Top > 実用テクニック
HTML convert time to 0.033 sec.


実用テクニック

Last-modified: 2017-12-12 (火) 16:38:02

実用テクニックを募集。
戦闘以外のテクニックもここへ編集してくれると助かります。

戦闘編 Edit

霧隠れ Edit

霧隠れ+即死技コンボ Edit

アバロン宮殿さんの解説引用

水の術法「霧隠れ」。
この術法等によって得られる霧隠れ状態には、以下の特性があります。
(1)自分以外からの対象選択時の対象外になる
(2)回避可能な攻撃は全て回避する
(3)攻撃時に相手の回避能力を無視する(通常の回避判定及び盾・ガーダー回避判定時)
(4)攻撃行動を行うと霧隠れ状態が解除される(一部例外除く)
ここで紹介する技は、この中の(3)の特性を利用したものです。
この技の方法は簡単、効果は絶大。
霧隠れ状態となったキャラが即死専用技(追加効果ではない技)を使うことで、敵を簡単に一網打尽にできてしまいます。
即死技の回避判定には状態属性防御が使用されているのですが、この技を使えば、たとえ状態防御128(完全防御)の敵であっても、(即死耐性さえ無ければ)簡単に倒せてしまいます。
まさに、面倒なレベル上げには最適な技といえるでしょう。
因みに、この技は相手の回避能力を無視するだけですので、自分が勝手にミスする事は止められません。
ですので、使用する即死技は基本的な命中率が低い「次元断」よりも「死の舞い」等の方が良いでしょう。

霧隠れ+スタン技コンボ Edit

霧隠れ+即死技コンボの解説の、「(3)攻撃時に相手の回避能力を無視する」は即死以外の状態異常技にも有効。
スタン耐性の無い敵は、霧隠れ+スタン技(追加効果ではない技)で簡単にスタンさせることができる。

  • 具体的な技
    • 足払い(浮遊している敵には無効)、フェイント(アンデッドには無効)、ネコだまし(アンデッドには無効)、
      足がらめも該当するが、元の命中率が悪い(60%)ので信頼できない。
  • 即死耐性はあるがスタン耐性のない主な敵
    • 骸骨系全て(特にボーンドレイク、チャリオット、へルビースト)、ただし浮遊している敵もいるので注意
    • ラルヴァクィーン
    • トウテツ、バク
    • アルビオン、トリトーン(アルビオンの閃き道場で効果的)
    • フォージウィルム、スノーウィルム(浮遊している)
    • 守護者
    • 酒天
    • 氷竜、火竜、雷竜、黒竜(実はスタンさせることができる、浮遊もしていない)
    • 魔道士
    • クイーン、リアルクイーン

霧隠れ状態で攻撃する Edit

炎の壁、光の壁は霧隠れ状態を解除しない。
炎の壁、光の壁は術レベルが高いとターン終了時に全体攻撃を行うので、霧隠れ状態で攻撃を行う手段としても使える。
ボスも含めてほとんどの敵に有効なので反則に近い手段。
祝福、スペルエンハンス等のドーピングと併用も可能。

霧隠れルドン送り Edit

陣形を編み出す為にお目当てのクラスを皇帝にしたい時や、PTから外したいキャラがいる時に使う
皇帝のLPが0になるとそのPTの4人が皇帝候補になるので
(1)お目当てのクラスを仲間にして皇帝以外の4人に霧隠れor外したいキャラ以外に霧隠れ
(2)皇帝や外したいキャラが死んだら回復して起こす(基本的に死体は狙われない為)
(3)回復役は全身鎧等の重い装備で身を固めてるとターンの最後に蘇生して次のターンですぐLPを減らせる

  • 備考
    PT全滅によるランダムな皇帝候補選出より確実にお目当てのキャラを皇帝に出来る。

霧隠れテンプテーション見切り Edit

ロックブーケのテンプテーションを安全に見切りたい場合に霧隠れを使う
(1)男性キャラ混じりの5人全員が霧隠れ
(2)攻撃選択出来ないロックブーケは全体攻撃のテンプテーションを多用
(3)霧隠れの効果で男性キャラのテンプテーションは必ずミス
(4)ミスでも見切る事は出来るので男性キャラが見切るまで霧隠れを維持

