Top > Midway


Midway

Last-modified: 2019-05-16 (木) 09:42:08

1945年 アメリカ合衆国 空母 ミッドウェイ級 Edit

03C164BD-379F-4108-A64A-898D2E4C34CF.jpeg
Ver.2.00.24にて実装されたアメリカツリー高ティア超大型空母。期間限定で勲章50000と引き換えに無料入手することが出来る。
特筆すべきはその航空機搭載能力で、最大でなんと145機にのぼる(飛龍のほぼ倍 瑞鳳だと4倍超)。
第二次世界大戦にはタッチの差で間に合わなかった(1945年9月10日竣工)ものの間違いなく当時世界最大最強の空母であり、以降も長きに亘ってアメリカ海軍機動部隊の主力として現役を務めた。

他画像

基本性能 Edit

※括弧がある欄は【改修後の数値(初期値)】

年代1945国家アメリカ合衆国
艦種空母対潜×
耐久値28000戦闘成績(BR)600
基準排水量(t)0000最大排水量(t)59901
最大速力(kt/h)33.0(00.0)最大舵角00.0(32.0)
可視距離(km)00.0(12.5)絶対視認距離(km)-
アンロック費勲章50000
(期間限定)
購入費用000S

装甲防御 Edit

※単位はインチ(in)表示

防御区画前部中部後部装甲重量(t/0.1in)
甲板部0.00.00.000
舷側部0.00.00.000

搭載武装 Edit

主砲名称火力射程
距離
(km)
装填
速度(s)
重量(t)貫通力
00000.0000000

艦載機 Edit

機種名称攻撃力/防御力装備火力航続
時間
(sec)
巡航
速度
(km/h)
重量(kg)
艦戦F6F-5
ヘルキャット
300/4301000lb 爆弾1200575576454
F6F-5N
ヘルキャット
500/4302200lb Mk.13-3 魚雷0077500551
F6F-5P
ヘルキャット
300/430--775578-
F4U-1C
コルセア
680/6001000lb 爆弾1200195547454
F4U-4
コルセア
300/450--628612-
艦爆SB2C-4
ヘルダイバー
300/4002249lb 爆弾435015704751020
1949lb Mk.13魚雷1780884
艦攻TBD-1
デヴァステーター
75/2301949lb Mk.13魚雷1580468331884
1000lb 爆弾1200454
TBF-1
アヴェンジャー
125/4002216lb Mk.13魚雷201016524421005
2249lb 爆弾43501020

※最大搭載数145機、パイロット数7名。

部品改修 Edit

改修段階火力索敵速度装甲

立ち回り Edit

その最大搭載数の多さから来る物量での押し潰しが本領……のように思えるが、実はそういう数任せの戦い方は困難。本艦は見た目のような脳筋ではないので、思ったより慎重に扱わないといけない。
その原因の最たるものが一編隊あたりの艦戦の最大数の少なさ(F6F-5Pは6機、他は8機)と、パイロット数7人という制約である。100機以上を搭載可能でも、艦戦だけ出撃させた場合は一度に運用可能な最大値は8機×7の56機が限界値となる。
つまるところ、ミッドウェイは航空機の回転が大切な空母であると言えよう。
編隊ごと殺られる前に離脱させ補充・再発艦させることで初めて搭載可能機体数の多さを生かすことができる。
優秀なエレベーター容量と同時発着艦、全体的に高速で加速の速い艦載機の性能をフルに活用しよう。

航空兵装 Edit

艦戦はどれも速度性能に優れている一方で格闘戦能力は非常に低い。敵機と戦う場合は一撃離脱が基本となる。
攻撃機についての注意点としては、優秀な急降下爆撃機、SBDドーントレスが搭載できないことである。
しかし、前甲板の容量は21機である為、雷撃機SB2Cを運用するには充分である。

主砲 Edit

54口径5インチ単装砲を片舷9基、合計18基搭載している。
威力、装填、旋回について申し分ない。
この砲は対空砲としても使えるため、ある程度の弾幕が張れる。

副砲 Edit

そんなものはないです。
ツェッペリン?カガ?ダレノコトダネソレハ

装甲 Edit

かなり厚くする事が出来る。
全て甲板にまわせば一律7.5inch以上、全て側面にまわせば一律30inchである。
爆撃はもちろん、巡洋艦クラスの砲撃すら防ぐレベルである。

機動性 Edit

機動性自体はそれ程悪くないのだが、
何しろミッドウェイ、船体が大きいのだ。
故に被弾面積も増加し、航空機の攻撃、艦艇からの砲撃を被弾しやすいため、あまり生存性は高くない。

総評 Edit

航空機の扱いは前述の通り、航空機の数に頼って史実のような物量戦に持ち込めるとは思ってはいけない。慎重な扱いが必要である。
戦闘機は余分に持って行っても、なお容量に余りがある為、制空後の水上艦艇の掃討の為に雷撃機をたっぷり持って行き、同時発着艦を駆使すればMVPを狙える。


歴史背景 Edit

[添付]



コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • TBD載せれたか?? -- 2019-05-16 (木) 20:18:04
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White