【だいおうクジラ】

Last-modified: 2020-04-08 (水) 07:40:54

概要

DQ9に登場する、名前の通り巨大なクジラのモンスター。
【ぬしさま】【オーシャンボーン】の色違いで、紫色の体をしている。

DQ9

高ランクの宝の地図の洞窟に出現する。
水系モンスターなのに水の地形には出現せず、自然の地形のみで出現する。
1200を超えるHPと高い攻撃力・守備力を備える強敵。シンボルがでかいため戦闘になりやすいのも厄介。
【しゃくねつ】で全員に大ダメージを与えてくる他、トゲから毒が分泌されているため攻撃を受けると混乱する。
攻撃力や守備力を下げるのが有効なので、【ヘナトス】【ルカニ】を使うと有利に戦える。
水棲生物なので【雷・爆発属性】が有効。【ストームフォース】を使うか【イオナズン】でダメージを与えよう。
やたら耐久力が高いが、【デーモンスピア】等の即死効果も有効だったりする。
狂ったように【ザキ】を唱えれば効く事もある。
上位種のオーシャンボーンと同じく、徒党を組まず常に単体で出現する。
落とすアイテムは【みがきずな】、レアは【トライデント】
 
ちなみに、図鑑によると実はぬしさまの仲間らしい。実は仲間は生きてる!よかったね!!
と思いきや、実は滅びることを拒んで海底の邪神のしもべになり魔物として蘇ったのがこいつら。
しかも住んでいるのは宝の地図の洞窟の洞窟マップ。水系のマップではなく洞窟である。滅びを拒んで悪魔に魂を売った結果がこれだよ!
ぬしさまはこうなって欲しくないものだ……。
一方、そのぬしさまはというとこの後の作品で身も心も魔に染まり、元同族に大ダメージを与える特性まで身に着け、こちらよりも余計にタチの悪い存在になってしまった。

DQMJ3

自然系のSランクとして登場。スキルは【ワイルドフォース+】
【ぬしさま】【暗黒大樹の番人】の特殊配合で生まれるほか、【時空の裂け目】のマスター・ノチョーラが使うこともある。
いずれも位階配合で作れるので、Sランクの中では入手は容易である。
ライブラリには海水ごとなんでも吸い込み噛み砕くとあるが、実際はそういった事をするのは【凍骨の氷原】にいるぬしさまの方である。また、ぬしさまの捕食モーションは噛まずに飲み込んでいるように見えるものになっている。
しかし、内部データ上に残っているテストマップではこいつが【シーデーモン】を捕食しており、この個体をスカウトすると何故かぬしさまになる。恐らく、当初は凍骨の氷原にこいつを配置する予定だったが開発途中でぬしさまに変更したと推測される。
原作では洞窟マップの深部にいたが、この作品では海の底をナワバリにしていると説明されている。これも上記の名残だろうか?
ちなみに【天敵】【ポセイドン】
海の暴れ者だいおうクジラを海の暴君が粛清する構図か。
元々の体色がかなり濃い為か、【ペイント配合】をしても思った通りの色に染まらない場合がある。

DQMJ3P

野生個体が【神獣界】の水中に生息。
が、ぬしさまのような吸い込み捕食演出は用意されておらず、何にも興味を示さず気ままに漂っている。
(巨大な野生モンスターの多くに言える事だが)何かに興味を示すように設定されていない為、天敵の筈のポセイドンに乗って近づいても完全に無視されてしまう。