  • 備考
    この他にも四人が霧隠れ、斬耐性をガチガチに固めた一人がインペリアルクロスの最前列で防御して
    巨人の水鳥剣を誘導して見切るまで被害を最小限に抑えるなど出来る

活人剣 Edit

活人剣キャンセル Edit

アバロン宮殿さんの解説引用

大剣技の活人剣を使うと、使ったキャラにはそのターンに限り
多段攻撃とデッドリードライブ以外の敵の攻撃が当たらなくなります。
また、活人剣を選んでからキャンセルして別の攻撃をした場合や
活人剣が表示されているところで防御を選択した場合も
活人剣を使ったときと同じように敵の攻撃が当たらなくなります。

アイテム狩りでの利用 Edit

アイテム狩りで
「狙った敵だけ先に倒して、活人剣で残りの敵は撤退させる」
と狙った敵のアイテムだけ落としてくれる。
亡霊系や骸骨系、ボス属性持ち以外になら全部に有効。
ラーマのアースガードやドクターのセージロッドが欲しいけど、
ミスティックのマジックブーツが…なんて人はぜひお試しを。

こんな敵にも効く活人剣 Edit

守護者、岩、サイフリート、セキシュウサイ、おやぶんゴブリン、むかしゴブリン等は、ボスでありながら種族属性に冥(ボス)を持っていないので、活人剣で退散させることができる。
(強くてニューゲームでなければ、現実的でない手段だが)
しかし、オートクレールなどのドロップアイテムを落とさなくなるので、
アイテムコンプを目指す場合は普通に倒す必要がある。

空圧波 Edit

残りHP基準の割合ダメージを与える貴重な技(残HP5/8+誤差)。
見落とされがちだけど効く敵は多く、
HPが多い敵ほど有効で相手よっては4桁ダメージを簡単にたたき出せる。
また、使用者や武器性能に左右されにくい。

  • 有効な雑魚敵(系統別)
    • 悪魔 - 全てに有効
    • 骸骨 - 全てに有効(ボーンドレイク、チャリオットに効果大)
    • 獣 - トウテツ、バク、ゴルゴン除く
    • 魚 - アルビオン、トリトーン除く
    • 獣人 - ラルヴァクィーン除く
    • 植物 - 全てに有効
    • 水棲 - 全てに有効
    • 精霊 - 全てに有効
    • ゾンビ - 獄竜、ヴァンパイア男女、腐竜、デュラハン、ノスフェラン除く
    • 人間 - 全てに有効
    • 爬虫 - 全てに有効
    • 蛇 - メデューサ、リリス除く(即死もスタンも効かないパイロヒドラ、ヴリトラに効果大)
    • 無機 - 全てに有効(ディープワンで閃いていれば、ゼラチナスマターに使ってみましょう)
    • 虫 - 全てに有効
    • 有翼 - フォージウィルム、スノーウィルム除く
    • 霊体 - ジン、ポイゾンイーター、ストームイーター、レインイーター除く

上に挙げた獣、魚、獣人、蛇、有翼で空圧波無効の敵はスタンが効く。
ゾンビと霊体系で空圧波無効の敵は全状態異常が効かないので正攻法で。

ファイナルレター Edit

追加効果の即死発動率が極めて高い。即死の成功率は敵の理力依存であり、
直接即死させる技(死の舞、分子分解)等と違って状防御の影響を受けないので、即死は効くけど状防御の高い敵(ディアブロなど)も高確率で即死させる。
ただし、追加効果の即死なので、直接即死させる技と違って霧隠れを使っても即死発動率は上昇しない点には注意。

マッドバイター Edit

ロブオーメンの武器固有技で相手を狂戦士化させる(敵ではミミックやロビンハットが使ってくる)。
効く敵は限られるが、敵を狂戦士化すると、技・術を使えなくなり通常攻撃のみになるので攻撃に対処しやすくなる。しかも、狂戦士化は永続効果なので、効果が切れることは無い。

