もう一発

Last-modified: 2022-12-13 (火) 14:23:55

2020年10月3日のヤクルト対広島戦(神宮)で飛んだ野次のこと。


概要

13-0と一方的な広島リードの展開で迎えた8回裏、青木宣親が広島の2番手・菊池保則から左膝に死球を受け負傷交代した。この時点で菊池はすぐさま帽子をとって謝意を示しており、そこまでの騒ぎにはならなかった。
しかし次打者の山田哲人が打席に入る際、広島ベンチ方向*1から「もう一発いったれ!」という野次が飛ぶ。この野次に激昂した森岡良介コーチを始めヤクルト側はベンチを飛び出して詰め寄る事態に発展した。
幸い乱闘には至らず、警告試合で済んだ為退場者は無し。試合自体も13-2で広島が圧勝したが、何とも後味の悪い結末となってしまった。(試合詳細


発言した可能性のある選手リスト

この件を受けたなんJでは犯人探しがヒートアップし、下記のリストが作成された。灰色は当時の状況から犯人の可能性がない、もしくは極めて低いと考えられる人物。

投手野手コーチ・スタッフ
中田廉會澤翼佐々岡真司
ケムナ誠磯村嘉孝高信二
一岡竜司長野久義廣瀬純
塹江敦哉菊池涼介山田和利
森下暢仁*2松山竜平朝山東洋
島内颯太郎堂林翔太迎祐一郎
中村恭平アレハンドロ・メヒア澤崎俊和
ヘロニモ・フランスアホセ・ピレラ横山竜士
鈴木誠也倉義和

守備についていた選手を除くと、当時ベンチ入りしていた人物は以上の通り。また三塁ファールゾーンのブルペンにいる投手コーチや登板準備中の投手(森下以外の投手陣と横山)でもなく*3、流暢な日本語であったため外国人選手でもないことが推測できるが、明確に人物を特定できるような情報はない。


動画


なお、この映像で森岡が「当てといてなんじゃコラァ!!」と絶叫した瞬間にスピーカーからヤクルトの応援楽曲「マルチテーマA・錨を上げて」のイントロが流れた(動画0:15あたり)ことから、同曲は「森岡怒りのテーマ」と呼ばれることがある。


仲裁する村上宗隆(20歳)と村上を掴む會澤翼(32歳)

また、この時撮影された1枚(下記1枚目)が『被害者側でありながら、弱冠20歳にして乱闘を諌めようとする村上宗隆』と『加害者側でありながら、ベテランの域に差し掛かっているのに逆ギレして掴み掛かる會澤翼』という今回の出来事を象徴する構図だったため、カープ叩きの材料とされてしまった。ひんのない、きたないやじはやめましょう
b839a00e-s-2.jpg

別の角度から撮影された同場面。中央のこちら側を向いているヤクルトの選手が村上で、その右手前にいる背番号27の広島の選手が會澤。
aizawa_murakami_1500.jpg



関連項目



Tag: 広島 ヤクルト


*1 両球団からの明確なコメントはなく、ヤジを言った当人が広島ベンチか観客かの事実は判明していない。
*2 この日の広島の先発。事件発生時既に降板しベンチ側にいたため唯一アリバイの無い投手であるが、当時まだ1年目のルーキーだった事を踏まえると可能性としては考えにくい部類に入る。
*3 前述の通りヤジの直後、坂倉や山田哲はブルペンではなくベンチを見ているため。