ヒ魔神

Last-modified: 2021-09-22 (水) 17:29:35

横浜ベイスターズ時代の寺原隼人の別称。

概要

2006年オフにソフトバンクからトレードで加入した寺原は2007年にチームトップの12勝を挙げて前年最下位だったチームの4位浮上に貢献。翌2008年は開幕投手を任されたのだが、チーム事情*1によってクローザーに配置転換される。

しかし当時の横浜は球団記録タイの14連敗を喫するなどシーズンを通して低調だったため、寺原の登板機会がなかなか巡ってこない*2という事態が発生。このことから、佐々木主浩の愛称である「ハマの大魔神」を捻った「ハマのヒ魔神」という別称が付けられた。

転じて他球団の登板機会が少ない守護神もヒ魔神と呼ばれるようになった。現役だと2021年の栗林良吏(広島)のヒ魔神化がよくネタにされている。

AA

       ∧        ∧
        / ヽ      _/ .∧
     /   ⌒ ̄ ̄   ⌒ヽ
    (_____YB ___)____
    /   へ        へヽ
    l:::::::::    \    /   l
   .|::::::::::  -=・=-    -=・=- |
   |:::::::::::::::::   \___/    |
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/    ノ

関連項目


*1 前年オフに巨人に強奪された移籍したクルーンの代わりに守護神として獲得したヒューズが大外れで早々に守護神を剥奪され、他の抑え候補も悉く打たれて負ける試合がシーズン序盤から続いていた。
*2 特に9月は登板日が9/2・9/13・9/23の3試合だけという有様。