  • 主な有効な敵
    • 魔道士
    • 黒竜、火竜、氷竜、雷竜
    • カイザーアント

ドーピングで攻撃威力UP Edit

装備でドーピング Edit

SFC版では装備の能力値ボーナス+1の効果は反映されず、+2以上も多くはボーナス値がバグで少なかったが、iアプリ版以降ではしっかり反映されるようになった。そのため、iアプリ版以降では装備で能力値をドーピングしたときの効果が高くなっている。
コウメイに月影のローブ+マジックハットやマジックリング×3を装備して、クリムゾンフレアやギャラクシィを使うと素敵。
能力値ボーナスを持つ装備は、素の防御力が弱いものが多いが、雑魚戦ならラピッドストリームで1ターン殲滅してしまえばOK。ボス戦でも火力UPによる短期決戦や攻撃を防ぐ策を立てられるなら有効。

技・術でドーピング Edit

戦闘中に能力値を上昇させる技・術。補助なので軽視されがちだが、極めれば大きな効果がある。ロマサガ2の仕様では、効果は戦闘中永続で切れることも無く*1、装備でのドーピングと併用可能なので、カンストダメージも狙える。ただし、対応する技能Lv・術Lvが低いと上昇率が低く、役に立たない。

  • 金剛力(腕力) - 地味ではあるが、ちゃんと効果はある。
  • 妖精光(素早さ) - 素早さ上昇=回避率UP、先制行動率UP、体術威力UP。補助術の中でも上昇率が高く、特に回避率上昇の効果を感じることができる。これを唱えた最終皇帝の千手観音は最終兵器。術者本人にしか唱えられないのが最大の欠点。
  • 祝福(腕力、魔力) - 戦士にも術士にも使える。
  • スペルエンハンス(魔力) - エフェクトは使用者にのみ発生するが、しっかり対象者の魔力が上昇している。上昇量は祝福と同じ。

ソードバリア Edit

ソードバリアの効果 Edit

ソードバリアは「斬」属性を含む攻撃を100%回避する魔法盾。*2*3*4*5

ソードバリアで防げるあれこれ Edit

いかに斬属性を100%回避するといっても、魔法盾は魔法盾。つまり、魔法盾にひっかからない攻撃は、斬属性を含んでいても回避できないのである。カウンター系にも反応しない。
ソードバリアで100%防げる技・術(順不同)

技・術名属性備考
剣通常攻撃
なぎ払い
二段斬り
短冊斬り
みじん斬り
線斬り味方専用
空圧波
十文字斬り
音速剣
光速剣味方専用
真空斬り
残像剣味方専用
不動剣味方専用
落月破斬
プロミネンス斬味方専用
風狼剣味方専用
咬竜剣
スウォーム
稲妻斬り
ファイナルストライク
大剣通常攻撃
みね打ち
巻き打ち
強撃
切り落とし味方専用
ツバメ返し味方専用
水鳥剣
無無剣
無明剣味方専用
流し斬り
乱れ雪月花味方専用
清流剣
一刀両断
殺虫剣味方専用
殺人剣味方専用
ダンシングソード
アクスボンバー
トマホーク
一人時間差味方専用
ヨーヨー味方専用
大木断
ブレードロール味方専用
高速ナブラ味方専用
マキ割りスペシャル味方専用
スカイドライブ味方専用
ウインドカッター
サンドストーム
ブレードネット敵専用
ファングクラッシュ敵専用
毒撃敵専用
マヒ爪敵専用
地獄爪殺法
トリプルヒット敵専用

金剛盾 Edit

金剛盾の効果 Edit

金剛盾は、属性の組み合わせによって回避率が異なる魔法盾。
「斬/打/突」+「射/熱/冷/雷/状」属性ならば100%、「斬/打/突」あるいは「射」属性ならば65%の回避率となる。*6

金剛盾で防げるあれこれ Edit

金剛盾で100%防げる技・術(順不同)

技・術名属性備考
落月破斬防具盾では回避不可
プロミネンス斬味方専用
スウォーム防具盾では回避不可
稲妻斬り
ファイナルストライク防具盾では回避不可
乱れ雪月花味方専用
ダンシングソード防具盾では回避不可
電光ブーメラン味方専用
稲妻突き
くし刺し
スネークショット味方専用
防具盾では回避不可
気弾
活殺破邪法味方専用
サラマンダークロー
ウインドカッター防具盾では回避不可
ダイアモンドダスト防具盾では回避不可
サンドストーム防具盾では回避不可
ブレードネット敵専用

防具盾では回避不可且つ、金剛盾で65%防げる技・術(順不同)

