Top > 【ヘナトス】


【ヘナトス】

Last-modified: 2019-09-04 (水) 03:37:43

概要 Edit

DQ9から登場した補助【呪文】
DQ本編では中々登場しなかった攻撃力を減少させる呪文である。
効果通りに「へなへな」とした、ちょっと脱力気味かつドラクエらしいネーミングセンスが光る。
DQMJで登場した【ダウン】に近いが、大きく違うのは【こうげき力】そのものを下げるため、こちらの守備力によっては完全にダメージを無力化できる。

DQ9 Edit

【魔法使い】がLv42で覚える。消費MP8。
相手1体の攻撃力を二段階(50%)下げる。
他に【やいばくだき】【つきのはどう】が攻撃力低下効果を持っている。
 
成功率は結構高く、最初は75%だが、攻撃魔力799以上で耐性の無い敵に100%下げることができる。
攻撃力が高い物理攻撃中心のモンスターには有効だが、並外れた攻撃力を持つボス相手に限って効きづらい事が多く、あまりアテには出来ない。
また、痛恨のダメージは軽減できない、そのため痛恨持ちの敵には注意が必要となる。
魔法使いは攻撃魔力が高く、スキルと装備で底上げすれば大概の雑魚相手には通用する(効きにくい敵も居る)ので割と扱いやすい。
相手を弱体化する呪文はこちらが先手を取ることが重要なため、素早さの高い魔法使い自身ととても相性の良い呪文と言える。
しかし判断力の高い敵には要注意。攻撃力が下がると通常攻撃を避け違う行動を優先してくる相手には逆に危険。

DQ10 Edit

魔法使いがLv42、仲間モンスターがスキル「じゃくたい」24ポイントで習得。消費MP4。
効果が相手1体の攻撃力を一段階(10%)下げる、に変更された。重ねがけも可能。
Ver.4.0からは味方側のみ一段階20%低下に強化された。
詳しくはこちらを参照。

DQ11 Edit

【ベロニカ】及び覚醒【セーニャ】がLv36、【ロウ】がLv34で習得。消費MP6。
相手1体の攻撃力を1段階(25%)下げる。重ねがけも可能。
今作では攻撃力ダウンを任意で狙う手段はこれしかなく、また敵の攻撃力が劇的に高かったり、【バイキルト】などで強化を図るボスが多いこともあり、この呪文の需要が非常に高くなっている。
耐性を持っている敵が非常に少なく、たとえ1段階ダウンだけであっても目に見えて攻撃力依存攻撃の威力が下がるため、ボス戦では攻撃呪文を撃つ前にまずこちらを試してみるのも一つの手。
 
習得時期でいえば、異変後の世界でロウの得意呪文として活躍することになるだろう。
【グレイグ】【スクルト】も合わせることでパーティ全体の耐久力が増す利点は大きい。
脳筋ボスはこれを使うだけでかなり弱体化出来るのだが、異変前では習得しておらず異変後の再加入時のレベルアップで覚えているケースが多いこと、またDQシリーズとしては新しい部類の呪文で知名度が低いからか存在をスルーされる場合があること、そもそもボスには効かないと思っていたりすることなどから、ガリンガなどに苦戦する光景がよくみられる。

DQMJ3 Edit

【ダウン】から差し替えられる形でモンスターズにも登場。
同時に全体版となる【ヘナトール】も登場した。