Top > 地名・地形 > 【ゴールドソーサーエリア】


地名・地形/【ゴールドソーサーエリア】

Last-modified: 2017-01-27 (金) 22:31:06

FF7 Edit

西側の大陸にあるエリア。
このエリアには大きな砂漠があり、その中にゴールドソーサーがある。
コレル山のコレル魔晄炉から出る列車の線路の終着地点には北コレルの村がある。旧コレル村の住民の一部が諸事情によりここでテント暮らしをしている。ゴールドソーサー直下のコレルプリズンが旧コレル村であったらしい。
草地にはスペンサーフラップビートジョーカーが現われる。砂漠にはフラップビートのほか、キマイラもいるが、砂漠に入るにはバギーが必要である。キマイラはチョコボ(後述)の付け合わせで出てくることもある。海岸にはビーチプラグがいる。
徒歩で他のエリアへ行く道は、コレルエリアへ通じるコレル山越えの道しかない。バギーを入手すれば川を渡って簡単にコレルエリアや南のゴンガガエリアへ行ける。
西はニブルエリアと隣接しているが、境界の山は徒歩でもバギーでも越えることはできない。ニブルエリアとの境には山に囲まれた円形の湖がある。
このエリアにもチョコボ出現地帯がある。ここではクラスC(「うん、いい感じのチョコボだね」)のチョコボを捕獲することができる。ただし、クラスE(「ふつうのチョコボだと思うよ」)のもいる。
北コレル村に隣接して、ゴールドソーサー行きのロープウェイの駅がある。ロープウェイは無料で利用することができる。ゴールドソーサーの休業中もロープウェイだけは平常通りに運行している。休業中も発着時には風船が舞ったり花火が上がったりする。
砂漠の脇に潜水艦が停泊可能な入り江がある。海底に沈んだゲルニカに通うなら、この入り江を利用すると便利である。ただし、ここに潜水艦を置いたままハイウインドに戻るには、海チョコボが必要である。


ゴールドソーサーが建つ前はここも「コレルエリア」だったのかも知れない。