技・術名属性備考
光速剣味方専用
不動剣味方専用
無明剣味方専用
トマホーク
高速ナブラ味方専用
スカイドライブ味方専用
小剣通常攻撃味方専用
感電衝味方専用
サイドワインダー味方専用
乱れ突き
スクリュードライバ味方専用
幻惑剣味方専用
ファイナルレター味方専用
マッドバイター
百花繚乱味方専用
瞬速の矢味方専用
ストーンシャワー
ポイゾナスブロウ
敵専用

シナリオ編 Edit

南下政策 Edit

南バレンヌの運河要塞を潰す前に、更なる南下をしてナゼール地方のダンジョンを攻略する。
ナゼールでは東のダンジョンさえ攻略すれば、さらに東へと進路を取れる。
魔女のほこらでは、何か品物を買わないとメルー以東に進めないので注意。
ジェラールと同時代に強力無比な陣形アマゾンストライクを入手したり、
コムルーン島の火山をふさいで次の年代から冥術やサラマンダーを早くも使い始める…という芸当も可能。
ダンターグの進化を止めたいプレイヤーにとっても有用だし、
技の閃きに適した強力なモンスターに出会えたり、各ダンジョンや街で強い武器を手に入れたり、
(狙い目は、移動湖のイロリナの星、砂の遺跡の幻獣剣等)
時期にしてはお得なルートである。
デメリットとしては北ロンギットに行けず斧がなかなか使えない事。
ミノタウロスが落とす「戦斧」、ガリアンブルーが落とす「バイキングアクス」
ディアブロが落とす「ヴォーパルアクス」と言った敵を落とす物を狙うか
宝箱から「アメジストの斧」「トアマリンの斧」を手に入れるぐらいしかない。
また、運河要塞を潰さないということは、門のお供で技術点を荒稼ぎする使い道もあり、
中盤に少ない戦闘回数でMLvを高められる利点もある。
(強行突破後に要塞内に入って脱出すれば突破状態を解除できるため、
 シティシーフ加入を狙う場合も手遅れにはならない。)

但し、無限資金箱は使えなくなっているのでSFC版よりお得度は下がっている。 

  • 備考
    ジェラールの世代にて南下政策を取りたい場合、戦闘回数によっては宝石鉱山で年代ジャンプしてしまうことがある。年代ジャンプの仕組みは複雑なので省くが、少なくとも出陣前に戦闘回数を確認した上で「47」「63」「79」「95」…と言った、「16の倍数より1少ない数字」の戦闘回数でイベントクリアするように調節するとこの世代での年代ジャンプは回避できる。ただし戦闘回数が250を超えると確実にジャンプするので戦い過ぎに注意。

ゲオルグ戦での継承調整 Edit

カンバーランド滅亡が条件。
滅亡後、トーマの亡霊を見つける前までは、ネラック城でゲオルグと戦える。
この時、皇帝が1人で戦う事になり、負けると「皇帝のLP0扱い」。
つまり、継承候補がその時の残りのメンバーから選出される。
継承させたいキャラクターをあらかじめ加えてから謀殺すれば、
狙ったクラスやお目当てのキャラを簡単に即位させる事が可能。
武装商船団、アマゾネスなど固有陣形が強力なキャラを皇帝にしたいときにお勧め。

ただし、カンバーランド滅亡時はダグラスを経由しないとネラック城まで行けないため、不良兵士にからまれた時にうかつに戦うと、少ない人数で苦戦してしまう可能性があるので注意。
特に敵レベルの高くなった後半では高確率で複数名のミスティックが相手になる。
だが、金を払って逃げれば戦闘にはならないので、遠慮なく金をくれてやればOK。
国庫からは減らないので、いくら払っても大丈夫であり、無理して戦う必要はない。

石船配置 Edit

石船が配置されている近くには落とし穴があり、ダッシュで飛びこさないと敵が大量にいる場所に落ちてしまう。
ところが石船を持っている間は移動速度が半分になると同時にジャンプ距離まで半分になり、確実に穴に落ちる。
これを回避するには、捨てたアイテムがアバロンの倉庫に戻されることを利用して、一旦石船を取りにアバロンに戻ってからコムルーンへ向かえばよい。
コムルーン海峡開拓後ならステップやサバンナを経由せずにゼミオに辿り着くことも可能。

