Top > 猛誤賞


猛誤賞

Last-modified: 2019-11-23 (土) 03:09:41

猛打賞の誤審バージョン。一人の審判が一試合で三回誤審をすること。
誤審の内容は問わないが「片側のチームに有利(不利)な誤審が三回」であることが望ましい。


由来 Edit

2016年6月19日の中日ドラゴンズ対北海道日本ハムファイターズ戦で一塁塁審の中村稔*1が3誤審を記録し、それらが全てファイターズ有利な誤審であったため、ドラゴンズベンチ・フロントも「審判で負けた試合」とコメントを残し中村に大激怒。中日がNPBに意見書を提出する事態を引き起こした。
なんJでも以前からスリービレッジとして悪名をはせ、このシーズンではクルーチーフの職を解かれる事態になっていたが、この件はパ・リーグファンは勿論、セリーグファンもドン引きさせ、ここまで露骨な誤審の3連発はありえないとして話題となった。

猛誤賞再び Edit

2018年10月10日の横浜DeNAベイスターズ対阪神タイガース戦で一塁塁審だった杉本大成が3回表、4回裏、5回表という短時間に3回リクエストを要求され3回成功という珍事を起こし、話題はなんJに収まらず新聞記事まで作られた
リクエスト要求は阪神が2回横浜が1回で片方に3回有利な誤審が起きたわけではないが、この時もこの単語が持ち出されいた。
元から可変ゾーンとの悪評高かった杉本の評判が更に落ちた事件であった。なおこのシーズンの杉本は14回リクエストされこの3回含めて半分が覆っている。

関連項目 Edit






*1 2018年引退。2019年より楽天ゴールデンイーグルスの泉犬鷲寮寮長。