」を意味する。IkvはInfanteri kanon vagnの略で、「歩兵砲車」といったような意味である。
  • 車両に付けられた数字の命名規則は、その殆どが計画・採用年か主砲口径+車両番号となっている。
    • 例) Strv m/42⇒1942年に採用 / Strv 103B⇒105mm砲を搭載した3番目の戦車

編集情報提供 Edit

 

編集用の情報提供フォームです。
ここでの雑談・質問はおやめください。 国籍別の雑談・質問はこちらへ→雑談用
また、煽りや誹謗中傷、無関係なコメントに反応しないようお願いします。

 

 
上記を理解した上でコメントを書き込みます。
 

情報提供フォームアーカイブリスト





*1 P.Victoria以外