育成編 Edit

必要技術点 Edit

メンバー個人の技能Lvアップに必要な技術点は、以下の通り。
Lvアップすると、技術点の端数は切り捨てられる為、1回の戦闘で1人のキャラの同一の技能が2Lv以上アップする事はない。

Lv数技術点Lv数技術点Lv数技術点Lv数技術点
160121,497239,0423427,774
2157131,8492410,2103530,196
3174142,2572511,4743632,754
4205152,7242612,8383735,450
5256163,2542714,3063838,289
6330173,8502815,8813941,273
7432184,5182917,5664044,406
8565195,2593019,36541〜45各50,000
9735206,0793121,28246〜50各60,000
10944216,9803223,320
111,197227,9663325,483

MLvのアップに必要な技術点は、以下の通り。

MLv数技術点MLv数技術点MLv数技術点MLv数技術点
130113,4222113,8823132,567
2178124,1232215,3673234,916
3290134,8982316,9363337,354
4458145,7482418,5893442,503
5686156,6742520,3263545,214
6975167,6772622,1493648,017
71,329178,7582724,1493750,912
81,749189,9182826,0533853,901
92,2361911,1582928,1363956,982
102,7942012,4793030,3074065,535

上の表の合計は1032,197になり、下の表では769,375、その差は262,822となる。パーティーメンバーの技能Lvが46になれば、その技能はMLv上限に達したことになる。

MLvの確認方法 Edit

MLvは、画面には表示されない。現時点で何Lvかを手軽に確認するには、以下の方法がある。

  • 術の場合
    • その系統の術を覚えていないキャラに、新規で覚えさせる。新規で覚えた術のLvは「MLv−7」となる。無論、術研究所を建設している事が前提となる。
  • 武器の場合
    • 帝国軽装歩兵の男は、8人全員が体術以外の武器4種類に対して「MLv+1」の補正を持っているので、「セーブして全滅→適当なキャラに継承→軽装歩兵男を加える→確認したらリセット」の手順で簡単に確認できる。
    • 体術に関しては「全員が同じ補正値を持ったクラス」が存在しない為、手軽には確認できない。キャラごとの補正値を覚えておき、新規に加えるなどするしかない。

技能のプラス補正が大きいキャラクター Edit

MLvは40までしか上がらない。
1度40に達してしまった技能系統は、以後いくらLvを上げても、
年代ジャンプ·全滅後などに加わった新メンバーは「Lv±キャラごとの補正値」に戻る。
しかし皇帝だけは、その時点でのLvを引き継いで行ける。
以下のキャラは補正+5以上の技能を持つ。MLvが40の時に加えれば、
Lv45〜47でスタートできる為、皇帝の全技能Lvを50にするのに近道ができる。

クラス名キャラ名技能系統クラス名キャラ名技能系統
ホーリーオーダー男ゲオルグ剣·斧·槍忍者シオン剣·弓·体
サイゴ族スノリ斧·体ナズナ剣·体
アマゾネスアルテミシアフヨウ斧·体
軍師チュウタツ火·風·天サラマンダーアウ
コウメイ火·地·天イーリスストーミー風(+7)
陰陽師セイメイ
ドウマン
冥(+6)エア風(+6)
ウィンディ
スカイア
ナディール
ナカマロ
ヤスチカ風·冥
ヨシヒラ地·冥ネレイドペルーサ
リューシアナッサ
アムピトリーテ
ガラテイア
カワヒト水·冥
モールポド
バーティ

「強くてニューゲーム」をすると、技能LvはMLvまでリセットされてしまう。
しかし最終ボスの使う音速剣とマリオネットは、皇帝の技Lv5種を全て50にした上でパーティアタックをしないと見切りが入手できないので、1度は見切り集めの為に上げておくのが良い。






*1 ただし一部に、能力値変化解除の効果があるものも存在する。
*2 出典:アバロン宮殿
*3 「斬」+「打/突/射/熱/冷/雷/状」属性で攻撃された場合、被攻撃のモーションはあるがダメージはない。
*4 「無刀取り」は斬属性だがカウンターによる発動のため、回避できない。
*5 斬属性を持つ普通の攻撃であっても、そもそも魔法盾自体に引っかからないものもある。ペインなど。
*6 出典:アバロン宮殿