Top > 地名・地形 > 【北コレル】


地名・地形/【北コレル】

Last-modified: 2018-02-05 (月) 00:29:13

FF7 Edit

コレル山を抜けたところにある寂れた村。バレットダインの故郷。
かつては鉱業で栄えていたらしいが、神羅が強引に計画推進し、ここに建設された魔晄炉で爆発事故が発生、
その原因がコレルの魔晄炉反対派にあると決め付けられ、神羅率いる私設部隊が村を滅ぼしてしまった。
そのせいで村は完全にガレキの山と化している。
残った数少ない村人は魔晄炉建設に積極的に賛成したバレットを憎んでおり、
クラウド達が初めてここを訪れた時はものすごい言われ様。
バレットも「俺のせい」と、すっかり自虐的である。
結局、ヒュージマテリア回収の一件で丸く収まるのであった。


過去回想を見る限り、コレル魔晄炉の建設にはダイン以外の殆どの住民が賛成している。
どう見ても責任転嫁です。

  • とはいっても、最後の反対派であったダインを口説き落として建設を納得させたのはバレット。
    悔悟の念にとらわれるのも致し方ない。
    • バレットが自分で悔やむのは無理もないが、ダイン以外の住人がバレットを批判するのは違うだろう、と。
  • バレットも住民も、責任転嫁だと分かってる上で責任転嫁をしているのだろう。
    そうでもしないとやっていられなかったのでは。
    • 住人の1人である老婆がそういった旨の発言をしている。防ぎようがなかったが故に、誰かを悪者扱いしなければ気が済まなかった。その矛先がバレットに向けられたのだろう。
      そしてそのことを誰よりもバレット自身が強く自覚していたというのも、アバランチとしての活動の根底にあるのかも知れない。ここに着くまで表にこそ出さなかったが。

ゴールドソーサーへのロープウェイ乗り場がある。
こんな場所からゴールドソーサーのような華やかな場所への交通アクセスがあるとは…

  • インター版ではゴールドソーサーの看板ができた。

余談だが、日本地図が貼ってある民家(テント)がある。

  • しかし、その地図にある能登半島の形がおかしい。
    そもそも世界が違うため、日本列島らしき場所は存在しない。

村名に反して、ノースコレルエリアには属していない。
というか、正式な村名はあるのだろうか・・・
なお、かつてのコレル村は神羅の手によって焼き払われ、
神羅が建てた娯楽施設の真下に砂漠の流刑地として存在する。

BCFF7 Edit

第16章・第17章の舞台。
コレル魔晄炉がアバランチに占領され、アバランチを排除するためにタークスが出動する。


この時バレットは魔晄炉への道案内や、タークスを身を挺して庇うなどしているため、
そこから罪悪感や、アバランチを知り名前を借りることに繋がったのかもしれない。
トロッコのちょっとしたパズルにかかった時間と、機銃に当たった回数が遂行度に影響する。
ミッション3ではアバランチ兵を利用してスイッチを押す為に、氷系か重力系マテリアが必須となる
(画面端のスイッチには中々行ってくれない為、重力系が望ましい)。

CCFF7 Edit

魔晄炉建設計画が進行中で、視察団がミッドガルを訪れる。
モデオヘイムでザックス達に言われていた通り、魔晄炉建設予定地となるだけあって
一般兵からも「基本的に何もない田舎町」と言われてしまっている。
視察団の護衛としてコレルとミッドガルを往復している兵士からは、バレットらしき人物の事が聞ける。