Top > 【天敵】


【天敵】

Last-modified: 2019-10-18 (金) 01:55:08

DQMJ3、DQMJ3P Edit

ジョーカー3で【ライドシステム】が出来たことにより一緒に出来たシステム。
各モンスターに天敵が設定されており、その【モンスター】にライドしていると強さの差に関わらず逃げていく、というもの。
強さの差やサイズ差で逃げていく時とは異なり、逃げる際に主人公を認知した効果音が鳴らず、頭上に汗の吹き出しが表示される(この吹き出しはモンスターのサイズによって大きさが変わる)。また、ノーマルドロップ【アイテム】が入った赤い袋を落としていくことがある。
プロ版では稀に、レアドロップのアイテムが入った金色の袋も落とすようになった。
ただし、逃げていくのは1枠のモンスターのみで、2枠のモンスターは逃げずにその場で立ち止まるだけ。3枠以上のモンスターは反応すらしない。例外的に、【魔王城】に出現するモンスターの中には2枠以上でも逃げていく種族がいる。
これとは逆に、ライドしているモンスターの天敵に近付くと反応が変わるケースも少数だが存在する。例えば、こちらが【マグマロン】にライドしている状態で【ひくいどり】に近付くと、レベルやサイズ差に関わらず必ず襲い掛かってくる。
 
天敵に反応するのはストーリーの世界や【メタルエリア】などに出現するモンスターだけで、自作ディスクの世界に出現するモンスターは天敵にライドして近付いても反応が変わらない。
ストーリーの世界でも、一部モンスターは天敵にライドして近付いても反応しない仕様になっている(プロ版の【カバシラー】【神獣界】の湿原トンネルに生息するモンスターなど)。【マスターズロード】にも反応せず必ず襲い掛かってくるモンスターがいる。
 
モンスターの【系統】ごとに定められた「天敵1」と、ある特定のモンスター1種のみの「天敵2」の2種類が設定されている。
前者は、例えば【スライム系】なら【自然系】【ドラゴン系】なら【ゾンビ系】、といった形で系統ごとに決まっており、
どんなにランクの高いものであっても変わることは無い。
一方の後者はモンスターごとに天敵としているものが異なり、そのモンスターの好き嫌いが窺い知れる。こちらは全てのモンスターに設定されている訳ではなく、原作で【ボス級モンスター】だったものなど、一部のモンスターには設定されていない。
ジョーカー3でもイルルカのようにモンスターが他のモンスターを襲う事があるが、襲われる側のモンスターは襲う側のモンスターが天敵として設定されている(複数種類のモンスターに襲われるモンスターの場合はどれか1種のみ)。
例外として、【ぬしさま】に捕食される可能性のあるモンスターは、【シードラゴンズ】を除く全員が天敵がぬしさまではない(【ピッグマリオン】【シーデーモン】にも捕食される為そちらが優先されている)。
他にも、【メタル系】【メタルハンター】(ただし、【物質系】の天敵がスライム系であるため、逆にメタルハンターは、【メタル系スライム】を前に逃げ出してしまう。)、【タマゴロン】系統は【キラーパンサー】を共通の天敵としている。
また、水棲のモンスターの天敵は水棲のモンスターになっている場合が多い。
しかし、上述したようにストーリーの世界の敵にしか効かないので大半のモンスターの天敵が無意味な設定になってしまっている。
天敵が2種類設定されている関係で、互いに天敵同士となっている組み合わせも幾つか存在する(上述したメタル系スライムとメタルハンターなど)。
 
なお、 【????系】【ブレイク系】には天敵は一切設定されていない。
ブレイク系は心までマ素で汚染されたために恐怖心が消えていて、????系は神や魔王ゆえに恐れるものが無いのだろう。
 
プロ版は一部モンスターの天敵に設定ミスが存在する。
【ダックスビル】は天敵2が【ガルーダ】からカバシラーに変更されているが、ライブラリに表記されている天敵はガルーダのままになっている。
また、【ブラックゴイル】【れんごくちょう】【悪魔系】を天敵としているのだが、野生個体の中には何故か他の系統(ブラックゴイルはスライム系、れんごくちょうは魔獣系)が天敵になっている個体が混じっている。